2008年 10月 31日
そして再びの、金色。


遠野のシンボル、カッパ淵を抜けますと、
そこはやっぱり、のどかなる田園。



c0084666_22433892.jpg
ariariさんご推薦のこの畦道、私も好きです。




c0084666_22435424.jpg
老夫婦の操る朱色のコンバインが、金色を分けて進みます。
たまらず、15mm病、発症。




c0084666_22441722.jpg
このレンズのおっかないところは、一度つけるとしばらく抜けられないとこなんです。




c0084666_22442926.jpg
遠野小学校。
ここに通う子供のどれほどが、この地に居ついて田んぼを守ってくれるんだろう...
なんてのは、他所もんの勝手きわまる御託、ではありますが。




c0084666_22444340.jpg
遠野駅に戻る道すがら。
実に腰の据わった、安定した景色に思えました。
とはいえ、
遠野はいったいいつまで、遠野でいてくれるんでしょうか。




BESSA R2A, COLOR-SKOPAR 35mm f2.5(一、五枚目)
         SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL(二、三、四枚目)
REALA ACE100, PhotoCDより取り込み
10/12、遠野にて








c0084666_22453459.jpg




c0084666_22455150.jpg




...15mmでハレ切りするのって、すんげぇ大変なんですよ。
なんでそんな思いしてこれ撮ってんだろうと、少なからず疑問ではありましたが、
まぁね、見ちゃったものはしょうがない。

大人の修学旅行参加者の皆さんは先刻ご承知なオブジェですが、

で、結局なんなんですか、これ。
by atCommA | 2008-10-31 06:26 | 撮りメモ:Town | Comments(10)
Commented by hiros at 2008-10-31 07:10 x
いいっすね、田園風景。


で、撮ったんだぁ。。。。。。。。。。
Commented by atCommA at 2008-10-31 07:50
>hirosさん
え"
もしかしてその、撮ると祟られるとか抜かれるとか(^^;
Commented by ariari at 2008-10-31 19:29 x
どはははは。やっぱ超広角だわね。なんちゅーか、その広いのに散漫にならないのが遠野かな。
苦心のハレキリ、その姿もしっかりおさえてあります爆。
Commented by mn3m at 2008-10-31 21:35
一枚目と五枚目の構図がすごく安定していて好きですね~。
やはりこういう風景は安定していた方が見ていて気分がいいです。
しかし,現代の遠野ですね~。 なごりは十分感じますが。

遠野小学校・・・絶対に遠くの話が聞こえたり,百科事典を覚えてしまう子が居る雰囲気の出た上手い切り取りです。
Commented by sima7sima7 at 2008-10-31 23:08
こんばんは
これだけ空が綺麗だと、15ミリは絶妙な画角ですね! 抜けられない気持ち判るな~  
最後のオブジェ! いきなりアフリカにワープしたようでビックリです
これって全部私物なんでしょうかね!!
Commented by atCommA at 2008-11-01 14:19
>ariariさん
 スイッチ入っちゃうとしょうがないんですよね(^^;
 え、あんなとこまで撮ってたんですか。何枚撃たれてるのやら(^^;
Commented by atCommA at 2008-11-01 14:43
>mnさん
 土地、というか大地自体の安定感ですね。ゆるぎなく。
 小学校には、たっぷり時間をかけました...ありがとうございます(^^)(m__m)
Commented by atCommA at 2008-11-01 14:51
>シマシマ7さん
 あの蒼さは、そんじょそこらじゃ味わえません(^^)
 オブジェは、なんだかぜんぜんわかんないです。まずもって、意図がわからん(^^;
Commented by mab at 2008-11-02 08:53 x
ぎゃーー。
最高です。このカッパ軍団??!
なんとか物語の神話の世界?
しかし、馬のニヒルな笑顔といい・・・たまんないです(笑)
Commented by atCommA at 2008-11-02 10:53
>mabさん
 インパクトだけは、すごいでしょ(^^;
 まぁ撮りましたけどね、現場に立ってるとその、処置に困るというか、感情移入するのがとってもためらわれるというか(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 憑喪神 おかえりなさい(閑話休題) >>