2012年 10月 19日
饒舌な老舗
c0084666_19292243.jpg


c0084666_19295892.jpg


c0084666_19302196.jpg


c0084666_19305539.jpg


Nikon F3 Eyelevel, Ai NIKKOR 50mm f1.8S FUJICOLOR400(一~三枚目)
Leica M3, NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C. NEOPAN400(四枚目)
2012/09/30, 西荻窪にて


西荻窪をまともに歩いたのは、たぶん今回が初めてで。

で、このお茶屋さん。西荻を歩く以上は、通過儀礼でしょうね。挨拶しとかないと、この先通れん的な。
あまりに饒舌すぎて、こちらはちぃと引き気味ですが。

ラストのモノクロは、まぁ、蛇足の押さえでございます。
by atCommA | 2012-10-19 00:03 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by ariari at 2012-10-19 00:10
店頭の焙煎機がこれまた語ってますね。看板といい、手書きの饒舌すぎるお札もw
こういうの見ると、東京ももう一度撮りたくなります。
いかんせん、人が多い所が苦手なため悩みどころです。
Commented by dejikaji at 2012-10-19 20:42
CommAさん、こんばんはです。
いや~、確かにこれは饒舌です、って言うかやかましいくらいですよね(笑
看板の絵がまた何とも言えない姿で、ツボです♪
Commented by atCommA at 2012-10-20 00:07
>ariariさん
琺瑯の看板ではないにせよ、やっぱり饒舌ですよね、このお店。
どうやら西荻総代を買って出ているおつもりらしいので、
いずれ北の大地連合で吹雪いて差し上げましょうよ(^^)
Commented by atCommA at 2012-10-20 00:10
>デジ鍛冶さん
あい、そのとおりです。やかましいです。どっちかってぇと、浪花のノリじゃないですか、こういうのは(^^)
さりげに、ほんとに古そうなものを見せ残すあたりが、
うん、


ツボですよねぇ。
困ったもんだ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 昭和モダニズム ざ・武蔵野 >>