2015年 02月 23日
視界を拡げてみる
c0084666_08262772.jpg






c0084666_08262613.jpg






c0084666_08262635.jpg



FUJIFILM X100T+WCL-X100 (Velvia)
2015/2/2, 新宿にて

前玉ねじ込み式のコンバータなんて、めんどくさいだけだと思ってましたが...
めんどくさいです。

本体との接点を一切持たないので、付け外しのたびにメニューからコンバータのON/OFFを切り替えなければいけません。
切り替えなくても撮れるんですけど、OVFの視野枠とか画像補正とかExifとかの対応には切り替え必須。
もっともこの切り替えは、ボタンに割り当ててしまえばトグルで切り替わるので、たいした手間にはなりません。というかむしろ、楽しくなります。ちゃんとファインダ内にコンバータ表示も出ますし。

さしあたってワイコン使う上での問題は、フードです。
オフィスフォレスト社の、一応28mm対応を謳ってるっぽいフードを買ってみたんですが、見事にケられました。
私、保護フィルタなしのフード付けが体に染みついてるので、むき出しはどうも落ち着かないんです。

さておき、やはりねじ込みはめんどくさいです。
もともとすっぴんの状態でもなんらかの物品(私の場合はやっぱりフード)がついてるわけで、それをぐりぐり外して、コンバータぐりぐりつけて、各々で出したりしまったりが発生するという。
基本、「今日は28mmの日っ」とかって決めて、つけっぱなり外しっぱなりが潔いかな、と。

写りに関してはそこはもう、フジフィルムさん全幅の信頼ということで。
月曜の朝ですから、たまにはすかっとした画像を出したくて、うだうだ語ってしまいました。
とさ。




by atCommA | 2015-02-23 07:00 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もの静かな赤 龍吐水 >>