2015年 05月 16日
そこのげそこのげ、こんまがとおる
1
c0084666_18065414.jpg





2
c0084666_18065402.jpg





3
c0084666_18065420.jpg





4
c0084666_18065429.jpg





5
c0084666_18065438.jpg





6
c0084666_18065440.jpg





7
c0084666_18065427.jpg





8
c0084666_18065429.jpg





9
c0084666_18065407.jpg





10
c0084666_18094296.jpg





11
c0084666_18094280.jpg





12
c0084666_18094278.jpg





13
c0084666_18094247.jpg





14
c0084666_18094232.jpg





15
c0084666_18094235.jpg





16
c0084666_18094292.jpg





17
c0084666_18094258.jpg





18
c0084666_18094305.jpg





19
c0084666_18100804.jpg





20
c0084666_18100892.jpg





21
c0084666_18100813.jpg





22
c0084666_18100868.jpg





23
c0084666_18100832.jpg





24
c0084666_18100998.jpg





25
c0084666_18100916.jpg





26
c0084666_18100918.jpg





27
c0084666_18100946.jpg



FUJIFILM X100T (PRO Neg.High)
2015/4/29, 野毛にて



のげ、だけに...

いや、反省はしてます。




by atCommA | 2015-05-16 18:51 | 撮りメモ:Town | Comments(7)
Commented by 本部長 at 2015-05-16 19:07 x
桜木町の裏なんですね(^^ゞ

学生の時、まったく気にもとめず、表側ばっかりでした(-_-;)

人間の趣向は年代とともに大きく変わるのでしたww


そちらの焼鳥とうなぎが恋しゅうございます(T_T)

ただ、水槽の中の鯉を見ると、濁りきった外堀(神田川)にウヨウヨいるのを捕まえて泥吐かせてるんじゃないかと妙に勘ぐってしまいますね(^_^;)
Commented by sima7sima7 at 2015-05-16 19:09
こんばんは
野毛シリーズが出て来ましたね! トップを見ても何処だか判らなかったけど赤提灯で反応しちゃいました
たべもの横丁もリニューアルされたようですね。 あの暗い通路も捨てがたい光景でしたけどね
Commented by ↑↑↑ at 2015-05-16 19:13 x
鯉じゃない海水魚(クロダイ??)かもしれませんが(^_^;)
Commented by ariari at 2015-05-16 19:35
拾えるんですね、のげ。吉田町のペイント団地どこかの写真で見たことがあります。
うーん、野毛だったんですねー。いやその、野毛がどこにあるのかも知りません(笑)
たべもの横丁の端整で事務的な匂いのする書体なんぞ最高っすね。
いやしかし、拾えるなあ、看板好きならたまらんなー。
Commented by atCommA at 2015-05-17 07:32
>本部長
いや、鯉でしょう。アレは生育時からきれいな水ならまったく臭くないっていうけど、外堀育ちじゃ多少泥吐かせたくらいじゃどうにもならんらしいですよ(^^;
野毛はけっこう懐深いです。ご一緒したいですねぇ。
Commented by atCommA at 2015-05-17 07:33
>シマシマ7さん
いや、野毛は一気出しでこれだけです。なんぼなんでも、このタイトルでシリーズ化する勇気はさすがに(笑)
たべもの横丁、リニューアルされ過ぎ。あの野球好きの店までなくなってるなんて...。
Commented by atCommA at 2015-05-17 07:35
>ariariさん
桜木町から歩いてちょちょい、です。っても、行く気で行かないとふつう通りがかりすらしませんが。
このエリアは基本呑み屋街なんで、おっさん狙うか看板狙うか...寄り切ればまた別かもなんですが、その目を持ち合わせてない私(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 世界は水でできている~Ⅳ 渋味の赤はワンポイントで >>