2015年 05月 20日
それでも凛々しく鮮やかに
1
c0084666_22035651.jpg




2
c0084666_22035798.jpg




3
c0084666_22035734.jpg




4
c0084666_22035773.jpg




5
c0084666_22035744.jpg




6
c0084666_22035792.jpg




7
c0084666_22035749.jpg


FUJIFILM X100T (Velvia)
2015/5/5, 美唄にて


小樽でいい感じによっぱっぱした翌日、こどもの日。連休前の予報に反して、快晴。

特に当てもなしにドライブに出たんですが、「美唄やきとり」ってキーワードが出た時点で、雲行きが変わりました。
まさかにょーぼが、炭鉱遺産を見たいと言い出すとは。
そういえば、アメリカ史が専門とはいえ、歴史家なんでしたこの人は。

にょーぼは初めてなんですけども私も久々で、
イッポンズの仲間みんなで来たのは、まだイッポンズと名乗ってすらいなかった頃かと。
えぇと、ちょうど8年前ですか。

オレンジ色は変わらず、と見えますが、塗装はやはり若干なりとも剥げてはいるようで、
塔の下にはそこそこ、塗料の粉が。

それでも、
二度と動くことはないとはいえども、
ほんわかとした新緑に囲まれつつも、

この力感です。

おみごと。







【おまけ:さぁ、行こうか。】
c0084666_22335671.jpg
c0084666_22335669.jpg
c0084666_22335616.jpg
c0084666_22335780.jpg
まだ、キーワード「美唄やきとり」が出る前。
ハンドルはにょーぼで、私はスマホと地図で行先検討してたんですが、
不覚にも若干、車酔いしましてな。
コンビニで休憩入れたわけです。

したらほら、そこに踏切が。で、汽車が。

てってけ走って踏切撮ってるうちになんとか気分もよくなって、
どうせならハンドル握った方が酔わないべってわけで、
以降私の運転で、やきとり経由一路炭鉱遺産へ、と。

いやだってね、
このあたりの踏切やら無人駅やらの風情って、たまらんのですよねー。
車酔いくらい吹っ飛びますわ。


by atCommA | 2015-05-20 00:03 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
Commented by ariari at 2015-05-21 01:14
そうですか、美唄。懐かしゅうござんしたね。
次回機会がありましたら三笠へご案内します。
大変ディープな場所ですが、ジオパークになって見やすくなったし。
Commented by atCommA at 2015-05-22 01:03
>ariariさん
美唄ってキーワードだけで、よく思い出したもんだと思います。この忘却魔人の私が(^^;
三笠は、あの不細工な恐竜はなんども見てますけどね。あと、道の駅の野菜がけっこういけてるくらいは知ってますが...ディープなんですか、でしたら是非(m__m)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三者、三様。 世界は水でできている~Ⅴ >>