2015年 06月 11日
でぃすかばぁ、ハモニカ横丁~Ⅲ
1
c0084666_20205332.jpg




2
c0084666_20205363.jpg




3
c0084666_20205420.jpg




4
c0084666_20205448.jpg




5
c0084666_20205480.jpg




6
c0084666_20205438.jpg




7
c0084666_20205426.jpg




8
c0084666_20205402.jpg


FUJIFILM X-T1 (Classic Chrome) XF 16mm F1.4 R WR
2015/6/1, 吉祥寺にて


ちょこちょこっと横丁からはみ出してはいますが、そこはまぁご愛嬌で。

とにかく、カメラを向けたくなる欲求度合いが違うんですよ。これまで通り過ぎてたシーンでも、ふいっと向けて押しちゃう。

横浜のトークショーのあとで、内田ユキオさんとフジの方に、
「え、もう16mmお持ちで...。で、どうです」
と問われて、
「むっちゃ楽しいです」
と答えた、そのまんまでございます。






【おまけ:一応ご報告。】

Nikon D610
SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
Ai AF Nikkor 35mm F2D
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D
Ai AF Nikkor ED 300mm F4

以上、手放しました。これでデジタルはきれいさっぱり、FUJI機のみです。

D70を無料で修理してもらったり、ニコンさんにはほんとにお世話になりました...
が、
X100T入手以来、ほとんどD610が稼働していない現状。
しかもX-T1が加わった今、持ち出す状況が想定できなくなりました。

なにより、機材が死蔵されてるのが不憫で。
フィルム機はそれでも一定の存在価値あるんですが、デジタルはねぇ。

FM2nとF3、それにMFレンズ類は残してあるので、棚を見渡しても、どうもあんまり減った気がしません。
だからかな、特に寂しさ侘しさも、いまのところ感じず。
とにかく撮るのが楽しいので、それどころじゃないんでしょうな。

ということで、ご報告まででした。

by atCommA | 2015-06-11 00:03 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
Commented by ariari at 2015-06-11 00:42
CommAさんって人の立ち位置にものすごく敏感じゃないですか。
その人の連なりとか、仕草とか大事にするよね。いつもそこ見ていて嬉しいの。
個人的に町は生き物っていう持論があるんで、営みが見えないものは撮らないんだけど、
それゆえ自分の写真に飽きちゃっている部分があります。ここ数回の東京遠征で、
そりゃあもういやってほどの営みに圧倒されて、アナタの写真にも圧倒されます。
16はまさに自分にとってデフォルトな広角なので、覗いた瞬間に脚が動きます。
しかも遠景のクリアさにもやられちゃうしね。楽しいったらないです。

ぼくもここ一年で大半の機材を徐々に売却しました。100万円ほどになったんじゃないかな。
よくもまあ、こんなにカメラがあったなってくらい。全部生活費なので寂しくはないけど。
それ以上に今は得るものの多さを感じています。Xで後悔はないですね。
Commented by MuhW at 2015-06-11 22:28 x
大口径16mm、自然な感じで広角のいやみさが感じられないのが不思議です。
明るいからですかね?
僕もトキナーの16-24 f2.8を持っていますが重いのなんのって。
レンズだけで1kgくらい。
腰が治ったら次回出動させたいですね。
Commented by atCommA at 2015-06-12 00:09
>ariariさん
さて、どうなんだろう...お言葉は嬉しいですけど、本人それを意識しているかというと、そうでもないかもです。
結局は、どう見るかどう見たかなので...眼のクセ、てやつでしょうか。
でも、ハードル上げてくださってありがとうございます(^^)

機材売却は、やむなしの流れでした。いろいろレンズ変えながら持ち比べてみたんだけど、ぜーったい持ち出さないのが明らかだったんですよね、D610...。
Xで後悔はない、と今でも言い切れるつもりだけれど、もっと胸張れるように精進しますかね。
Commented by atCommA at 2015-06-12 00:19
>kazu_hiroさん
16mmってもセンサがAPS-Cなので、換算24mm。そこまで広くはないです。もともと、あまりパースに頼らない撮り方するようですし、私(これまた、本人あまり意識してない)。
手放しちゃったSIGMAの12-24は、600gくらいだったかな。それでもずっしり感じたもんです。そりゃ、広角だし適度な重量感あればほとんどブレないとかありますけど、いやもう、撮ってないときの荷物としての重さがめんどくさくて(^^;
Commented by mugen-houyou at 2015-06-12 08:39
5,7、やっぱり広角の切り撮りに惹かれますが、3とかも好き。
そう、町は確かに生き物なんですが、
撮ってる側としては“たまたま、その時間、その場所にいた”ってだけなんで、
自分の欲求(本能)に従った結果でしかないかもしれませんね。
後付けで何とでも言えるけど、
最近は写真に意味を求めないことにしております(汗;
Commented by atCommA at 2015-06-12 21:54
>d@m@さん
広角っぽいのはいつもの切り口なんですが、それでもこれまでハモニカ横丁では押せなかったんで、そこは機材の力かと。
3枚目はなかなか撮る機会がないんで、自分としては嬉しいところです。

いやほんとに、おっしゃるとおり。基本、「ぢぶんがそこにいた」記録にすぎないのかもしれません。
それだけでいいんだ、と、思ってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 温故知新~Ⅰ 時節には花を愛で~Ⅲ >>