2015年 06月 19日
ありがとう。 (温故知新~Ⅲ)
1
c0084666_23001297.jpg




2
c0084666_23005977.jpg




3
c0084666_23001309.jpg




4
c0084666_23005992.jpg




5
c0084666_23001278.jpg




6
c0084666_23001314.jpg




7
c0084666_23005913.jpg




8
c0084666_23005965.jpg




9
c0084666_23005916.jpg



FUJIFILM X-T1(Monochrome+R), NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.
2015/6/18, 高円寺にて



なんだかもう辛抱たまらんくなって、仕事終えたその足で高円寺。
...で、撮り始めたはいいんですがさすがに疲れてたし、なにより腹減ってきてどうにもならずで、
ほどなく呑気放亭(という呑み屋があるのです。語ると長い)に転がり込んでしまいました。

軽く二時間ほど、酒とつまみと会話と煙をチャージして、
再びふらふらと街に出たときの撮影です。

今回は、なんらかで人が主役、だけピックアップしてみました。
たとえ人にピントが来ていなくても、それどころか二枚目みたいにどこにもピンがなくても、
撮り手がそういうんだから間違いありません。

7枚目の子は、なかなか聴かせる声を持ってました。CD買っちゃった。
そして、ラスト。うろついた中でも一番楽しそうに呑んでたおねえさんですが、当然こちらに気付いて、
シャッター押してからにこっと軽く目礼しましたら、あちらも笑顔のままでピースサインまで返してくれました。

非常にうれしかったので、このタイトルです。
そして、このカットはモノクロが一番よかったので、本日はモノクロで統一なのです。

で、まぁ、Nocton Classicですが、
夜景で開放のMFはどうかするとわけわかんなくなります。7枚目にしても、ピンはギターに行ってるし。
ですもんで、このレンズの売りであるところのあえて残した収差なのか、私がヘタレなゆえのボケってだけなのか、
どうもよくわかんないです。

でも、もはやどっちでもいいです。じつに楽しいので。






【おまけ:これでこそ軍艦部。】
c0084666_23172569.jpg
昨夜高円寺から帰宅して撮ったんですが、さすがにバテてたのもあるし、こういう撮影もともと苦手だし...
現物に申し訳ないくらいで、ほんとはもっとずっとかっこいいんですよ。
アルカディア号か、ってくらいの。


by atCommA | 2015-06-19 23:25 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by mugen-houyou at 2015-06-20 08:32
もうこの勢いは誰にも止められませんなぁw
こういう統一感のあるセレクトは好きですね。
特に1,2,7,9が好みです。
そう、どっちでもいんです、楽しめれば。
Commented by sima7sima7 at 2015-06-20 19:44
こんばんは
なんだかんだと昔のレンジファインダー用のレンズって優秀ですよね
けっこうレンズって、メーカーが言うほど進化していないかも知れませんね
トップ、お兄ちゃんなのに背中の哀愁が半端なく漂ってます
Commented by atCommA at 2015-06-20 21:57
>d@m@さん
手持ちのL/Mをちょっとずつ使ってあげましょうってだけのことですんで、べつに勢いづいてるわけでわないのですよ(^^;
統一感、というか強引に宣言してますけどもね。2に票入れてくださってありがとうございます。これ、捨てたくなくて(笑)
Commented by atCommA at 2015-06-20 22:11
>シマシマ7さん
でもねぇ、フィルムでその優秀さを感じきっていないんです、私。APS-Cで芯のえぇとこだけ使ってあれこれいう気にもならないし。
といって、母艦専用でαに行くつもりもないんですが(ごめんなさい)。
レンズ...いや、進化はしてるんですよきっと。素材だって変ってるし、コンピュータなしで非球面の設計やれって言われたら人生終わるし。
音の世界では実はほんとうになにも進化はないんですが、光学はまだまだ進んでる、と思います。
ただ、モニタで等倍で見ることができちゃうんで...お客さんが無駄にやかましんじゃないでしょうかね。
それって、フィルム全コマを全紙に伸ばして、そこに目をくっつけて、てことでしょ。やらんて。

トップ、お兄ちゃんだからこその哀愁だと、撮り手は思っております(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< A Day in the Li... 中途半端が心地よい~Ⅱ >>