2015年 12月 27日
昔語り、今なおここに在り
1
c0084666_00115189.jpg




2
c0084666_00115250.jpg




3
c0084666_00115257.jpg




4
c0084666_00115213.jpg




5
c0084666_00115303.jpg




6
c0084666_00115339.jpg




7
c0084666_00115348.jpg




8
c0084666_00115332.jpg




9
c0084666_00115428.jpg




10
c0084666_00115491.jpg




11
c0084666_00155373.jpg




12
c0084666_00155324.jpg




13
c0084666_00155414.jpg




14
c0084666_00155442.jpg




15
c0084666_00155421.jpg




16
c0084666_00155468.jpg




17
c0084666_00155592.jpg




FUJIFILM X100T(Classic Chrome)
2015/12/26, 北区梶原にて



いきなり大量ですみません。どうもこう、年末進行の感覚がわかんなくて。根岸もまだ終わってないんですけども。

上中里銀座を抜けて踏切渡ると、もはやだいたい梶原エリアになります。荒川線の駅があるとこですね。名物本屋さんも健在。

で、なんつっても、魚屋のおっちゃんです。
「東京ではもう、作れるのオレしかいないよ」
「だってぜんぶ、オレが買ってくんだもん」
「これ一腹で? 二万八千円。これでも安くしてるんだよ」
「色はねぇ、だんだん濃くなってくんだ」
「オレがこう持つからさ、写真撮りなよ」

11枚目左上のちっちゃいやつは三千五百円ってことでしたが、それにしてもね。
いやとにかく、見た瞬間目が貼りついちゃって(貼りつきますわなそりゃ)固まってたら、おっちゃんが声かけてくれたんですわ。
江戸の粋、いまここに。


by atCommA | 2015-12-27 05:35 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もはや目眩がするほどの。 輪っかからはみ出してみる。 >>