2016年 02月 02日
小樽燦々~Ⅶ
1
c0084666_01353330.jpg




2
c0084666_01353390.jpg




3
c0084666_01353331.jpg




FUJIFILM X100T+WCL-X100 (PROVIA)
2016/1/23, 小樽にて




シリーズ最終。

小樽の元気、小樽の魂は、結局のところは市場なのか...
いや、たまさか行くだけの私が口を出せる話じゃありません。
観光地と化している運河の賑わいこそが収入源だと言われれば、さいですか、と言うしかないですけども、

飾らん小樽が、そのまんまで元気でいてほしいと、
外野からの勝手な言い分でございます。



by atCommA | 2016-02-02 06:59 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 軽やかに古モノを探そう~Ⅵ Tibet in Yokoha... >>