2016年 03月 01日
しゃがれ声で語る街~Ⅸ
1
c0084666_22442302.jpg




2
c0084666_22442375.jpg




3
c0084666_22442390.jpg




FUJIFILM X100T(Classic Chrome)
2016/2/14, 葛飾区四ツ木にて




シリーズ九回目にして、やっとこさタイトルロール。
一枚目を撮っておりましたら、チャリで通りかかったおっちゃんが、
「そんなに珍しいかい、古い看板」
と。

いろいろいろいろ、お話ししてくださいました。こちらはもう、へぇへぇへ~ぇと聞いてるだけ。
練炭(2枚目の袖看板、ミツウロコ)て、使ったことないもん。そういう世代だもん私にして既に。

空襲をまぬがれたおかげで街割りが残っていて、だからこそ、あそこが昔は倉庫だったとか、今でもあそこは商売やってるとか、もう詳しい詳しい。
そして、こんなタイトルにしちゃいましたけども実際にはしゃがれ声でもなくて、
無茶苦茶滑舌のいい、てきぱき江戸っ子の爺さまでした。

うん。ありがとうございました。



by atCommA | 2016-03-01 18:35 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 陽射しうららか 仙台一遇~Ⅳ >>