2016年 04月 25日
人はラーメンのみにて生くるにあらず~Ⅲ
10A
c0084666_11253914.jpg

鉄工所あるいは自動車修理工場。ただひたすらに、看板が渋くて。
左のミラーがきっちり入ってくれてるあたり、勘フレーミングがうまいこと機能してくれています。





11A
c0084666_11253940.jpg

ちょっと行き暮れて、適当に押ささってしまった一枚。ほんとはもちっと渋い雰囲気だったはずなんですが。





12A
c0084666_11253939.jpg

構図が同じで恐縮です、これは撮らずにおられません。
残念ながら、店主高齢のため昨年末で閉店との張り紙が。食ってみたかった...。





13A
c0084666_11253963.jpg

スナックの看板の煤け具合もさることながら、下の赤が気に入って。勘フレーミング、全開。





14A
c0084666_11254034.jpg

なんの分店だかわかりません。わかりませんけど、渋けりゃ押すのです。




安原一式、COLOR-SKOPAR 35mm f2.5
FUJIFILM FUJICOLOR100
2016/4/23, 栃木県佐野市にて




再三言うとおり、安原一式、50mm枠しかありません。それで35mmを使うんじゃ、レンジファインダーの利点の一つである、枠外の様子も確かめながら撮るってことができません。そもそも枠外を越えて広く写っちゃうんですから。
しかしながら安原一式のファインダーは、等倍です。
つまり、両目を開けて撮れるんです。左右の視野角に差がないから、まったく違和感なく両目を使える。
ので、枠外もへったくれもないんです。常に全体を見渡しながら、だいたいこのへーん、とかで切り取るわけです。

じつにゆるい。じつに楽しい。



by atCommA | 2016-04-25 06:06 | Special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 人はラーメンのみにて生くるにあ... 眼には青葉 >>