2016年 05月 16日
取りもの手につかず~Ⅵ
1
c0084666_22241339.jpg




2
c0084666_22241366.jpg




3
c0084666_22241385.jpg




4
c0084666_22241304.jpg




5
c0084666_22241481.jpg




6
c0084666_22241465.jpg




7
c0084666_22241473.jpg




8
c0084666_22241400.jpg




9
c0084666_22241407.jpg




FUJIFILM X-Pro2(ACROS+R), XF10-24mmF4 R OIS
2016/5/5, 白河にて




昔、というのは戦前とかってレベルじゃありません、江戸の昔の街割りがほぼほぼ残っているという、白河市街地。
たしかに、ブラタモリでやってるような、敵が侵入しにくいように路を鉤型に曲げるとか、いまだにその街割りがしっかりと残っていたりします。

その街割りで、今はJR線に並行する形でほぼ東西に何本か走っている街路のうち、偶然にも一番見応えがあるルートを通ったようです。
はじめに駅前でイラストマップはもらったんですが、それによればどのルートにもなんかしかありげだったんですけど、
結果的にはこのルートが最強でした。4枚目の双子蔵なんて、最たるものかと。

謎なのは、6,7枚目の美容院。
外観からは廃業してるように思えるんですが、窓にレンズくっつけてみると、整然としたもんです。
窓が反射型でミラーみたいになってて、くっつかないと内側が窺い知れないのが、また謎の雰囲気を深めます。
目当てのコロッケ屋さんが休みだったこともあるし、今度は土曜日に一回りしてみましょうかねぇ。




by atCommA | 2016-05-16 18:39 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 湯田温泉の朝~Ⅱ 湯田温泉の朝~Ⅰ >>