2016年 06月 21日
栄枯盛衰~Ⅱ
1
c0084666_19555631.jpg




2
c0084666_19555602.jpg




3
c0084666_19555692.jpg




4
c0084666_19555698.jpg




5
c0084666_19555704.jpg




6
c0084666_19555772.jpg




7
c0084666_19555721.jpg




8
c0084666_19555739.jpg




9
c0084666_19555713.jpg




FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF 35mm F1.4 R, XF 16mm F1.4 R WR
2016/6/12, 京都にて




デジ鍛冶さんに教わったこのエリアは、その名を五条楽園といいます。
詳しくはリンク先参照ですが、要するに昔の赤線がすっかり廃れた、と。

この日は朝から35mm一本だったんですが、ラストのサウナになんかオーラを感じて全部おさめたくて16mmに変えてます。帰ってから調べたら、まさにこのサウナの周りに、往時は「五条楽園」のきらびやかな看板がしつらえられていたようで(ネットにけっこう、その画像があります)。
このあと案内してくださったデジ鍛冶さんによると、一度つぶれたのを、とある大学生が釜から直して再営業してるそうで、それはけっこうなこと...ですが、
やはり五条楽園全盛期の賑わいは影も形もないってことのようで。

そらまぁだってねぇ、人いないもん。いくら日曜の朝とはいえ。



by atCommA | 2016-06-21 18:46 | Special | Comments(2)
Commented by mn3m at 2016-06-21 21:06
サスガに寂れてますね~
それでも味のあるお店の名残が沢山残っているのがスゴイ
ラストの梅湯、現役復帰とはうれしいですね。
Commented by atCommA at 2016-06-22 00:57
>mnさん
えぇもぉ、見る影もないです。名残もどんどん建て替わってるみたいで、素晴らしいステンドグラスの建物が駐車場になってるとか、まったく予断を許さん状況のようです。サウナの復活にしても、箱の保存には一役買ってるでしょうけど、エリアの活力としてはどうなのかなぁ、と。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 遠い日の花火ではない 濱風に吹かれる >>