2016年 07月 08日
貫禄の老舗
1
c0084666_16022368.jpg




2
c0084666_16022489.jpg




3
c0084666_16022480.jpg




4
c0084666_16022414.jpg




5
c0084666_16022507.jpg




6
c0084666_16022562.jpg




7
c0084666_16022514.jpg





FUJIFILM X100T(Classic Chrome)
2016/6/19, 赤羽にて



毎度指をくわえて眺めてるだけじゃ先に進めません、目の前で行列が途切れたところをすかさず、意を決して店内へ。
老若男女、えらい賑わいでした。
時刻は14時前後ですが、けっこうみなさん鰻丼頼んでましたね。昼にうどん食ってなかったら私も行きたかったとこですが。







【おまけ:んまい。】
c0084666_16022501.jpg


c0084666_16022584.jpg
マグロの赤身はけっこう濃厚な味。鯉の刺身は初体験、口の中から飛び出しそうな弾力でした。



by atCommA | 2016-07-08 18:22 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
Commented by mn3m at 2016-07-08 21:24
サスガCommAさん、ついに入りましたね~
自分もここの鰻丼は食べてみたいですよ。
Commented by atCommA at 2016-07-09 10:30
>mnさん
けっこう思い切りました、入るのに。一人だし。
鰻丼ねぇ、食ってみたいとは思うけど...ほんとの専門店みたいに注文入ってからさばいてってんじゃないので、どうですかねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 台所の終焉:文月篇~Ⅰ 開放的にして、どっか、緩い。~Ⅱ >>