2016年 07月 29日
関東平野最東端~Ⅰ:序章
1
c0084666_21492561.jpg




2
c0084666_21492576.jpg




3
c0084666_21492522.jpg




4
c0084666_21492432.jpg




5
c0084666_21492569.jpg




6
c0084666_21492519.jpg




7
c0084666_21492533.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS
2016/7/23, 銚子にて



期せずして、地の果てシリーズが続きます。
といいつつ、房総半島と関東平野じゃ、だいぶスケールが違うという。

しかも今回は、ウチを出る前から銚子に行くぞと決めてましたんで、いつもの行き当たりばったりとは一味違います。
って、銚子でなにをやるのかは、行きの電車の中でちまちま検索してるんですけどもね。

とりあえず銚子電鉄に乗るって目標は最初からで、乗り場はJR線のホームそのまんまの端っこにあるんですけども、
なんとなく表敬訪問的に改札を出ちゃったんで、まずはそこから。
二枚目右奥の食堂が、結果的に最終訪問地となります。ariariさん、いつもありがとうございます。

てことで、
旅の始まり。







by atCommA | 2016-07-29 05:58 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ところにより、華やか~Ⅰ 房総半島最西端~Ⅶ:日暮れの営み >>