2016年 08月 05日
関東平野最東端~Ⅷ:甍と石畳の街 四
1
c0084666_23274273.jpg




2
c0084666_23274226.jpg




3
c0084666_23352208.jpg




4
c0084666_23365355.jpg




5
c0084666_23274228.jpg




6
c0084666_23274218.jpg




7
c0084666_23274340.jpg




8
c0084666_23274236.jpg




9
c0084666_23352255.jpg




10
c0084666_23274395.jpg




11
c0084666_23365312.jpg




12
c0084666_23311060.jpg




13
c0084666_23274306.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS
2016/7/23, 銚子にて



雲がね、行ったり来たりでしてね。あぁ違うか、行ったり行ったり、でしてね。
陽が、照って陰って照って陰って照って陰って、もう、キリがないんです。

陰った瞬間こそ、ていうシチュエーションもあったんでしょうけれども、ダメですね。
生来陽を浴びたい体質なのか、とにかくびかーっと陽が当たるのを、待ってしまいます。

この日この後も同じことなんですが、なるべく陽の当たった瞬間に押してます。たまにコントラスト低めの画がはさまるのは、タイミング逃して雲がかかったときの撮影。今回の3枚目とか。

それでも結局、空のダイナミックさはこの雲あってのことですし、なにしろのべつまくなしのピーカンじゃなかったので、体もそのぶん楽だったし。
なにより、雲が行ったり行ったりするだけあって、地上にも常に風がありまして、ほとんど汗もかかんで済んだという。

なかなかに忘れがたい、銚子電鉄終着駅の街でございました。









【おまけ:海辺のあれこれ】

1
c0084666_23393603.jpg




2
c0084666_23381445.jpg




3
c0084666_23381499.jpg




4
c0084666_23381402.jpg




5
c0084666_23381516.jpg




6
c0084666_23381498.jpg




7
c0084666_23381497.jpg




8
c0084666_23381507.jpg




9
c0084666_23381546.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS, XC 50-230mm F4.5-6.7 OI
2016/7/23, 銚子にて



なんですかね、おまけのくせに偉そうに。本編と変わらん扱いぢゃないですか、これじゃ。
いやまぁ、街に惚れ込んだのなら、その街のタツキにも、ってことで。
だいぶんこじつけですけども。

二枚目はまぁ、表敬訪問の類です。食事の内容以外を売り物にしてるような気配がないでもないので、今回はパス。
で、あの、
フォトヨドバシのNikon D500のレビューで、おっちゃんが暖簾をくぐってるのが、まさにこの、犬若食堂なんですよね。てことはその下の、「車以外では辿り着けない場所にある」おでん屋ってのはすなわち、このへん。
行ってみたいなぁ...車かぁ。ハードル高いけどなぁ。






by atCommA | 2016-08-05 03:24 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< この日の空は穏やかで~Ⅰ まだ梅雨も明けずのシモキタ >>