2016年 09月 02日
小江戸にて時代を拾うの巻~Ⅷ
1
c0084666_02131979.jpg




2
c0084666_02131963.jpg




3
c0084666_02132133.jpg




4
c0084666_02132020.jpg




5
c0084666_02132080.jpg




6
c0084666_02132047.jpg




7
c0084666_02132049.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF18mmF2 R
2016/8/14, 川越にて



シリーズ最終。

この煎餅屋さん、帰って調べたら、ちゃんと中心部に立派なビルを構えてて、そこで特売り直販とかもやってるようです。
つまりここは、
打ち捨てられた旧社屋。

打ち捨てられたってわりには微妙にしっかりしていて、少なくとも駐車場としては機能しているようです。
社屋そのものは、どう贔屓目に見ても、現在は物置扱いかと。

それでも、各種ロゴがその内容が、なんかもう、すごい。

旅の終わりにふさわしい風格でございました。








by atCommA | 2016-09-02 05:23 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏旅2016~Ⅳ 小江戸にて時代を拾うの巻~Ⅶ >>