2006年 09月 11日
滲みゆく
c0084666_110577.jpg

以前ニコデジの方に姉妹篇を貼らせていただきましたが...
これもちと捨てがたく、撮り手評価としてはイーブンか、もしかするとこちらが上もしれません。

いずれ、こういう滲みの味わいというのはあまり経験しておらず、いまだなんとなしに不思議な感覚が抜けませんです。撮り手がそんな眠たいことをいってちゃしょうがないとも思うんですけども。
by atCommA | 2006-09-11 11:03 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by pmg4867 at 2006-09-11 19:05
CommAさん、おばんです。
フムフム、滲みでござるか。桟橋の欄干ですかな、遠近の気持ちよさもありますねぇ。ちょうど中央へ集中していくのは狙いどころの一つでしょうか。
by アレックス
Commented by マーガレットハウエル at 2006-09-11 20:44 x
CommAさん、こんばんは。
淡く芯のあるボケ具合(ぼかし具合?)、好きです。また、光の捉え方もサスガというか見せてくれますデス(^v^)私は両方好きですよ。
Commented by atCommA at 2006-09-12 04:12
>アレックスさん
 あい、桟橋です。消失点はもちろん狙ってました...けどまぁ、滲みつつ集中ってのが、ファインダからは読み取れなかったもんで。
 24mm、実は入手してすぐ開放試して、あんまりいい印象がなかったんで控えてたんですが...いやいや、そんな程度で決めちゃいかんのでした(^^; なんでもしっかりやってみないといかんですね...
Commented by atCommA at 2006-09-12 04:14
>マーガレットハウエルさん
 この一年、ほんとによく森を歩いて...透過の緑には無条件に反応するようになってるかもしれません。曇天であってもこれだけ鮮やかに切れ込めるってのは、やっぱり植物のパワーそのものかなぁって気にもなったりします。
 両方ですか、ありがとうございます(^^)(m__m)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 提灯の効用 赤が好き その4 >>