2006年 09月 18日
西洋神楽。
車で30分ほどのところに、ヒルズボロ(Hillsborough)という街があります。
その昔はノースカロライナ州の首都であったところで、歴史保存地区でもあるんですがそれ以上に街全体が、"歴史"を色濃くにじませております。

というところで毎年9月におこなわれる、独立戦争さなかにこの街で起こった事件の再現劇。簡単にいうと、植民地集団がイギリス人総督を襲って拘束した、って話です。
専門家(...)によるとずいぶんと簡略化、というかむしろ換骨奪胎に近いほどの単純化がされているようですが、まぁそれはそれとして。

【射撃準備】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/1000s, F4.0, EV-0.3
c0084666_9321135.jpg



【突撃】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/2500s, F4.0, EV-0.3
c0084666_9324782.jpg



家族連れで買い物のついでにちょいと立ち寄った、程度のスタンスなので、機材はD70にタム90mmマクロ、ウェストポーチの中に24mmが放り込んである、というお散歩スタイル。
カメラバッグ持たないと基本的にこんなもんです。

で、
内容についても場所についても予備知識ほとんどなしでしたんで、次の展開がまったく読めず。見物集団といっしょにうろうろぞろぞろと、後を追っかけていくしかない始末で...
むやみやたらに後姿を撮って終わってしまったのでした。

【かまえ筒】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/1000s, F4.0, EV0.0
c0084666_9342598.jpg



【水入れは見ていた】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/1000s, F3.2, EV-0.3
c0084666_935848.jpg


野戦テントにぶら下げられていた皮の水入れ。なにやら遠巻きにすべてを見ているような、モニュメント的な存在感でした。
by atCommA | 2006-09-18 09:37 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by pmg4867 at 2006-09-18 17:53
まゃ〜ど。
日本で言う所の戦国時代の再現かな。大砲(空砲)を撃ったり、銃撃隊列のパフォーマンスがあったり、日本でもある奴ですな。アメリカでもやっぱりこの手の類はあるんですな。
でも、歴史・文化の違いは非常に興味深いですね。表現が良いのか悪いのかは解りませんが、「古き良き時代」的な・・・。かなぁ?。(..;)
by アレックス
Commented by dejikaji at 2006-09-18 22:12
CommAさん、こんばんはです。
なんか日本と比べると、凄く普通な?まるで狩にでも行くような様相で戦ってたんですね!
火薬に火が点く瞬間、これはお見事ですね!!!
Commented by atCommA at 2006-09-19 10:05
>アレックスさん
 そうそう、鎌倉の流鏑馬とかね、あんなようなもんです。なんでも時が経てばある程度は様式化されてしまうってことのようで...
Commented by atCommA at 2006-09-19 10:07
>デジ鍛冶さん
 これが当時最新最先端のミリタリールックだったってことのようで。野戦病院(テント)の話なんかも聞きましたけども、手術道具なんてのはすさまじいですよ、麻酔ない時代だから基本的に切り落とし系だったりするわけで...
 お、着火、気づいていただけましたね(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鋼と木と水と空と 日の出は七時ちょうど。 >>