2006年 10月 06日
芽生え
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/125s, F13.0, EV0.0
c0084666_17164060.jpg
Virginia州 James Townは、イギリスからの入植者が最初に成功させた植民地。
いわば、アメリカが生まれたところです。以上、某所よりコピペ。

...こちらはそのJames Townに最初に建てられた、ということは当然アメリカ最初の教会...の五代目だかの建て替え物件でして、土台は1650年あたりのものだとか。その煙突のあたりを見上げております。

そういう歴史を背負ってると思うと、枯れた味わいの煉瓦や漆喰とつややかな緑の芽生えの対比が、なにやら意味ありげな...

...というのはもちろん後付けの小理屈でして、要は造型興味で撮ってます。なんかこう、じわっと来ちゃったんですねー。


## ...にしても、BBモバイルポイント、通信遅すぎー...時間課金なんだから、もちっと回線太くしてくれぇ...
by atCommA | 2006-10-06 17:18 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
Commented by pmg4867 at 2006-10-06 23:38
CommAさん、おばんどえす。(^▽^ケケケ
通信には悪戦苦闘の様子ですが・・・。何か嬉しい・・・^_^;

色んな意味合いでの「芽生え」。遠く振り返れば、歴史の・・・、文化の・・・、USAの・・・。そして、CommAさん自信の、何かの「芽生え」・・・アメリカを後にする・・・それを対比してしまうからでよっ。
あっかんべぇ〜・・・だ。やっかみ80%。
by アレックス
Commented by atCommA at 2006-10-07 13:31
>アレックスさん
 いやいや洒落にならんのですよー。メールだけはケータイに転送したからいいようなものの、写真なんてケータイ経由でやったらパケ代ものすごいことになりますし...

 深く読んでいただいてありがとうございます(深読みしすぎ、ではないと思います、たぶん)。土台がなきゃ、芽生えもないもんね...と、やや謎で返す(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 地底のシンメトリー 鈍色を飛ぶ >>