2006年 10月 29日
冬を迎える色
ところ変わりまして(日も変わりますが)、地元...というか自宅から一番近い海らしい海である、石狩。

【蒼の風紋 I】 Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/2500s, F10.0, EV-1.0
c0084666_17104572.jpg


 今回は菊池寛です。って、こういうタイトル付けもいいかげんどうかと思うんですが、どうかと思うだけであって止めるつもりはさらさら無いという...
 タイトルというものについては、いずれとっくりとたっぷりとじっくりと、怨みつらみを書き述べたいと思っておりますが、まぁそれはそれ。

 ここは石狩川河口付近の砂嘴、肉眼ではほとんど黒々としたような蒼でした。はじめて行きましたんで、こんな具合になっているとはつゆ知らず。
 シジミの密漁禁止の看板がでかでかと立っておりました。なるほど。
 対岸ちょっと手前にゴマ粒が並んでるようなのは、なんのことはないカモメさんでございます。


【蒼の風紋 II】 Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/2000s, F9.0, EV-1.0
c0084666_1710598.jpg


 縦版。35mmでこのパンフォーカス風味は、なかなかチャレンジし甲斐がありました。

 現像処理としてはリサイズとアンシャープマスクのみ、といいたいところなんですが...パープルフリンジあるいは色収差っぽいのを抑えたくて、紫周りの色域の彩度を下げてます。ほとんど蒼のモノトーンなので、他への影響を考えずに出来るのはラッキーなんですが、それでもやっぱり紫ズレが残っております。
 この手の撮影で必ずといっていいほど問題になるんですけれど、なにか有効な手立てってないもんでしょうかね...


【夏の名残り】 TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/640s, F8.0, EV-0.3
c0084666_1712381.jpg


 石狩浜海水浴場。犬の散歩のおっちゃんがぽつねんと歩いているだけの砂浜に、賑わいの名残りのごときタイヤ痕がものさびしく...
 って、夏から今までタイヤ痕が残ってるわきゃありませんな。おおかた、そこらの4WD乗りが最近遊んでっただけのことでしょう。従いましてタイトルは、完全にイメージだけの嘘んこであります。
 おっちゃん、もうちょい寄ってきてほしかったんですけどもね、あそこまでで引き返しちゃいました。無念。


【濱の鴎は何想ふ】 TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/2500s, F4.5, EV-0.3
c0084666_1712502.jpg


 何想ふ、たって、ぼーっとしてるだけに決まっておりますが。
 この朝出かける前に、mnさんの銀座のハトの写真を拝見してて、明らかに頭に残ってたんですね。
 「江戸の仇を石狩で~」なんてつぶやきながら撮ってました。仇もなにも、パクリ...の域にすら達しておりませんけれど。


浜辺は結局、どうもこう...不完全燃焼でした。首をひねりつつ、次の撮影地である望来に向かいます。
by atCommA | 2006-10-29 17:40 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by mn3m at 2006-10-29 20:59
CommAさん こんばんは
上二枚の石狩川河口・・・スゴイ描写ですね。紫に苦労されたようですが,そんなことは全然気にならない迫力があります。
 横の方が私的には好きです。
 浜辺も良いじゃないですか。消化不良とのことですが,銀座の鳩よりはずっと良いと思いますが(^0^)

 今日は荒木経惟の写真展でショックを受けて帰ってきました。で,写真は殆ど撮れずです。 来週,再来週と休日は野暮用が続く予定なので今週は撮りたかったのですが。
Commented by N_herb at 2006-10-30 00:17
こんばんは。
まさに蒼の風紋・・・、程好い露出と構図に色、これは凄く気に入りました。
インパクトありすぎです^^。
良い作品には裏で色んな努力が・・・、チョット自分が恥ずかしい~^^;。
Commented by atCommA at 2006-10-30 18:07
>mnさん
 ありがとうございます。やっぱり横がいいですか、出してよかったぁ(^^) どこをどう切り取ったってそれなりに画になっちゃうような環境ですから、かえって迷いました。
 銀座の鳩はお気に入りなんです。これ↑はダメです、話のタネにと出したようなものでして(^^;

 私もそろそろ、なにか刺激が...写真に限りませんが...ショックって大切ですよね。
Commented by atCommA at 2006-10-30 18:09
>Herbさん
 ありがとうございます。露出落とすとこういう蒼は出やすいので、実は重宝しております...
 努力というほどのことではありませんです、たまたま出かけた場所が当たったくらいなもので。もっと日常そのものからネタを拾わないとなぁと、ちと悩み中です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 風の岬にて 魚を獲るためのみなと。 >>