2006年 12月 01日
北の大地に鈴懸て
プラタナスって、スズカケノキ科スズカケノキ属の植物の総称なんですってね...これ書き始めるんでググって初めて知りました。
ここ札幌でも、公園にはよくプラタナスが植わっております。かなり根性が据わっていて、カエデモミジの葉があらかた落ちたあとで、やっと木を離れ始めます。

【縦横無尽】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/500s, F8.0, EV-0.7
c0084666_1853481.jpg


 「樹皮が剥がれやすい」程度の説明で片付けられていることが多いようですが、いやいや。この枝ぶりはそれだけで、抽象リズムで面白いです。
 下手にパース強調せずにおとなしく35mmで撮っても、これですもん...


【散ってなお、たくましく】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/3200s, F2.8, EV-0.3
c0084666_18531911.jpg


 これだけの葉脈を見ると、根性の据わりようも得心が行くような。


【影にひらり】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/3200s, F2.8, EV-0.3
c0084666_18533493.jpg


 おまけ風味...撮影自体少し前になるんですが、どうもちと消化不良気味のカットです。
 このブランコも今は、雪に備えて巻き上げられました。そのあたりはまたいずれ。

by atCommA | 2006-12-01 18:54 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
Commented by 花泥棒 at 2006-12-01 19:32 x
カナダ!(^^;【散ってなお、たくましく】一年間、プラタナスに養分を送り、そしてその役目を終え静かに散る。。。
切なさ反面、タイトルの通り逞しさ。葉一枚を大きく捉えられた構図がそのさまを表してますねっ。いいですねぇ~
プラタナスの表皮。自然の文様が面白いです(^^)
35mmの面白さ、いい腕されてますねぇ~!こりゃぁ一本取られました(^^)
Commented by atCommA at 2006-12-02 21:07
>花泥棒さん
 わはは<カナダ(^^;
 この季節の札幌、日が出ていればとにかく全部斜光ですんで、こういう葉脈の立体感なんてのは出しやすいんです。
 35mmは...日に日に目の延長、になってきてくれているかな、と思います(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 成せば成る...? しゃがむといいことあるかもしれない >>