2006年 12月 10日
空の蒼、雪の蒼
一泊で大阪に行ってまいりました。

関西巨匠の方々とお会いできまして、いやもうこれ以上ないほど充実した時間を...
私ごときのためにわざわざ宴会まで企画していただきまして(え、違いますっけ?)、まことにありがとうございました。

また本日は朝一番で飛鳥を歩きまして、柔らかでかぐわしい空気をたっぷり浴びてきました。
北国以外のみなさんが雪の写真に反応されるのがよくわかりました、雪がないどころか花が咲いてますもんなぁ...そりゃかぐわしいわけです...

今回は撮影が主目的ではなかったのでさほどコマは進んでいませんが、それにしてもまだまだ未整理でもありますので、
やはり積み残し在庫から順番に片付けていこうと思います。

ということで本日は12/4、お馴染み近所の牧草地での撮影から。

【ひとすじ】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/400s, F10.0, EV0.3, ISO200]
c0084666_18325375.jpg


 イントロ。この手はあんまり苦労のし甲斐がないです...近接で狙うとどうしても、雪の質感がごつごつしちゃって。


【滴り】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/800s, F5.6, EV-0.7, ISO200]
c0084666_18334141.jpg


 農作業具置き場。質感にこだわってみるって、出来はともかく、おもしろいですねぇ。


【威風堂々】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/100s, F22.0, EV0.3, ISO200]
c0084666_18335725.jpg


 光条と車輪の二重スポーク、はともかく、なかなか立体的な光景だったので。


【深みにそびえる】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/400s, F9.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_18341222.jpg


 空に大きく、"こ~んまっ"って書いてありそうな写真ですな...やっぱりやっちゃいますし、やっちゃったからには外せません。


【木立より低く】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [14.00(21)mm, 1/100s, F22.0, EV0.3, ISO200]
c0084666_18342837.jpg


 午後二時半。雪原にこの長さの影、既に夕方です。WBは若干マイナス側に振ってます。

by atCommA | 2006-12-10 18:35 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by mn3m at 2006-12-10 22:23
CommAさん こんばんは
おお,関西の巨匠たちとお会いできましたか? 良いですね~。
無茶苦茶話好きそうな方がいますけど,大丈夫でした(^0^)
 2枚目の質感・・・スバラシイ。 しかし,ミゴトに一瞬を捉えてますね。これを手持ちでやるというのは神業ですよ。
Commented by D_D at 2006-12-11 02:30 x
こんばんは
んー、私がベッドでゴロゴロしている間に秀作がたくさん出てますね〜
やっぱりCommAさんと分かるこの作品、憧れますです。
しかしさむそ〜 かじかむ身体にはお気をつけて。
特に腰辺り・・・笑
でもやっぱり空気が違うのかなぁ?
Commented by atCommA at 2006-12-11 18:13
>mnさん
 濃ゆいところでもまれてまいりました(^^;
 二枚目は足先が感覚なくなるまで粘りました。神業ってことはないですけど(もうちょっと滴が上だったらなぁ...)、やるだけやった、って気にはなりましたね(^^;
Commented by atCommA at 2006-12-11 18:14
>D_Dさん
 おっつかれさまでしたぁ(^^;
 いやほんとにね、マメに体伸ばさないと、縮こまったまんまで固まります。いかんいかん。特に腰っ。
 毎日くまなく雪が降り、毎日くまなくちょろっとだけ日が射します。チリ掃除が済んだところを照らしてくれてるわけで、そりゃぁ輝きますわね(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 影模様 里山の一角で >>