2006年 12月 12日
柔らかい風
関西方面に行ったらここばかりは外せない、飛鳥地方。
まずはなにしろ、甘樫の丘です。ここの頂上から大和三山を見遥かすというのが、欠かせない行脚ポイントでして...

前日からの雨模様がまだ続いておりまして、頂上では小糠雨。それでもしっとりと柔らかく芳しい、飛鳥の風に包まれてきました。

【田園】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/250s, F3.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_18184671.jpg


 一本だけ、色鮮やかなモミジが残っていました。眼下、飛鳥の田園を望んで。


【風に一輪】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  [400.00(600)mm, 1/50s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1819498.jpg


 十月桜ってやつでしょうか。ここはひとつ、わざわざ遠征に同行させた80-400mm VRを無理くりにでも起用しちゃろうと。


【里に立つ】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/200s, F4.5, EV0.0, ISO200]
c0084666_18192072.jpg


 これだけの風景にも大和を感じてうるうるしてしまうってのは....
 まぁ要するにたまらなく好きなんですね、この辺りが。


飛鳥にはあくまでも巡礼に行った感覚でして、撮影は二の次三の次四の次...
といいつつ飛鳥散策篇、かろうじてあと一回分くらいはありそうです。
by atCommA | 2006-12-12 18:22 | 撮りメモ:Town | Comments(8)
Commented by haru_ogawa2 at 2006-12-12 21:54
1枚目、優しい穏やかな紅葉ですね。じーんと来ますね。
Commented by mn3m at 2006-12-12 23:12
こんばんは
「里に立つ」 良いですね~。錆色と背景の里の色にCommAさんの思いが込められているような。
私には育った田舎ぐらいしかそう言う場所は無いんですが,年に何度かの帰省の時にとってるのはみんなボツです。ん~,何でだろ? 多分,子供の時のイメージが再現できないんですよね。無理なのかも知れないんですが。
Commented by pmg4867 at 2006-12-12 23:19
CommAさん、こんばんは。
遠路はるばる、ようこそ関西へ!。ご旅行でっか?、”あすか”はよろしなぁ〜。前々から行ってみたいスポットなんですが、未だに想いを遂げられていません。いつまで関西に?、その後の予定はどちらへ?。
by アレックス
Commented by 花泥棒 at 2006-12-13 00:11 x
おんやぁ~???
お隣までいらっしゃってたんですねっ!!
関西の大巨匠の方々と時間を忘れられたのではないですか?(^^)
古都の風情、堪能してくださいませねっ♪

あっ!写真・写真(^^;
風に一輪。花の柔らかさに対し、空気が少しひんやりとしているような・・・
葉の色、実に繊細で美しいです。
Commented by atCommA at 2006-12-13 18:34
>はるさん
 私の写真には滅多にいただけないお言葉で...ありがとうございます。
Commented by atCommA at 2006-12-13 18:36
>mnさん
 「里に立つ」、かなり私的な雰囲気なのでコメントいただけるとは思っておらず、なおさら嬉しいです...
 うーん、ご自分のイメージが強いんじゃないかと。傍から見たらじゅうぶんすばらしい写真でも、ご自分でストップかけてらっしゃるっていうことがあるんではないかと...
 それはそれでまた、すばらしいことだと思いますが。
Commented by atCommA at 2006-12-13 18:37
>アレックスさん
 ごめぇん、大阪一泊だけだったんですよ。なので飛鳥には、慌しくも朝五時起きで出かけていったですさ。
 そうそう、玉さんにお会いできましたよ...アレックスさんも、またの機会に是非(^^)
Commented by atCommA at 2006-12-13 18:39
>花泥棒さん
 本当は、大阪から名古屋静岡東京と、それぞれ一泊しながら北上して...とやりたかったんですけどもね、さすがにそこまで余裕がなくて。
 葉の色、ご指摘ありがとうございます...見ていただけて嬉しいです(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そこに山があるから... 影模様 >>