2006年 12月 17日
港のエッジ
12/6、小樽にて。あれこれやってるうちに後手後手に回ってしまいました、okoさんに散歩付き合っていただいたときの撮影です。


【山並みを背負って】
  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/400s, F10.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_2118275.jpg


 港エリアに入って最初の撮影。船がとても穏やかな表情をしていました。


【レリーフ】
  Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1000s, F7.1, EV-0.7, ISO200]
c0084666_21184657.jpg


 奥行き自体は薄いはずなんですが、空気が彫り込んだような、妙に先鋭な立体感の倉庫。
 ジャギーが目立っちゃってますが、これはもうどうにもならなんだです...



【影やぐら】
  Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/160s, F22.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_2119169.jpg


 目に入った瞬間に舌なめずりするくらいの相手だったんですが、こぉれが手強い手強い。寄ってしゃがんで背伸びしてといろいろやったんですが、結局引いて光条使ったこのカットのみ、なんとか。

by atCommA | 2006-12-17 21:19 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
Commented by 花泥棒 at 2006-12-17 23:47 x
小樽の港、その雰囲気は小生の思っている港の情景なんです。
CommAさんの作品は更に旅情感というか、切なさというか・・・。
ん~・・・ぐっときます。。。
Commented by DENZI at 2006-12-17 23:55 x
いやあ、すごいっス!
「影やぐら」、マジすごいっス!!
こんな切り取りされちゃったらもう、たまりません!
ツララに挟まれた「繊維マンション」も喜んでいることでしょう。(ばく)
Commented by ume at 2006-12-18 17:26 x
CommAさん、こちらでははじめまして。
北海道の「キン」と冷えた空気管が映ってますね。お見事です。

あ、勝手にリンクしてましたが良かったです?
Commented by atCommA at 2006-12-18 21:39
>花泥棒さん
 小樽の港もけっこうでかくて、まだまだ見えておりません。高島漁港くらいだと、サイズ的には手頃ではあるんですが...
 時間帯のせいにはしておりますけれども、どうもあっけらかんとした方に惹かれてしまいます。
 そんな中で、一枚目は辛うじて趣き方面が香るかどうかといったところで...お察しいただいて恐縮です(^^;(m__m)
Commented by atCommA at 2006-12-18 21:41
>DENZIさん
 いやいやいや、とんでもないです...ちょろっとお邪魔してあれっと思って無理くり撮ったってだけでして(^^;
 ところでこれ、ほんとはなにするものなんでしょう。そういえばokoさんにもお尋ねしてなくて、気になってたんですよ...
Commented by atCommA at 2006-12-18 21:44
>umeさん
 おぉ、ご無沙汰しております。お変わりありませんか。
 この日は歩くと暑い止まると寒いという具合で、空気は張りつめてるんですが路面の雪はぐっしょぐしょ、なかなか厄介な天候でした。
 リンクはまったく問題ないです、ありがとうございます。こちらからも張らせてくださいませ...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 黒の暮れざま 乾いた壁 >>