2007年 01月 05日
A Purple Day Break
元日の撮影、落穂拾い。

...いやその、
朝里小樽シリーズはどうせ、いいだけ古びてますから...一日おきでも実状変わらんだろ、と。それより、今年の撮影分がどんどん古漬けと化してく方がよほど問題で。

撮ったはいいけども、今ひとつ元旦おめでとう的雰囲気じゃないのでボツくらってた連中に...ちょっとだけでも、陽の目を見させてやってくださいまし。

【はじまりを追って】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/8s, F7.1, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20482865.jpg


 元旦の日の出どき、どこへなにしに行くのやら...
 自分も間違いなく車でここまで来ましたけども、さて自分が落ち着いてしまえば、他の車はすなわち写材となるわけで。


【A Purple Day Break (紫の夜明け)】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/15s, F7.1, EV0.0, ISO200]
c0084666_20491188.jpg


 本日のタイトルロールってことで。
 実は太陽が出る前の方が好きなので、これが一番、気合も乗ってるかもしれません。


【凍てつく】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/80s, F9.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_204933100.jpg


 真正面から波濤もよかったんですが、波打ち際 波の消え際がいかに寒々しいかってのも、どうせなら見ていただきたくなりまして。
 ほら、そこのエッジ付近...寒っそうでしょう...


寒いなりにいろいろ刺激があって、楽しい撮影でございました。
朝里小樽は明日完結、の予定ということで...
by atCommA | 2007-01-05 20:50 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
Commented by ariari at 2007-01-05 21:26 x
留守中のコメント色々ありがとうございました。今年も宜しくお願い致します。
悪魔のレンズは修理へと旅立ちました(爆)。
縦位置構図の多い私ですがCommAさんの切り取り方に刺激を受けています。またご指導を宜しくお願い致します。
Commented by i_nosato02 at 2007-01-05 21:37
朝里シリーズも楽しませて頂いておりますが、石狩もまたいいですね。
特に日の出前の空の色。私も好きです。

Commented by NikoスカG山 at 2007-01-05 22:11 x
CommAさん、こんばんは!
こちらとは比べものにならない寒さの中、行きましたか!
「太陽が出る前の方が]・・・・ほんとにそうですね!
星が消えかかって、空の一部が白んで色づきはじめワクワクしますね。
出てしまえば・・・・光が強すぎてということもあるけど・・・なんか意気込んでいた全身の力が抜けた感じになります。

 波打ち際・・・・そうですね!まるでシャーベット状の波が、すぐには砂に吸い込まれないようなそんな感じがします。

 スタッドレスですよね?こちらも履き替えました。
連休がとれたら・・・何処か雪道を行って雪山撮るつもりです!
「相棒」の轍の色付き妙に気に入っていて・・・・まねしようかな?です。
Commented by hiros at 2007-01-05 22:21 x
2枚目、いいですね。
川面の色合いがなんとも云えません。
日が昇るまでの刻々と変化する色、いいですよね!
Commented by mn3m at 2007-01-05 22:39
CommAさん こんばんは
2枚目はもう言うこと有りませんね。ひたすらじっくりと鑑賞させていただきます(^0^)  暗部(下部)の美しさに参ってます。

「凍てつく」はホントに波の冷たさが伝わってきますわ。
ラインの入れ方がミゴト!

↓の「瀬の汐目」も良いですね~。 海をこういうイメージで撮るというのは全く頭にありませんでした。 それにしても美しい海です。東京湾ではちと無理かな(^0^)

私のD70がやっと帰ってきました。12月初めに預けて年末に上がっていたのですが,取りに行く暇が無くて。 私のは「シャッター部不良につき,シャッター機構部を交換しました」と有りました。 修理代は1万ちょっと(キタムラ保険で無料ですが)。 CommAさんとは別の故障かも知れませんね??
Commented by dejikaji at 2007-01-05 22:45
CommAさん、こんばんはです。
沢山ネタがあって羨ましい限りですね~!(笑
正月休みで、それなりにネタ仕込めるかと目論んでましたが、なかなか上手い具合にはいきません・・・・・・。
自分も日が出る前のあのなんとも言えないひと時が大好きです♪(●^o^●)
三枚目、湘南辺りなら犬や人なんかが入る所でしょうが、さすがに北国って感じですね。
↓の港町の黒猫、いいですね♪(●^o^●)
Commented by 花泥棒 at 2007-01-06 01:25 x
【A Purple Day Break (紫の夜明け)】ん~タイトル通り!少し朝焼けた空と天頂までのグラデーションが美しいです!!
川の写りこみも計算通りではないでしょうか。
雪少なさそうですが、明日からの天候次第では。。。。
無理なさらないでくださいねっ。
Commented by cabin_um at 2007-01-06 03:35
遅ればせながら、新年おめでとうございます(またスゴイ時間のレスですが)。1枚目、文句なく「カッコいい」。特にテールランプの流れ、狙ってましたね(^^)。2枚目、ジョーダンレイクでの修行(^^)を感じさせる清清しい1枚。水面の質感、空のグラデーション、雲の流れ具合、役者が揃ってます。3枚目、寒々した青い色調・・・効いてます。波打ち際のマダラ模様は氷ですか?これもサムソ~(^^)
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:16
>ariariさん
 いえいえ、かえってお騒がせを。お帰りなさいませ(^^)
 年末までほぼ100%縦位置だった私ですが、今年は今のところ99%縦位置にとどまっております(笑)
 刺激などとは畏れ多い...こちらこそ、ずいぶんといろいろ、お教えいただいております。今年もよろしくお導きを(m__m)
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:18
>i_nosatoさん
 いい色ですよねぇ、この時間帯...今年はどれだけ見られるかなぁ、どうも朝が安定しませんで(^^;
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:21
>NikoスカG山さん
 んにゃ、元旦の落穂拾いなんです(^^;
 太陽が昇ってしまったときって、私はいつも、"魔法が解けちゃった"と感じます。光が白くなってしまえばもう、ただの朝。
 タイヤはもちろん冬タイヤ。雪山、気をつけてくださいねぇ...
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:22
>hirosさん
 やっぱり二枚目ですよね...ほんの一分そこそこでしょうかね、この色は。がしゃがしゃ欲張ってましたので、つかまえられてほっとしました(^^;
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:26
>mnさん
 二枚目は、このときここにいた、だけではありますが...いい色つかまえられました。
 海はやっぱり面白いです。埠頭も魅力たっぷりなんですけども、できれば波打ち際が見られる方が、やっぱり私は好きかもしれません...

 D70、私のとは内容が違いますね。私が最初想定していたのは、むしろそちら、シャッター機構部のほうでした。
 こちらは基板交換だったんですけど、いまだに腑に落ちてません...というかシャッター部の寿命も近いはずなんで、どうせなら取り替えとけばよかったかなと思ってみたりしてます...
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:28
>デジ鍛冶さん
 たくさんネタって...誰あろうデジ鍛冶さんのお言葉とも思えず(笑) あれだけ出してらして、足りないってかぁ...
 黒猫はもう、汗顔の至りです。特にデジ鍛冶さんの昨日のアップ拝見して、大汗かいておりますです...
 
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:30
>花泥棒さん
 夜明けは、どうにか狙い通りでした。気に入っていただいて、復活アップした甲斐がありました。
 そうなんです、今日から荒れ模様のはずが...しとしとと小雨です。どうなってんでしょうねまったく。
Commented by atCommA at 2007-01-06 16:33
>CABINさん
 あけましておめでとうございます。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします...
 一枚目、テールランプはもちろん狙ってます。もうちょいタイミングが速い方がよかったです、反省。
 二枚目、たしかに...Jordan Lakeには、雪はありませんでしたが...ちょっと思い出しながら撮ってました。
 三枚目、氷に見えるところがミソです。実はただの波で泡なんですけどもね(^^; それがいかにも冷たそうで。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 北の夕陽は急ぎ足 海の暮らし >>