2007年 01月 21日
丘の街は雪に包まれ その一
i_nosatoさんhirosさんbonoさんDENZIさん、お疲れさまでした&ありがとうございました。

夜明けからほとんど夕方前まで、丸一日の美瑛撮影大会
雪焼けするほど晴れ渡っちゃいまして、久々にメディアの残量を気にするまで撮りまくり。
でもやっぱり、ざーっと見渡すとあっけないほどすぐに見終わっちゃいます...不思議なもんですねぇ。

とりあえず最初の一枚で...

【朝日に引き締まる】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/1600s, F8.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_21133560.jpg


 美瑛のお約束、美馬牛小学校。
 アメリカにいる間中、"尖塔が苦手"とぶつくさぼやいていた私ですが、さすがに少しは慣れたんでしょうか、今朝これを撮るときには苦手意識を忘れ去ってました。いまキャプション書こうとしてふと思い出した始末で、んー、喜んでいいのか悲しむべきか...
 場所替え寸前、この被写体の最後の撮影です。


ということで、しばらくは美瑛の冬をお楽しみいただければと...
by atCommA | 2007-01-21 21:20 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
Commented by 花泥棒 at 2007-01-21 21:57 x
こんばんわ。
【朝日に引き締まる】
定番な所なんですか。美瑛に一度伺ってみたいと思って色々調べていますが知らない場所です(^^;
シルエットとなった搭のエッジ、朝日の力強さを感じます。
【薄墨色の朝Ⅰ】
本日一番のお気に入りです。
風の音しかしない静寂の一時。その表現のされた方が美味いですねぇ~
じっと魅入り、目を奪われたままです。ブラボーです!
【薄墨色の朝 II 】
カナダで撮影といわれても、納得できる風景です。
時に写真は、その情景を語りますねっ(^^)
Commented by atCommA at 2007-01-21 22:46
>花泥棒さん
 たいへん申し訳ございません。
 今回ご一緒したメンバー相互の約定を私が思い違えておりまして、本来小学校一枚であるべきところを他にも貼ってしまいました。
 【薄墨色】は一旦取り下げ、明日まったく同じ内容で貼らせていただきたく...
 いただいたコメントが宙に浮いてしまいますが、いわば先行でいただいたというようなことで、明日には必ず貼りなおしますので、なにとぞご寛恕くださいませ。すみません。
Commented by space_craft at 2007-01-21 23:37
CommAさん こんばんは
D_Dです。
美しいですね。ほんとうに。
こんな作品を拝見すると「北海道って遠いんだな~」って
しみじみ思います。
なんとなく郷愁を誘うのは倉本総のせい?(笑)
ちなみに私も尖塔は苦手です。後からほとんど0.5度くらい直してます(汗)
Commented by cabin_um at 2007-01-22 00:01
朝から晩まで美瑛撮影大会ですか、羨ましすぎます(^^)

確かに美瑛を撮る時は枚数いきますね。幸いD70は電池の持ちがいいので気にするのはメディアのみ・・・。

美馬牛小学校は、前田真三を見過ぎたせいで(素晴らしすぎて)、僕にとっては撮りたくても撮れない被写体になっちゃいましたが、さすがCommAさん、決まっていますネ。2年ぶりに「おがませて(^^)」もらいました!
Commented by hiros at 2007-01-22 07:19 x
CommAさん、おはようございます。昨日はお疲れ様でした。
フライングでしたね。別に引っ込めなくても。。(笑)

小学校、こっち方向でいかれましたか。私は迷いましたが結局あれで。
今週はお互い巡回が楽しみですね。
Commented by mab at 2007-01-22 08:33 x
うわーーー。
すごすぎです。皆さん。
一枚目でコレですね~。今後を楽しみにしていますー。
美瑛は私も行ったことがありますが、このスポットは知りませんでした。
Commented by i_nosato02 at 2007-01-22 08:36
おはようございます。昨日はありがとうございました。
手前の木の使い方がいいですね。
私も塔のアップにしようか、広角にしようか迷いましたよ。
でも結局、雪の上の光を、足跡があってもかまわず使ってしまいました。
続きが楽しみです。
Commented by halkyoto at 2007-01-22 17:53
こんにちは。
私は北海道に行ったことがないので美瑛ってどこにある町かわからないのでウィキペディアで調べてしまいました。すごく美しい町だそうですね。
この写真が小学校ですか?洒落てますね。ちょっと見,中世ヨーロッパの教会風,枯れ枝と雲の様子から月夜の教会にドラキュラが現れそうな雰囲気です。
いろいろ書きましたが写真としてはとても魅力的な一枚です。
/他力本願寺住職
Commented by atCommA at 2007-01-22 20:20
>D_Dさん
 富良野には帰りに寄りましたけども、タイヤキとプリンが目当てだったもんで、倉本聡の世界からは遠かったかも(^^)
 あーそうですね、傾きも気になる...これは幸い直さずに済んでますけど、周りに建築物があるとまぁ十中八九は傾きますねぇ(^^;
Commented by atCommA at 2007-01-22 20:24
>CABINさん
 なにしろ気温が低いもんですから、さすがにゲージ一個分は減りました。で、移動中に持ち直してまた減って、の繰り返し...
 ていう程度で済むところが、さすがD70(のバッテリー)、って話ですわね(^^)
 前田真三の名前は、行きの車中でも(当然)出てました。私はざっとしか予習せなんだもんですから、もう目についたままでぱしゃぱしゃ撮ってます(^^;
Commented by atCommA at 2007-01-22 20:25
>hirosさん
 いややっぱり気が引けちゃいまして(^^;、自分の安眠のために引っ込めちゃいました(^^;
 小学校は、これが唯一、「びびっと来て」撮ったカットなんですよ。小学校ならこれだな、と、PCで見る前から決めてたヤツです(笑)
Commented by atCommA at 2007-01-22 20:28
>mabさん
 みなさん、すごいでしょっ(^^) 混ぜていただけて、ほんとにありがたいんです。みなさんのあとをよちよちついていくだけでも、じゅうぶんに楽しくて(^^)
 私のはどこまでいったって私なりですけども、是非みなさんが出されるのを楽しんでくださいませ(^^)
Commented by atCommA at 2007-01-22 20:30
>i_nosatoさん
 一通り撮ったところでどうもしっくり来なくてですね、去り際のこのカットでようやく落ち着いたんですわ。もう一枚絞り開けたのもあって、それもまたお悩みだったんですけども(^^)
Commented by atCommA at 2007-01-22 20:33
>他力本願寺住職さん
 CABINさんが書いてらっしゃる前田真三氏をはじめ、風景写真撮る人は避けて通れないってくらいの土地、のようです。たしかに、現実とは思えんってくらいな景色が広がっております。
 どこまで写しとれてますことやら...ぼちぼちと出していきますんで、お暇な折にでもご覧くださいませ(^^;(m__m)
Commented by bono at 2007-01-22 20:33 x
CommAさん、こんばんは。こちら、お初になります(^^ゞ
昨日は1日中、一緒に遊んでいただいてありがとうございました。
撮影開始となるや、真摯に被写体と向き合う姿がとても印象的でしたよ。>CommAさん^^!
こちらの写真も、切り抜く事さえ頭に浮かばなかった私としては、
舞う雪もアクセントにできる絶妙な距離感だと思いました。
そしてi_nosatoさんに同じく、手前の木の配置がいいです。
まだアップされますよね?楽しみにさせていただきます!

それから、リンクいただいていきます。今後ともよろしくお願いします<(_ _)>
またご一緒してくださいね^^/
Commented by atCommA at 2007-01-23 17:30
>bonoさん
 真摯って...それきっと、途方に暮れてぼーぜんとしてるのがそう見えただけですよ(笑) 私には、bonoさんの妥協を知らない撮影姿勢(文字通り)がとにかく鮮やかに残っております。胸まで雪に埋まってる写真、しっかりとってありますよ(^^)
 この塔は、上にも書きましたが、唯一自分なりに響いたカットなんです。bonoさん出されるのがどれも抜群に詩的で、ひたすら唸っております...

 リンク、ありがとうございます。一足お先に、黙っていただいてました(^^;(m__m) こちらこそ、またぜひお願いいたします(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 丘の街は雪に包まれ その二 荒ぶってみる。 >>