2007年 04月 23日
流浪の民にも朝は来る
さぁて。
いつまでも沼に沈みっぱなしってわけにはまいりません、それぞれに敗残の身をずぃーこずぃーこ引きずって車に戻って、そんで...

まだ午前五時です。まだ。

えーと、あとは同じポイントで夕方にリベンジ?
うんそりゃね、さすがに読めてました、出かける前から。朝は天気が悪いってのはわかってましたしね、その時点でね、日没勝負だなってのはね、あらかじめ。

問題はその間、どこでなにを撮るか、だ。

かくしておっさん六人、あてどもなくさすらうことになった次第でございます。
道中、ちょぼちょぼと拾ったネタを。


【静寂】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/400s, F5.6, EV-0.3, ISO400]
c0084666_2237299.jpg


 フクロウ目当てで訪れた、とある神社の裏手にて。土曜早朝、生活が目覚めるほんの一瞬前の静けさが、そこはかとなく緊張に満ちて。
 結局お目当てには振られまして、ゆらゆらと彷徨継続。


【虹の女神、朝を呼ぶ】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/800s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_22373085.jpg


 いわみざわ公園のバラ園にて。
 一通り回ってみましたが、ミヤマカケスとアオジに邪険にされただけに終わりまして...雲間から漏れ来る朝陽に映えていた、イリス(虹の女神)像にご出演願ってみました。


さて、間歇的ながらも朝日を浴びて、どうにか灰にもならずに息を吹き返したおっさん六人。
次の目的地、アルテピアッツァ美唄に向かいます。

【庭園の初夏】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [18.00(27)mm, 1/1000s, F7.1, EV-0.3, ISO200]
c0084666_22375911.jpg


 アルテピアッツァ美唄にて、同行諸氏、三々五々撮影中。日も高くなってきて気温がぐんぐん上がり、ウールのインナーを脱ぎ捨てて撮った写真です。


【陽だまり絨毯】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/8000s, F2.2, EV-0.7, ISO200]
c0084666_22382441.jpg


 こちらは到着直後に撮りました。天気が曇りがちだと、影が出来るだけで嬉しくなったりするもんです。


【夏への扉】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1000s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_22385066.jpg


 彫刻オブジェはなるべく撮るまい、と思っていたんですが...
 これだけはどうしても、体が反応しちゃいまして。鑑賞の立ち位置としては、少なくとも第一義的にはこれを想定されてるんじゃないかと思うんです。


ここ数日ばたついておりまして、写真の方はまだまだ未整理です。とりあえず明日はアルテピアッツァの続きを。
巡回もいまひとつままならず、不義理続いておりまして申し訳ないです...
by atCommA | 2007-04-23 22:48 | 撮りメモ:Town | Comments(12)
Commented by mn3m at 2007-04-23 23:00
CommAさん こんばんは
ちょっとバタバタしていてコメントままならずm(__)m
「陽だまり絨毯」・・・好きですね~。このイスはいろいろ想像させます。
日が射してきて影が出来てくれたときの喜び・・・判りますよ。(^0^)
そんな気持ちが表れてますね。

↓のブレ・・・出たとこ勝負とはいえなかなか撮れるもんじゃ有りません。お見事!
Commented by fusion海苔で~すッ! at 2007-04-23 23:18 x
やはり、皆さん、此処へ来ましたネっ、CommAさぁ~ん!

でも、未だ行ったコトないンです、私は。。。 
「御散歩ツーリング!」の近さなンですが、うちからは!

>静寂
・・・やはり、煙突に目が向きます。

>陽だまり絨毯
・・・ベンチも写真には欠かせない素材なのでしょうネっ!
Commented by cabin_um at 2007-04-24 00:28
美唄2回分、拝見しました。
【発つ者】
現場では、さぞやスゴイ迫力だったでしょう。羽音が聞こえてくるような臨場感溢れる模写がいいですね~。ところで開放+ISO640ってことは・・・今回もノンVRで手持ちです?だとしたら凄すぎます1/8秒(^^)
【静寂】
やっぱり、リズム感あふれるこの感じ、好きです。都会の規律正しいデジタルビートではなく、少しずつタイミングのずれたアナログビートな煙突がぐっと来ますね~。
【夏への扉】
この状況で35mmF2DがD70についてたら、やっぱ押しますよね(^^)
それにしてもCommAさんが、このレンズで絞ってパンフォーカスもめずらしい。中央部にさりげなく入っている赤(土?)も効いてますね!
Commented by ainosato at 2007-04-24 08:28 x
「静寂」あの何もないような町で、こんなステキな写真を撮っていたのですね。煙突のリズム感がいいですね。
「陽だまり絨毯」あの椅子でかなり粘っていましたよね。こういう写真になりましたか、いい質感と色ですね。
後ろの校舎の入れ方で私も悩みましたが、ボケ具合といい、構図といいステキですね。
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-04-24 20:16 x
ainosatoさんに同じく、赤屋根長屋の煙突、堪りません!!
この情景、いかにも炭鉱の町だったというニオイを感じずにはいられません。
(昔、友人の家が鉱山の社宅にあって、休日にそこで過ごした思い出が蘇ります...)

【陽だまり絨毯】の椅子、拙は全く見えておりませんでした...汗
(写真はこうやって撮るんだぞ、って教えてもらっているようでして...汗汗)
Commented by atCommA at 2007-04-24 21:50
>mnさん
 いやそれが、こちらも同様バタついておりまして...こんなところまで合わなくていいのにね(^^)
 陽だまりは、引き金としては影なんです。うまいこと椅子がいてくれたんでせっかくだから使った、っていう順番で...感じていただいてありがとうございます(^^)(m__m)
Commented by atCommA at 2007-04-24 21:53
>fusion海苔さん
 そうなんです...お近くだったみたいで、車中もちろんお名前話題に出ておりましたです。一度ご一緒できるといいですね...

 【静寂】はもう、煙突で決まりです。景色として惚れこんだ撮影でした。
 ベンチの方は、ありきたりの素材なんですけどもね...撮りはじめに影と絡んであまりに美味しそうでしたもんで(^^)
Commented by atCommA at 2007-04-24 21:59
>CABINさん
 【発つ者】 そらもう、一瞬に凝縮した迫力ってのがすごいもんです。それでも今回は、分散しちゃったんで地鳴りが少なかったって話で(^^; はい手持ちです、しゃがんでますけどね。これだけ無茶なトリミングしてもしっかり解像してくれてるレンズとカメラを、誉めてやってください(^^)

【静寂】 デジタルでなくアナログビート...なるほど、うまい。それいただきます(^^)(m__m)

【夏への扉】 シンメトリ同好会としては外せません(^^) えぇと初めての場所でしたし、オブジェ絡んでの攻め口がわからんしってことで、まずは35mmつけっぱだったんですね。肉眼で見たまま(の感動)で撮るには、まずこのレンズなんで私の場合。パンフォーカス珍しいですっけ...近頃やってなかったかな...赤いのは舗装材ですけど、今回はもろに狙って使ってますね(^^)
Commented by atCommA at 2007-04-24 22:03
>ainosatoさん
 わぁいainosatoさんにステキっていわれた(^^)(^^)(^^) うまいこと場所特定系情報カットできてたんで、okにしました。自分でも好きなカットです。
 椅子はねぇ、たしかにちょいと粘ったですけどだって、日がかげるんだもん。陽射し待ちだったです。あとはたしかに、絞りと構図もちょい変えて何枚か撮ってました...実はセレクトにかなり迷ったんで、ほっとしてます(^^)
Commented by atCommA at 2007-04-24 22:06
>本部長さん
 そうかぁ、炭鉱らしさ...撮り手はそこはまったくわかりませんで...単にたたずまいだけで撮ってたんですけど、思い出のよすがになったようでよかったです。
 椅子はなんですかね、撮りはじめたときにいきなり目の前にあったもんですから、木の影が。あとはもう食らいついただけでして...そんな畏れ多い。本部長さんの二連の成果、楽しみにしておりますです(^^)
Commented by mab at 2007-04-24 23:01 x
庭園の初夏,
渋い赤が好き。うまいなあ~
そうか、美唄って炭鉱なんですね。雰囲気出てますね。
Commented by atCommA at 2007-04-25 19:38
>mabさん
 この赤は、天気のおかげですわ。ピーカンだとこうはいかんです。
 そう、炭坑の町なんです。廃坑にも行ったんですけども、撮りきれませんでした...ちょっと後悔(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 香気の空間 ずぶずぶの沼。 >>