2007年 04月 26日
諸行無常
美唄炭坑跡近く。かつては栄えた、我路(がろ)の街です。
そう遠くない将来、消え去る運命にあるようです...

【記憶】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/800s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_18432990.jpg


【浸蝕】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1600s, F3.2, EV-1.0, ISO200]
c0084666_18434657.jpg


【斜陽】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1250s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_18435675.jpg


【断裂】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/320s, F5.6, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1844719.jpg


【孤塁】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1250s, F8.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_18441746.jpg


最後の郵便局は、今では美唄市立我路生活館となり、集落の公的サービスを一手に担っているようです。
村を見守ってきたであろう櫓からは、いまはなにが見えるんでしょうね...


このエリアは、あえて35mm一本で回ってみました。自分の眼との直結度が一番高いレンズで、素直に見てみようってなわけで。
悪魔くん(Micro-NIKKOR-P 55mm)を置いてきちゃいまして当初はかなり後悔したんですが、これはこれで、かえっていい面もあったかなと思ってます。

ちなみに5枚とも、モノクロも作ったんですが...
ちょっと飽き足らない気がしたんで、モノクロ見てからさらに調整しなおした、カラーバージョンで。手はかかりましたけど、いい勉強になりました。

明日はマガンとの最終決戦、そのいちです。
by atCommA | 2007-04-26 18:53 | 撮りメモ:Town | Comments(20)
Commented by hiros at 2007-04-26 20:49 x
どこまでもCommAさんらしく。。
ラストの1枚、錆とレンガと青空と、見せますねぇ!
あとはDENZIさんのが楽しみだなぁ。。
このエリア、私はほとんどシャッター切れませんでした。
数カット撮ったのも、何を撮っているんだか。。
Commented by dejikaji at 2007-04-26 21:48
CommAさん、こんばんはです。
炭鉱跡ですか~、かろうじで人の気配は在るみたいですが、なんとも侘びしい光景が広がってますね。
自動販売機の陳列の歯抜けがこれほど寂しさを出すとは驚きです。
舗装道路なのか、地道なのか分からない有様の道、涙が出てきそう・・・・・。
チャリ好きとしては錆びたチェ-ンのチャリンコは許せないんですが、これはgoodです♪(●^o^●)
Commented by DENZI at 2007-04-26 22:07 x
うう、出せない出せないこれでは出せない・・・・(笑)
いやあ、あの「立ち往生」、こう切りますか!やっぱスゲエわ。
オイラはあれはほとんど攻略できませんでした、何せCommAさんの後じゃね、戦意喪失。(爆)
あのエリア、あまりのシチュエーションに浮かれちゃって、作品に出来る切り方まで至ってないんですよ、ただの記念撮影。
も少し悩ませて!
Commented by mn3m at 2007-04-26 22:09
こんばんは
35mm一本勝負,正解ですね(^0^)
自分の一押しは「斜陽」・・・これはスバラシイ。 こういうのを主題に選んだという時点でCommAさんの勝利。(^0^)  
斜光に照らされた地面のひび割れ,電柱の模様,影,黄色い花,青いトタン,低い山並み・・切り取られている何もかもが美しいと思います。
Commented by cabin_um at 2007-04-26 23:12
コントラストのバランスがやっぱいいなあ・・・(少し考えて)そうだ!35mmF2Dだもんな~(えっ、モノクロ見てからカラー調整・・・)
なるほど道理で!納得したCABINでありました(^^)もともとの
レンズ素性に加え、更なる凄みが出たように思います。僕もmn
さん同様、斜陽が好きですねえ、とりわけ屋根の反射が素晴ら
しい!
Commented by ainosato at 2007-04-27 06:10 x
さすがです。CommAさんワールド全開ですね。
二枚目、うーん そこにピント持ってくるかあ、私ならチェーンですね。
三枚目、ひび割れた道路と丘の感じがいいですね。
最後の青空、レンガとのコントラストがすてきですね。
Commented by poohko at 2007-04-27 06:56 x
おはようございます
3枚目の写真を見ていると、すべての物が土に帰っていくと誰かが言った言葉を思い出しました。

最後の郵便局、櫓に付いているのはサイレンですかね、集落の中心的
存在をうかがわせますね・・・・
Commented by halkyoto at 2007-04-27 15:25
【斜陽】,路面のひび割れがそんなふうに感じさせます。人里離れた場所を空想しますが,実際はどうなのでしょうか?
/他力本願寺住職
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:43
>hirosさん
 えへへぇ。ラストのは、アメリカ時代にさんざんやった色合いですもんで。なんちゅうかもう、血肉に溶けてるって感じかなぁ(^^;
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:45
>デジ鍛冶さん
 うー、がっつり掘り下げて見てくださって感謝です。
 自動販売機本体はわりと新らしめなんですけど、現役かどうか判断つかなくて、そのぶんちょっと詰めが甘くなってます...
 道路は、そこまで感じていただけるとはありがたい限りで。チャリはもはやチャリではなくなってるんで、これもありでしょう(^^)
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:47
>DENZIさん
 なぁにぃ(笑)
 立ち往生はすいませんでした、お先にいただいちゃって...だってそこにあったんだもん...
 いやいや、じんわり涙モノのが出てくることでしょう、きっと。じっくりお待ちしております(^^)
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:50
>mnさん
 コメント拝読してあまりにも我が意を得たりで、しばらく唸っちゃいました。「斜陽」、私も一番気が入ってるんです(^^) いつもありがとうございます...
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:53
>CABINさん
 ちなみに...ご参考になるかわかりませんが...
 モノクロバージョンを作った後で加えた調整は、主に彩度コントロールです。一、二、四枚目は、ピンポイントでかなり彩度抜いてます。色が充満してる状態を落ち着かせてやることで、新たな奥行きが出てきたようで(特に二枚目)、このへん今回の発見でした。
 三枚目は逆に少し彩度上げ気味、ラストは彩度はいじらずに煉瓦部分のカラー明度を少し下げてます。てな調子で。
 やっぱり斜陽ですか(^^) ありがとうございます。
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:55
>ainosatoさん
 やっぱり根っから好きなんでしょうねぇ(^^;
 チェーンピントも考えたんですが、どうも画にヘソが欲しくなったので、ここに。三枚目とラストは、おっしゃるとおりの狙いでございます(^^)
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:57
>poohkoさん
 三枚目、まさしくそうですね...諸行無常、そのまんまです。
 ラストはおっしゃるとおりサイレンだと思います。集落のヘソとして機能していたんでしょうけれど、今はもう鳴ることもないんじゃないかと...
Commented by atCommA at 2007-04-27 18:59
>他力本願寺住職さん
 全盛期にはかなり栄えた街だそうですが、いまはほとんど廃村に近い状態です。個人サイトですが、
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/tanto_bibai02.htm
 こちらに要領よくまとめてる方がいらっしゃいます、よろしければどうぞ(^^)(m__m)
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-04-27 21:49 x
うわ~、出遅れる一方です...汗
ペダルのギアのところのえぐり方、唸ります、凄まじい!
(プレート、Now・・・って書いてあるのかな?不明)
拙は全くベタなところから切り抜きました(^。^;)
ちなみに「我路」って地名に何故だか惹かれてしまいます(笑)

↓例の土筆、なるほど、これを撮ってらしたんですね!
あの一見、不毛の地にも生命力が漲っている、そんな描写です。
あそこではコンクリートの塊ばっかり撮っておりました(汗)
Commented by ariari at 2007-04-28 02:47 x
個別の写真については他の方が色々想いを馳せていらっしゃるので
純粋に組写真としての視点で拝見させて頂きました。
美唄という街が直面する問題、いや、北海道の地方の局面ですね。
かつて栄えた街の悲哀が「ずしり」と感じます。我路地区はその昔
繁華街もあったそうです。私もずいぶん好きで通いましたが実は
全然写せませんでした。なぜか辛くて<失格
美唄の記念館みたいなところを訪れて昔を偲ぶと余計に写せなくなり
いつかはもう一度、と思っております。(美唄鉄道の駅舎が唯一残る
東名駅には往年の蒸気機関車が保存されています)
CommAさんの視点はやっぱり暖かいなあ・・・
Commented by atCommA at 2007-04-28 14:31
>本部長さん
 えぐり方...陽射しが柔らかいぶん、少々甘いアプローチになってました。そこを彩度落としてなんとかつじつま合わせたってところです(^^; 「我路」はねぇ...かの漫画雑誌を思い出さずに入られないってのがね(笑)
 土筆はもう、あれだけのもんでして、どうもすいません。あの写真じゃぁ、土地の不毛さはかけらも写っておりませんしねぇ(^^;
Commented by atCommA at 2007-04-28 14:33
>ariariさん
 うー、いつもながら掘り下げたコメントをありがとうございます...ちとインスパイアされちゃいましたので、一部お返事をかねて、番外篇を作ってみました(m__m)  視点が暖かい...もったいない、あまりにもったいないお言葉で。
 そうそう、東名駅には今回も行ったんですが、機関車まだシートかぶってたですわ。hirosさんが線路アップしてらっしゃいます(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< その空に 春に語る >>