2008年 06月 26日
八十五番札所


c0084666_2302590.jpg





c0084666_228172.jpg





c0084666_229123.jpg





c0084666_2294089.jpg





FM2n, Ai Nikkor 20mm F2.8S, FUJI PRO400 プリントよりスキャン
6/21、八栗寺にて



二枚目の背景に写ってるのが、源平合戦で有名な屋島でございます。
...それをこの角度で見下ろしてんですから。はるかに高いとこざんす。

無信心な私でも、
お山の清澄さってのは、さすがに感じましたです。
早い話が、
気持ちよかった。

写真としてはラスト一枚に込めたつもりですけども、
いい感じの湿気が、
それはそれとして、活きてたように思います。
by atCommA | 2008-06-26 02:57 | 撮りメモ:Town | Comments(8)
Commented by henronin at 2008-06-26 10:28
懐かしいです、自分が見下ろした時は屋島はもっと遥か遠くに見えた記憶があります、約10年程前に88ヶ寺を40日で歩きましたので記憶に残っていない寺も在ります(ただひたすら歩いていたので)が此処はハッキリ覚えています。
Commented by cabin_um at 2008-06-26 12:19
CommAさん、こんにちは!
四国旅行、お疲れ様でした!四国は未だ一度も訪れたことないですが
CommAさんのうどん紀行を見てたら行きたくなりました(^^)そして、
本題の写真を見るとやはり遍路の歴史を感じさせます。そして曇天の
模写はやはりデジよりフィルムですねえ。ホント湿ってます。
※横レス失礼・・・↑遍路人さんは本当に遍路人さんだったのですね!
Commented by mn3m at 2008-06-26 20:41
自分も信心深い訳ではないのですが,なぜかお遍路さんにはある種のあこがれがあります。  で,遍路人さんのコメントでビックリ! おお,ホントに遍路人さんだったのですか。スゴイ。

いけない,写真はやっぱりラストに惹かれますね。
湿り気もいいのですが,手を合わせたくなる雰囲気があります。
Commented by atCommA at 2008-06-27 07:40
>遍路人さん
 やはり、歩かれてましたか(^^) さすがです。私もいつかは、とは思うのですが、漫然と思ってる程度でやれることじゃありませんよね...
 八栗寺、私もちゃんと、刻み込みましたです(^^)
Commented by atCommA at 2008-06-27 07:49
>CABINさん
 四国は何度目だか思い出せないくらいなんですけど、寺は初めてでした。やっぱり、行くもんです。京都あたりの澄ましかえった風情(それはそれで好きですが)とは、また別物。
 しかり、今回、デジとフィルムで、撮りたいものがはっきり分かれました...もしかしたらいい経験だったかも。
Commented by atCommA at 2008-06-27 07:50
>mnさん
 ですからせめて高尾山の薬王院くらいご一緒しましょうよというのに(笑)
 ラスト、ありがとうございます。生命力というかありがたさというか、どうも言葉になりませんが(^^;
Commented by mab at 2008-06-30 18:18 x
やっぱり最後のいいですね~。
深い緑と、落ち着きと。キリキリピントが合ってないかんじなのがまたいいのでしょうか。

一枚目の、尻尾振っていそうな後姿も、すきかも。
Commented by atCommA at 2008-07-02 01:10
>mabさん
 このときの山の湿気ってのはものすごいもんで、そらもう、ピーカンばりばりコントラストの世界とはまったく無縁な。
 狛犬くんは、実はあんまり意識せずに撮ってました。なんかもう、屋根の配置ばっかり気にしちゃって(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いんたーみっしょん。 連れていって >>