2008年 07月 04日
旅の終わり


c0084666_8322970.jpg




GR DIGITAL II
6/21、琴平にて



琴電琴平線、終点。

かの有名なこんぴらさんなんですが、
神社に詣でる気は毛頭なし。
わかってたことだし文句はないんですが、あんまりにも観光地、すぎて。
とにかく、終点たどり着きの充足感重視のみ、でございます。

で、この光景。
琴平で和んだのは、正直この一瞬のみ、でした。
逃さず撮っとけってことで。






c0084666_10501967.jpg




c0084666_10503751.jpg




c0084666_1050577.jpg




携帯バージョン、既出
DENZIさんに突っ込まれた、アレです。まぁたしかに、身に覚えは、ある。赤坂さんのうどんとはまったく別の食いもんだもんね。ふわふわうどん。

でもだがしかし、
これはこれで、
少なくとも東京じゃぁ絶対に食えない食いもんです。
してまた、
これが300円で食えるってのも、文化的事実には違いなし。

以上を持ちまして、この日の探索行はすべて終了。
なにしろ八栗だ志度だと歩き回って、Tシャツからなにからぐっしょぐしょでしたもんで。
そこへもってきて、
琴電の冷房がきつくて...これ以上徘徊すると風邪引くぜいって勢いで。

とっとと瓦町のホテルに戻って大浴場で汗流して、

さて前夜に引き続き、酒仙人さんで日本酒三昧、と、

全開で楽しんだ高松の夜、でございました。


この翌日はさらにうどん食い漁って岡山経由で静岡入り、なんですが、
写真的には残念ながら、収穫ゼロ。
よって、高松遠征篇、
これにて一巻の終わりとさせていただきます。
ぺこり。
by atCommA | 2008-07-04 11:05 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
Commented by mn3m at 2008-07-04 20:50
や~,一枚目は良いですね~。  
懐かしい店構え,オバチャンもいい味。  なんと言っても綺麗なおねーさんが好きです(^0^)
半乾きの路面がしっとり感と季節感を出してますね。
Commented by ariari at 2008-07-05 03:10 x
この店構え。こうでなくちゃ、ね。間口が広い、というのが。
打ち水のようなお店の前の地面も良いアクセント。
タスポのおかげでこんな店がやめちゃったら大変だ。
Commented by atCommA at 2008-07-05 07:20
>mnさん
 ありがとうございます。
 じっくり見て回れば、まだまだ写材はあったんでしょうけども...ちとさすがに、限界で。ちょい撮りだけになっちゃいました(^^;
Commented by atCommA at 2008-07-05 07:29
>ariariさん
 開けっぴろげの素晴らしさって、たしかにありますよね。舞台装置も揃って、いい眺めでした。
 taspo...サミットに向けた点数稼ぎとしか思えない私(^^; どうにも困ったもんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 光、あれ 異次元。 >>