2008年 08月 21日
或る煙草屋の閉店


c0084666_23401555.jpg




c0084666_23422836.jpg



住宅地の中に、ぽつねんと。
"OPEN"といいながら、明らかに廃墟。




BESSA R2A, NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.
CENTURIA100, プリントよりスキャン
8/11, 高円寺にて



ちなみに"ジンセンアップ"ってのは、ググるとなかなか面白いです。
琺瑯 ホーロー看板フリークって、ジャンルとして確立されてるんですね。
ま、わかる気はします。
by atCommA | 2008-08-21 07:12 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
Commented by ariari at 2008-08-21 13:04 x
都会の中の空虚な空間、なんだか寂しいですね。東北なら当たり前にありますが。
琺瑯看板マニア、すっげー多いです。ヤフオクでも高値で売れます。
私が出た某国営放送の趣味人を集めた番組にもこのコレクターさんが出ていました。
が、心ないマニアが勝手に看板を外して持って行くとかで、地方の町では問題になっています。
個人的には、看板はそこの建物にあってこその味わいと思います。なので写真で残すことが一番かと。
(ただし、新品でチッコイのを一枚だけ持っていますが(爆))
Commented by dejikaji at 2008-08-21 20:33
CommAさん、こんばんはです。
「ジンセンアップ」、これ知ってる自分が嬉しくもあり悲しくもあります(笑
Commented by mn3m at 2008-08-21 21:17
えっ,デジ鍛冶さんこれ知ってるの?  自分は知らない(^0^)
確かにホーローの看板は絶対に撮りたくなります。
オロナミンCの奴が一番好きですが,これも良いですね。
Commented by atCommA at 2008-08-22 10:57
>ariariさん
 看板集めてレトロ感演出する店とか、多いですもんね。たしかに効果あるけど、ちと安直な印象ですが(^^;
 看板の看板たる存在意義からすれば、そのままその場にあるべきですよね。たとえ宣伝対象がとっくにこの世になくても...
Commented by atCommA at 2008-08-22 10:58
>デジ鍛冶さん
 へ...
 昔のテレビの再放送と、わけ違いますぜ。つくづく不思議なお人だなぁ...
Commented by atCommA at 2008-08-22 11:17
>mnさん
 いかにも飾り立てた琺瑯看板だと興冷めのこともありますけど、現役そのまんまで朽ちつつあるってのは、魅力的ですよね。しばらく前まで、高尾駅の近くにキンチョール、あったんですけどねぇ...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 紅灯 賑々しい街 >>