2017年 08月 11日 ( 2 )
2017年 08月 11日
亜熱帯的混沌~06
1
c0084666_17544518.jpg





2
c0084666_17544302.jpg





3
c0084666_17544410.jpg





4
c0084666_17544673.jpg





5
c0084666_17544782.jpg





6
c0084666_17544412.jpg





7
c0084666_17544569.jpg





8
c0084666_17544820.jpg





9
c0084666_17544837.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS, XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
2017/8/4, 台北にて




この日、劉さん引き回しの初回は、龍山寺。

...って、なに? って方も多いと思いますし私もそのクチだったのでWikipediaにリンクを張っときますがこれがまた、
「(主に本省の)老人の憩いの場となっている」
なんて、身も蓋もないことが書いてあったり。

実際訪れてみると、門を潜らんうちに、堂内からPAなしの肉声で響き渡る声明に圧倒されます。
そしてお堂の周りには、経典を手にしたご老人たちがずらりと陣取って、声明に唱和してます。なにきっかけだか私にはまったくわからないけれど、一斉に立ったり座ったり。
あれはやっぱり、「憩いの場」ってよりは、拠り所ってやつなんじゃないかと思います。

建築物として印象に残ったのは、透かし彫りの異様な深さですね。とにかく、外から見えない奥の奥まで彫り込まれてる勢いで。ものすげぇ金と手間だってのは、実感しました。
好みかどうかはまた、別の話。












by atCommA | 2017-08-11 17:35 | Special | Comments(0)
2017年 08月 11日
亜熱帯的混沌~05
1
c0084666_15255390.jpg





2
c0084666_14522899.jpg





3
c0084666_14522909.jpg





4
c0084666_14522905.jpg





5
c0084666_14523088.jpg





6
c0084666_14523042.jpg





7
c0084666_14523194.jpg





8
c0084666_14523103.jpg





9
c0084666_14540666.jpg





10
c0084666_14540691.jpg





11
c0084666_14540770.jpg





12
c0084666_14540751.jpg





13
c0084666_14540814.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS
2017/8/4, 台北にて




二日目。

劉さんは朝八時に迎えに来ます。ホテルの朝飯は七時からです。
ならば部屋でゆっくりしてりゃいいんですけども、この日はホテルを八時に出て、帰着予定が夜の九時半。おもっきしいちんちじゅう、劉さんに引き回されるわけです。
ありがたい反面、ちょっと自由時間も欲しいなぁとか思いまして、
朝飯前の散歩。
ていうかそもそも日の出を見てる時点で、心身ともに旅モード=びんぼ根性丸出しで可能な限り動きたいモードなわけです。

それにしても、なかなか朝が早い街です。飯屋もバイク屋も、開き始めてます。飯屋はともかく、バイク屋は...でもあるんでしょうね、出勤中のトラブルとか。ベトナムばりのカブ王国ですから。

撮り手お気に入りは、7枚目ですかね。朝日に映えるじっちゃんの背中。

10枚目のワンコは、これ以上寄らせてくれませんでした。どう見ても首輪してません。
ワンコ、異常に多いですこの街。大抵は首輪してますけども繋がれてはいないとか、こいつみたいに首輪もないとか、かなりフランクな飼われ方してるみたい。
でもおしなべてみんなおとなしくて、旅行中吠えられたことは一度もありませんでした。ていうか、みんな暑くてそれどころじゃなかったのかもしんない。発汗機能をもたない生き物には、この国の夏のアスファルトは厳しいでしょうさ。












by atCommA | 2017-08-11 05:30 | Special | Comments(2)