カテゴリ:撮りメモ:Town( 2206 )
2006年 10月 02日
夜討ち朝駆け
【夜討ちの赤】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/200s, F9.0, EV0.0
   "夜討ち"ってほどじゃないですけどね、日暮れどき。西日を一身に受けたボートハウスです。
c0084666_12544061.jpg


【朝駆けの蒼】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/5s, F6.3, EV0.0
   こちらは翌日正真正銘の朝、日の出の時間。
c0084666_1255129.jpg


無計画旅行の途中に立ち寄ったノースカロライナのはじっこ、Elizabeth Cityにて。
夜中に降り出した雨が"朝駆け"の直前まで続いてしまいまして、残念ながらきれいな朝日は見られませんでした。
狙って二枚を撮ったわけじゃないんですが、ただ単にせっかくなので並べて出しちゃいます...
by atCommA | 2006-10-02 12:57 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 09月 29日
また会う日まで
アメリカから最後の更新になります。

North Carolina州 Jordan Lake には、レクリエーションポイントが13箇所あります。
それぞれがボート発着場だったりキャンプサイトだったり水泳場だったりバーベキュー場だったりトレッキングコースだったり、それらいくつかの複合だったり。湖の東西南北に散らばってるわけで、浜の土質から地形から一つ一つ違っていて、いろんな表情に出会えます。

その中でもお気に入りのひとつが、Vista Point。機能はボート発着場とトレッキングコースのみのシンプルなサイトなので、とにかく静かで落ち着いています。しかも、桟橋からの眺望が超一級品。
...というわけで今年一月以来、数限りなく訪れたのでした。さぁて何枚撮ったもんだか、見当もつかんです。

【See You!】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/320s, F22.0, EV-0.7
c0084666_105925.jpg

Vista Pointの象徴たる桟橋。アメリカ生活で一番の思い入れといえば、断然この場所です。
この日は撮りというより挨拶回りでした。文句なしの青空での見送り、ありがたや...。


# というわけで撮り手本体は日本時間9月30日午後3時ごろ成田着でございますが、
写真の方はまだ当分の間...最低でも一週間ほどは、アメリカを引きずる予定です。紛らわしくてすみません...。
by atCommA | 2006-09-29 10:16 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 09月 23日
されど気合いは研ぎ澄まし

「そういやご隠居、世の中には暇な野郎がいるもんでしてね、そこのお堀に釣り糸垂れたまま、いっちんちじゅう竿先を眺めていやがる」

「へぇ、このご時勢にねぇ。ほんとかい」

「たしかなこってす。なんせあっしがそいつを、いっちんちじゅう見てやしたんで」

...てな一席があったような...



【まなざし】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/640s, F8.0, EV-0.3
c0084666_1136459.jpg


いつもの湖、Jordan Lake。いまのところ、竿先は微動だにしていないようです...

実は、一度撮りたかったカットなんです。ずいぶんと釣り船も釣り人も撮ってきたんですが、ようやく少々気に入ったものが撮れたような。

この傾きを修正しちゃうとひとっつも面白くなくなるってのがまた、どうしようもなく面白いところだったりします。

by atCommA | 2006-09-23 11:37 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2006年 09月 19日
鋼と木と水と空と
  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/5000s, F3.5, EV-0.3
c0084666_1084018.jpg

お馴染み、Jordan Lakeの桟橋です。気合い入れて撮ったんですけども、気づいてみればアップのタイミングを失っちゃっていて。
by atCommA | 2006-09-19 10:10 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 09月 18日
西洋神楽。
車で30分ほどのところに、ヒルズボロ(Hillsborough)という街があります。
その昔はノースカロライナ州の首都であったところで、歴史保存地区でもあるんですがそれ以上に街全体が、"歴史"を色濃くにじませております。

というところで毎年9月におこなわれる、独立戦争さなかにこの街で起こった事件の再現劇。簡単にいうと、植民地集団がイギリス人総督を襲って拘束した、って話です。
専門家(...)によるとずいぶんと簡略化、というかむしろ換骨奪胎に近いほどの単純化がされているようですが、まぁそれはそれとして。

【射撃準備】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/1000s, F4.0, EV-0.3
c0084666_9321135.jpg



【突撃】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/2500s, F4.0, EV-0.3
c0084666_9324782.jpg



家族連れで買い物のついでにちょいと立ち寄った、程度のスタンスなので、機材はD70にタム90mmマクロ、ウェストポーチの中に24mmが放り込んである、というお散歩スタイル。
カメラバッグ持たないと基本的にこんなもんです。

で、
内容についても場所についても予備知識ほとんどなしでしたんで、次の展開がまったく読めず。見物集団といっしょにうろうろぞろぞろと、後を追っかけていくしかない始末で...
むやみやたらに後姿を撮って終わってしまったのでした。

【かまえ筒】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/1000s, F4.0, EV0.0
c0084666_9342598.jpg



【水入れは見ていた】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/1000s, F3.2, EV-0.3
c0084666_935848.jpg


野戦テントにぶら下げられていた皮の水入れ。なにやら遠巻きにすべてを見ているような、モニュメント的な存在感でした。
by atCommA | 2006-09-18 09:37 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 09月 14日
芸は身を助く。
c0084666_920225.jpg


野原にぽつねんと立っていた、よろず修理屋さんの看板。草を踏みしめてこの右側を入っていくと、お宅兼作業場があるわけです。ドライブ中に見つけました。

ぱっと目を惹き、修理屋としての腕のよさもアピールできるように...なかなかうまいことできてるんじゃないかと思います。
たいていの人はログハウスくらい自分でほいほい作ってしまうこの国で、どれだけニーズがあるかはわかりませんけども。
by atCommA | 2006-09-14 09:23 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
2006年 09月 12日
提灯の効用
【Mobile Signals】
c0084666_4271583.jpg

目抜き通りの交差点。
ヤジロベエ的あるいはモビール的なバランスとも見えますし、
工事による車線切り替えなんてのに、さくっと対応できるってのもあるかもしれません。
実際、お気づきでしょうか、空中の四つのうち一番右のヤツって、左の支柱にくっついてるくせにコードは右から延びてたりするんですよね...

...それだけっちゃぁそれだけなんですが。


【まろやか。】
c0084666_4274081.jpg

おまけ、変則並列二連宝灯。なかなかそそる後姿でございます...
by atCommA | 2006-09-12 04:29 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 09月 11日
滲みゆく
c0084666_110577.jpg

以前ニコデジの方に姉妹篇を貼らせていただきましたが...
これもちと捨てがたく、撮り手評価としてはイーブンか、もしかするとこちらが上もしれません。

いずれ、こういう滲みの味わいというのはあまり経験しておらず、いまだなんとなしに不思議な感覚が抜けませんです。撮り手がそんな眠たいことをいってちゃしょうがないとも思うんですけども。
by atCommA | 2006-09-11 11:03 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 09月 08日
青が染めあげた街
c0084666_410814.jpg


ふだんだったら赤い車、もしくは(気分変えたい場合に)黄色い車を待つんですが...
さすがにこのときは、無彩色が来た瞬間にレリーズしてました。

リサイズ、アンシャープマスク、色温度5200K→5353K、γ値0.95、だけです。色温度はもう、確信犯でちょっとだけ(^^)

...一日一枚なら、写真のタイトルは省略できるなぁと...そもそも、同じネタでいくつもタイトル考えるなんて、想像するだに滝の汗でございます...

by atCommA | 2006-09-08 04:12 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 09月 05日
嵐が抜けて
熱帯性低気圧、名づけてEarnest。下手すると暴風雨で停電で都市機能麻痺なんて脅かされたわりには、まぁ普通に嵐が足掛け二日、程度のものでした。先般の洪水といい渇水といい、大山鳴動なんとやらなのは、とりあえず生活する側からはありがたいことです。

で、
強風驟雨がおさまった、9月2日の朝。

【シンプルトーン】
c0084666_8393481.jpg

一歩玄関を出たとたんに目に飛び込んできた、隣家の風景。これはもう、撮らずにおられませんでした...幸いブラインドも閉まってたんでプライバシーの心配もせず、さくっと。
色温度を5353kに変更、傾き0.7度調整、リサイズトリミング、アンシャープマスク。すなわち、青空についてはまったくいじっておりません。


もういっちょ、所用で出かけた目抜き通りから...

【びば、アメリカ】
c0084666_840866.jpg

ニコデジに貼らせていただこうと思ってるカットの別バージョン。旗のはためき具合が違うだけの兄弟版なので、どちらがどうということではありませんです。
処理としてはこちらはさらにシンプルに、リサイズとアンシャープマスクのみ。もはや言葉が追いついてくれません...


以上二枚、お手数で大変申し訳ないんですができればできましたらば、ブラウザではなく...
Nikon View, Nikon Capture, Photoshopファミリー、DPExなどなど、
カラーマネジメントに対応したソフトで見ていただけますと、本当の青が見えてくることと思います。ある程度、環境にもよるのではありますが...。
by atCommA | 2006-09-05 08:45 | 撮りメモ:Town | Comments(4)