<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2006年 11月 30日
しゃがむといいことあるかもしれない
野幌の森でのマクロ遊び。以前アップした雪マクロの副産物です。

【Shiny Brown】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/100s, F9.0, EV0.3
c0084666_17575188.jpg


 雪に埋もれた枯葉の横で見つけました。キノコはよくわからんのですけれども、どうも天然のナメコだったような気がしてなりません。
 一応採集禁止の場所なんで写真撮るだけで帰ってきましたけれど、正直、ものすごぉく後ろ髪引かれてます。天然キノコって憧れなんですよ...食いたかったなぁ。


【Lime Green】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/80s, F7.1, EV0.3
c0084666_17581972.jpg


 苔に種が実る...種というより胞子嚢でしょうね。たまたま熟成前(たぶん)のものに出会えまして、透明感のある緑色がえらい美しさでした。


【Platina Reflection】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/125s, F7.1, EV-0.7
c0084666_17585716.jpg


 これはマクロではない、んですが...同日撮影の流れで。しゃがんで片膝ついてるのはたしかですしっ。
 横に走ってる蜘蛛の糸の光に引き寄せられました。ジャギーは見えないことにしてください...輪郭強調全部切っても、厳然とジャギジャギです。

by atCommA | 2006-11-30 18:00 | 撮りメモ:Nature | Comments(6)
2006年 11月 29日
赤が滲む街
某日、間抜けなことにバスに乗り遅れまして...
JR新さっぽろ駅から江別市文京台まで、国道12号線をてくてく歩いてみました。
特段なにもなかろうと思ったんですけど、終わってみれば赤色探したような結果で。

【雲の重みに】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/500s, F11.0, EV-0.3
c0084666_1743561.jpg


 まだ雪雲ではないんですけども、なんといいましょうか...日本海側だなぁというしかない、とっぷりと湿った雲です。


【柔らかな硬さ】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/1600s, F5.6, EV0.0
c0084666_17432459.jpg


 肉眼で見てもどこか不思議な滲み具合の注意書き。雪および低温対応でコーティングが厚い、んでしょうかね。そこを活かしたくて、輪郭強調系は一切なしです。
 背景はDIYショップのホーマック、ちょうどロゴが赤かったんで使わせていただきました。


【赤が彫り込む】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/200s, F11.0, EV0.0
c0084666_17453056.jpg


 そういえば、今年は蔦を撮ってませんでした。


【冬を突く】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/400s, F13.0, EV0.3
c0084666_17442663.jpg


 おまけです。北海道開拓百年記念塔、通称カッターナイフ。
 ひとっつも赤くないんですが、同じ日の撮影ではありまして...一枚だけ迷子になりそうなので、おまけの〆ならできるでしょ、てなところで。
 これはリサイズとUSMのみ、ほとんど撮って出しです。にしても、ちょっと絞りすぎましたな。

by atCommA | 2006-11-29 17:47 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 11月 28日
過ぎた秋
十日前の撮影になります。まだ初雪前の、のどかなころ...。

【孤影】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/640s, F8.0, EV-0.3
c0084666_1739275.jpg


 札幌、西岡水源地。ほんとはもうちょっと手前を泳いで欲しかったんですが...待ちに待って、これが精一杯でした。


【のどかに豊穣】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/800s, F7.1, EV-0.3
c0084666_17391989.jpg


 今年のすべての仕事を終えた畑です。散り残りの紅葉がねぎらうように。


【板張りに陽を受けて】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/640s, F11.0, EV-0.7
c0084666_17394278.jpg


 牧草地の農具小屋。一見ぺらっぺらの板なんですが、これでしっかり中身を風雪から守るんですねぇ。

by atCommA | 2006-11-28 17:40 | 撮りメモ:Town | Comments(8)
2006年 11月 27日
白の洗礼
いつまでも"二週間くらい前の写真"ばかりアップしてるのも、なんとなく世間様を欺いてるような気がいたしますもので...

今日は三日前の写真ですっ。

【その日の朝】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/400s, F6.3, EV0.3
c0084666_16484546.jpg


 夕焼けの翌日はいい天気で、朝焼けはそのあと天気が悪くなるんでしたっけ?
 だとしたら昔の人は偉かった。この日の出の美しさ、この冬最初の本格的な雪の予兆だったようで。


【吹き付けて、一丁上がり】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/400s, F7.1, EV0.3
c0084666_1649210.jpg


 東京都に奥多摩があるごとく、札幌市には定山渓があります。奥座敷といいますか、まぁ行政区分上だけのことって気もしますがなにしろ、大通公園や時計台やすすきのだけが札幌市じゃないんですよー。 
 ということで、定山渓ダムでの一コマ。雪の止み間に急いで撮りました。けっこう深山っぽい雰囲気にはなりますね、撮りはお気楽なもんですが。


【びょうびょうと】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/100s, F9.0, EV0.3
c0084666_16491924.jpg


 地元に戻りまして、いつもの牧草地。
 冗談じゃないです、真横です。もはや表現もへったくれもございません、"どわー"とか呟きながら、向けて押すだけです。
 札幌でまともに冬を暮らすのはこれが初めてですもんで、なんともかとも...


【温もりに雪は降り積む】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/100s, F5.6, EV0.3
c0084666_16493864.jpg


 "雪が降っている最中の画"、ずいぶん前の課題だったような気がしますが...
 とりあえず解の一つってことで。一応、北海道要素けっこう満載ですし。


【そして引き締まる】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/100s, F6.3, EV0.3
c0084666_16495262.jpg


 もはやキャプション不要。札幌には冬が来ました。
 ...なんつって、このあとの土日がいい感じに晴れ渡ってくれまして、いま現在はあらかた解けちゃってるんですけどもね。


 ということですみません、明日からまた、二週間遅れペースに戻ります...
by atCommA | 2006-11-27 16:51 | 撮りメモ:Town | Comments(8)
2006年 11月 26日
雲間より光あり
どんよりと曇りの某日、札幌市円山に登ってみました。

【The Tower】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/640s, F9.0, EV-0.3
c0084666_2263399.jpg


 山頂の岩にどっかと座って、一枚。おどろな雲の切れ間から、札幌駅JRタワーにスポットが当たります。
 じゃじゃ馬レンズ、これは頑張ってくれました(^^)


【冬鳥】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/250s, F9.0, EV0.7
c0084666_2271678.jpg


 ヒヨドリって、綺麗でも可愛くもないしやかましいばっかりで、あんまり好きじゃないんですが...
 ま、この撮り方ならヒヨさんもありかな、と。というか光が悪くて、この方向しかなかったんですけども。
 ちと余計な空間があったので、軽ぅくトリミングしてます。


【影にたなびく】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/250s, F9.0, EV-0.3
c0084666_2272857.jpg


 ↑のJRタワーを撮ったときよりも、さらに範囲の狭いスポット的陽光。林間から覗き見て。
 えー、赤い、しぃ...

by atCommA | 2006-11-26 22:08 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 11月 25日
光に包まれる
【力尽きたものたち】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/400s, F9.0, EV-0.3
c0084666_22333129.jpg


 藻岩山の尾根道にて。2004年9月9日の台風18号による被害、いまだ深い爪痕を残しております。
 もっとも、藻岩山の山林は基本的には天然記念物だということもあり、
 原則として自然のままに任せる、ということになっているようです。


【河原のひかり】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/250s, F4.5, EV0.0
c0084666_22334616.jpg


 もはや、あとは溶けゆくのみなんですが...それでもやはり、なにがしか美しい。
 まるで詰め切れておりません、箸休めカットになっちゃいました。


【冬を待つ空間】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/200s, F11.0, EV-0.3
c0084666_2234238.jpg


 先日の「むきだし」を撮ったあとで、シュール風味から軌道修正して撮ったカットです。


【斜陽】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/160s, F6.3, EV-0.3
c0084666_22341596.jpg


 べつに奇をてらったわけではないんです。
 この牧場のにゃんこ、実に人懐こいもんで思わずカメラを向けるんですが、なんかもうぜんぜんダメで。
 我ながらダメさに呆れて、ちと別の方を向いてみたと、そういうカットでございます。


【遠くまで色を響かせて】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/400s, F10.0, EV-0.3
c0084666_22343089.jpg


 ...この世からジャギーが消える日は来るのでしょうか...

by atCommA | 2006-11-25 22:35 | 撮りメモ:Nature | Comments(8)
2006年 11月 24日
青のリズムで
リアルではお外は真っ白けなんですが、委細かまわずまいります。

【見守るもの】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/400s, F8.0, EV0.0
c0084666_22522029.jpg


 札幌駅ビル、JRタワー。
 "意匠化"の度合いとしては、まあこんな...もん、かなぁ...
 どうもこう、相手が有名すぎると素直になれませんです。


【中空のゴンドラ】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/160s, F8.0, EV0.0
c0084666_22523629.jpg


 目に入ったら撮らずにはおれず。このときは35mm一本つけっぱでしたんで、必然的にこの処理でございます。
 寄って見上げて...? いや、時間切れでおしまいでした...


【不在】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/2000s, F6.3, EV-0.3
c0084666_225255100.jpg


 日も場所も時間帯も変わりまして。
 横断中の一瞬の撮影です。線の交錯が面白そうだったので。
 なにが"不在"なのかは、ご想像にお任せ...


【じゃぱねすく in Sapporo】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/250s, F9.0, EV-0.3
c0084666_22531697.jpg


 めっけた瞬間、おっしもらったぁ、だったんですが、
 このまま撮ったらぜーったい、アメリカだって言われるよなぁと。
 "荘"の一文字は和の心意気でございます。

 ...いやほんとは、札幌の住宅街で和風を探すのはほぼムリだといいたい、のが本音かもしれず。なかなかしんどいです、実際のところ。

by atCommA | 2006-11-24 22:54 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 11月 23日
モノクロの日。
いつもの牧草地にて。
なんだかふっと、そんな気になりまして...なってしまったらあれもこれもってなもんで、モノクロ前提を何枚か撮りました。
少なくとも帰国後は初めてですね。

【A Frosty Rosetta】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/40s, F5.0, EV0.0
c0084666_21211723.jpg


 霜の乗ったタンポポ。"ロゼッタ植物"であるのはたしかなんですが、"ロゼッタ"単独で使うのは用法誤りかもしれません...
 とそれはともかく、
 なにしろ形状と明暗だけに惚れましたもので、これはもう確信のモノクロで。


【主待ち】  Ai AF Nikkor 35mm F2D  1/15s, F3.2, EV0.0
c0084666_21214473.jpg


 牧草地を貫く道路のアンダーパスに、所在なさげにたたずむトラクター(の類)。なかなか感情移入しやすいヤツでした。
 本体は赤系にペイントされてるんですが、ここは光と影に単純化で。


【むきだし】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/100s, F14.0, EV-0.7
c0084666_21221069.jpg


 トウモロコシ畑、の残骸。ここは何度か撮ってますが、ややシュール風味を添えたくて、後ろのビルとパンフォーカスです。
 処理としては、モノクロ化以前にカラー明度を弄りまくって、フィルタつけたような方向を考えてみました。そのぶん、アンシャープマスクやコントラストはごく控えめです。


しかし考えてみたら、わざわざやらずとも間もなく、そこらじゅうがモノトーンに染まるんでしたよ...
by atCommA | 2006-11-23 21:22 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 11月 22日
白の刻印
札幌地方、ただいま吹雪いております。

本日夕方からのことでして、それまでは実に暖かかった...ぬくぬくと雨が降っておりましたです。
今回の雪で、ようやく冬本番。

ということで在庫から、前回降った雪の名残りの写真をいくつか...


【ひとすじ】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/250s, F8.0, EV0.7
c0084666_18214437.jpg


 西岡水源地は、湿地帯の中を木道が通る、よくある造りになっております。遅い初雪から二日ほど経った昼、ご覧の通りの状態で。
 これがねぇ、板張りの上に氷が浮いてるわけでして、実に実によく滑る。三度ほど体勢崩しかけました、危ない危ない。


【影さす光】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/250s, F9.0, EV0.3
c0084666_18221935.jpg


 ↑のさらに三日後、野幌森林公園。森の中だとしぶとく残りますね。紅葉に積もる雪、はさすがにムリなので、せめて落ち葉で。


【生命の色】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/100s, F10.0, EV0.7
c0084666_18223438.jpg


 しかし枯れゆくものばかりではなく、よくよく探せばこういうものも見つかったりします。こうなると、マクロ遊びも俄然楽しくなりますね...膝は冷たいですけども...

by atCommA | 2006-11-22 18:23 | 撮りメモ:Nature | Comments(12)
2006年 11月 21日
曇天模様に光は回る
【空は高く、けれども重く】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/800s, F8.0, EV-0.3
c0084666_21175871.jpg


 北海道開拓の村、入り口。由緒ありげに構えておりますが完全に今出来の建物でして、遠目のデザインだけです。
 ま、天候ご紹介カットですね。


【冬の芽吹き】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/250s, F6.3, EV0.0
c0084666_21181867.jpg


 森の湿地帯にて。なぜわざわざこの季節に、と思うんですが...
 水は引き締まって冷たく、薄い雲からの陽射しは透明ながらも柔らかく。なかなかに、"営み"を感じさせる光景でした。


【立ち枯れに光積む】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/200s, F9.0, EV0.0
c0084666_21184021.jpg


 穂の長いいわゆるススキを、ほとんど見ません。だいたいがこいつら...セイタカアワダチソウ、でしょうか(違うかも...)。
 ともあれ、斜光の逆光に輝くさまはそれなりの風情です。この綿毛がなかなか手強くて...光をつかまえにくく、構図も厄介。
 処理としては今回は輪郭強調一切なし、トーンカーブと彩度若干いじりです。

by atCommA | 2006-11-21 21:19 | 撮りメモ:Nature | Comments(2)