<   2006年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
2006年 12月 31日
お世話になりました
引き続き、朝里小樽散歩より。

【お見送り】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/160s, F13.0, EV0.3, ISO200]
c0084666_9203416.jpg


 巡視船を見送る、鵜の集団。実際、えらい数がたむろしております。じっくり腰をすえて生態観察も面白いかもしれないんですが、なんせこいつら、可愛げというものに欠けておりまして...いまひとつ食指が動かず。
 船の方は、10月に高島漁港付近でメンテ受けてたヤツの同型...もしかしたら同じ船体かもしれませんね。


【破れ傘】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/400s, F5.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_9204452.jpg


 このあたりでよく見かける電灯の傘。型式も錆びれ具合も、みぃんなおんなじような調子です。海風浴びまくりですもんね、錆も浮きますわな。


【鮮やかにして、よし。】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [17.00(25)mm, 1/1000s, F7.1, EV-0.3, ISO200]
c0084666_9205976.jpg


 こもれびさんでラーメンをご馳走になったあと、国道5号線沿い。これだけすぱっと色出されると、反射的に撮っちゃいます。12-24mm、久々の登場。


【すいへいせん】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/500s, F9.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_9211450.jpg


 朝里川、河口。なるほどここをSLが通るってのはたしかに惹かれるものが...と思いつつ、あえて電車もなんもいないカットを。
 陸のあれこれに比べ、水平線と空の、なんと落ち着いて広々としていることよ。


ということで、本年最後は日本海の青で〆とさせていただきます。
来年もまた、よろしくお願い申し上げます...
by atCommA | 2006-12-31 09:22 | 撮りメモ:Town | Comments(12)
2006年 12月 30日
竿っぽいものたち。
さて、四拾参歳最初の更新(くどいっ)...
先日の朝里小樽散歩、まいります。年をまたいでしばらくこのシリーズが続きそう、ぼちぼちとお付き合いくださいませ。

【到着、10時丁度。】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/1600s, F5.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_15202217.jpg


 イントロ。朝里駅、私を連れてきてくれた列車。ピント面からボケへのなだらかさがお気に入りです。


【雪に浮かぶ】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/1250s, F3.5, EV-0.3, ISO200]
c0084666_15204550.jpg


 漁船に使う旗ですが...港のあれこれの隙間から、ちょいと失礼して撮影。たぶん測光だか絞り系統だかがちょいと狂って意図せぬハイキーに振れましたが、怪我の功名だったようで。


【路標 I 】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [145.00(217)mm, 1/1600s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1521365.jpg


 丙号距離標、というらしいです(たぶん)。
 海っぺりを走る函館本線、海風に耐え雪に耐え。ちっぽけながら、きりりと締まったいい風情で。


【路標 II 】
  FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [1/250s, F9.0, RVP, GT-X900]
c0084666_15212415.jpg


 乙号距離標、というそうです(こちらは確実。なにぶん鉄分少ないもんで...)。
 雪の路面と海と空、ぜんぶ串刺しに刺し通して、ぽつねんと空を見ておりました。

by atCommA | 2006-12-30 15:22 | 撮りメモ:Town | Comments(8)
2006年 12月 29日
街の顔
12/25、円山に登ったあとは、あたりをぶらぶらと街撮り。意識してかせずにか、看板ばっかり撮ってました。

【ひるあかり】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/125s, F8.0, RVP, GT-X900]
c0084666_19122078.jpg


 ちょっとokoさん風味? 佇まいにやられちゃいました。


【光ひとすじ】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/125s, F5.6, RVP, GT-X900]
c0084666_19123782.jpg


 微妙な光で...見つめて撮るのが大変に楽しゅうございます。


【声は破れて】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/60s, F4.0, RVP, GT-X900]
c0084666_19125743.jpg


 以前にも一度撮った、喫茶店の店先。この目線だと、もはや黄昏きっちゃってますねぇ。


四拾弐歳最後の更新がこの内容。もうちょいしゃきっと明るく〆たかった気もしますが、まぁそのぶん明日を明るくということで...
by atCommA | 2006-12-29 19:15 | 撮りメモ:Town | Comments(8)
2006年 12月 28日
赤の祭典。
「赤が好き」シリーズは、結局鳴かず飛ばずで尻つぼみですので...
思いついたときに、単発で適当に赤テーマでやろうと思います。
といっても、撮ってるときに意識してるわけじゃないんですけども。今回はたまたま、気が乗ったコマが赤かった、ということで。

それにしてもしかし...
ariariさんDENZIさんの素早さには、まぁなんというか...感心するわ呆れるわ笑っちゃうわ。そのとんがり具合、おみごとです。
そういう方々に刺激を発信できただけで、いやいや望外でございます。


【やすらぎ】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [135.00(202)mm, 1/400s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_22204436.jpg


 円山登山道入り口のお地蔵さん。数日通ってみたところでは、一番好きなカットです。雪って難しい...


【朱、一色。】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/400s, F3.5, EV0.0, ISO200]
c0084666_2221419.jpg


 背景のモノトーンは、狙ってました。ほとんどノーレタッチです。
 ボケがうるさいか、一歩手前か...撮り手としては、一歩手前と思ってるんですが...


【ここに在り】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/5000s, F2.8, EV-0.3, ISO200]
c0084666_22221844.jpg


 円山を降りたら、目の前にあったんですよ。あったんです。あれば撮っちゃいます...
 というだけのカットなんですが、妙に愛着がありまして、本日の〆でございます。


今年も終わりますねぇ...年末年始にふさわしい画を、と思わないでもないんですが、どうも淡々と街撮り写真を流していくことになりそうです。ま、それもそれで、悪くないかなと...
by atCommA | 2006-12-28 22:26 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 12月 27日
枯れの季節
リズムとしてそろそろネイチャー系をということで、12/20、藻岩山での撮影を。
ひぃこらいいながら雪道を山頂まで登ったんですが、どうも苦労のわりに撮るものが少ない...写真のためなら頂上まで行かずに、山麓あたりでじっくり待った方がいいです、たぶん。

【乾いた光】
  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  [280.00(420)mm, 1/400s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20443054.jpg


 落ちることもままならず、引っ掛かったまま置き去りにされてます。よくある光景ですけども、光の抜け具合が好みでした。


【ちょこなん】
  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  [400.00(600)mm, 1/160s, F7.1, EV0.0, ISO200]
c0084666_20444883.jpg


 コゲラ。いっつも木に張り付いてるのを横から狙うだけで、このアングルで撮れるのは珍しいので...画は甘いんですが、特別救済措置で。


【雪の大地】
  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  [165.00(247)mm, 1/640s, F7.1, EV0.0, ISO200]
c0084666_2045292.jpg


 針葉樹林が雪肌を縫い付ける感じって、独特のものですね...そんなことが珍しいようじゃ、まだまだ北国の人間になりきれてないってことでしょうけども...


じゃじゃ馬80-400mm、頑張ってくれてます。「描写のために絞り込む必要」さえなければ、もっともっと使い出が増すんですけどもねぇ。
by atCommA | 2006-12-27 20:46 | 撮りメモ:Nature | Comments(12)
2006年 12月 26日
Twilight In Sapporo
本日二回目の更新です。どうも、これを上げちゃわないと落ち着かなくて。

普段、日暮れ時からはお仕事タイムに入りますので撮影できないんですが...
その"日暮れ時"がどんどんと早まるおかげで、夜景までは無理にせよ、黄昏の光景はなんとか撮れないこともない、ようになってきております。
ということでやや強引ながらやってみた、昨日12/25の日暮れ時。

【群青の日暮れ】
  Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/2000s, F2.2, EV-0.7, ISO200]
c0084666_21471744.jpg


 イントロ。珍しいことに一日快晴で、暮れ時も蒼が深まります。ちょっと強めのアンダー補正で雰囲気強調。


【暮れへのいざない】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/1250s, F2.8, EV-0.3, ISO200]
c0084666_21473483.jpg


 このレンズでやりたかったことのまず第一、だったかもしれません。
 雰囲気だけがずっと頭にあったんですが、札幌駅前のある通りで、ぱしっとその雰囲気が映像を結んでくれました。


【家路】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/8s, F3.5, EV0.3, ISO200]
c0084666_21481327.jpg


 こちらは地元に帰り着いてからで、スローシャッターどこまでいけるかなってことで...ん、ブレが気になりにくい絵柄にも助けられてますが、まずまずでしょうか。


一枚目だけ35mm F2Dですが、やはりこの条件ではボケを求めるに無理があるわけでして...どのみち万能じゃないのなら、80-200mmがこの結果を出してくれているってのは、なかなか心強いんじゃないかなぁ、と。まだまだしばらく、はまりそうです。
by atCommA | 2006-12-26 21:49 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 12月 26日
街をきれいにっ
先日、引き出しの隅っこでネガフィルムを一本見つけまして...
なんのつもりでいつ頃買ったヤツかすら、わかりません。確実なのは渡米前からあることで、まぁ少なく見積もっても一年半は、ほっとかれたものです。さてどうすんべ。

捨てるくらいならとりあえず使ってみようってことで、ざざーっと撮ってみました。かなり変質しちゃってるんじゃないかと思ったんですがさほどでもないようで、一応写ってます。ただ、コマによっては相当手をかけないと、それなりの画にすらなりません。
モノ自体に信頼が薄かったんで気合もいまひとつの中、とりあえず自分なりに引っ掛かったものを二枚ほど...


【おとしもの】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/125s, f4.0, FUJI S400, GT-X900]
c0084666_20414792.jpg


 雪国のゴミ捨てモラルってのは、残念ながら悲惨なものです。どうせすぐ雪に埋もれちゃうからってんで、なんでもかんでもポイ捨てされます...タバコのパッケージ、吸殻、コンビニ弁当の殻、わんこの落し物...
 なくなっちゃうわけじゃないんですよー、春になりゃ全部出てくるんですよー。雪の集積所から川に流れ出す汚染が、ものすごいことになってるんですよー

 スキャン時に"褪色復元" ON、NC4で彩度とシャープネスいじってます。


【わすれもの】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/250s, F4.0, FUJI S400, GT-X900]
c0084666_20424100.jpg


 土曜の朝、札幌駅前にて。前夜、誰かさんが酒でも呑んで、ぽろっと置き忘れたんでしょうかね。なんとなく情景が浮かぶような気がして。
 こちらは、極力普通の画像になるように調整しました(これでも)。


本日はおまけが少々...小樽のフィルム一本勝負関連ですが...
↓↓↓

おまけを見る
by atCommA | 2006-12-26 20:44 | 撮りメモ:Town | Comments(9)
2006年 12月 25日
頑張って新モノを御そうとしてみる。
一昨日の小樽。フィルム一本勝負がはねたあとの、そぞろ撮りでございます。
結果として、80-2OOmmの開放お試し大会になりました。ま、このレンジのF2.8ってのはずっと使いたかった世界なんで、当分はこれにはまってしまうでしょうね...

【浪漫を燈す】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/100s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_2151336.jpg


 小樽駅ホーム。さすがガラス工芸の街、こういうのはお手の物ですな。


【待ちわびる】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/320s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_2185544.jpg


 SLクリスマス号、到着待ち。いやその、SL本体よりも風情がある光景に思えまして。
 モデルの方(...)には撮影後に液晶でお見せした写真なんですが、アップするお断りはしておらず...勝手やりまして申し訳ないです...
 SLも撮ることは撮ったんですが、ロケハンもなにもせずにぽろっと行ったってどうなるものでもなく...あえなく敗退。


【それぞれの行き先】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/200s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_2191362.jpg


 この日唯一の、横位置撮影。解説もつけようがないようなものなんですが、リズム感が心地よかったので。


【浜茹での灯り】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [116.00(174)mm, 1/80s, F2.8, EV1.0, ISO200]
c0084666_2194317.jpg


 暮れ行く街の土産物屋の店先。沁みます。


【雪中行進】
  Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [110.00(165)mm, 1/40s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_2195945.jpg


 商店街アーケードの光が、出口の雪をいい具合に照らしてくれました。。


今回の小樽シリーズ、以上で終了です。歩き回ってみて、やっぱり写真的な街だなぁとあらためて思います。やー、また行きたいですねぇ...
by atCommA | 2006-12-25 21:11 | 撮りメモ:Town | Comments(18)
2006年 12月 24日
職人芸に脱帽しまくるの巻。
ainosatoさんDENZIさんhirosさんariariさん本部長さん、昨日はどうもありがとうございました。okoさん、乱入お疲れさまでした。

勝手自侭に小樽を歩き回りながら、レンズ一本つけっぱなしのカメラでフィルム一本撮りきるという、"一本勝負"。銀塩のみで固め撮りって、こういうことでもないとやりませんもんね、実に新鮮でした。DPEから仕上がってきたプリントをそのまま眺めあうというのも、これまた新鮮極まりなく。

さて
昨夜は妻の実家泊まりでして作業環境ネット環境なにもなく、すっかり出遅れてしまったのですけれども、
本日昼頃にネガのスキャンを始めましたところが、
愕然。

皆さんおっしゃっているように、昨日DPEをお願いした小樽写真販売さんの腕のよさ。6本のフィルムを40分ばかりで仕上げられたその色の見事さに全員大騒ぎだったわけですが、
やー、出ません出せません、あの色。足元にも及ばないどころか似ても似つかない、まるで別の写真にしか見えない画像しか出てこないんです、スキャナから。

お手本は目の前に、しかもプリントというリアルな物体として存在しているわけで、少しでもその存在感に近づけたくて、パラメータ弄りまくりの文字通り格闘...
一律で(たとえば)赤みを取る方向に調整、じゃダメなんですね、こっちのコマは赤が強いけど、あっちのコマは逆に赤が弱い。明らかにコマ個別の調整が必要で。

いやぁ...小樽写真販売さんの職人芸には舌を巻きっぱなしです。せいぜい自分なりに、お手本片手に追い込んでみた何枚かを、やっとこさのアップでございます...


【暗がり】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm [1/250s, F3.5, CENTURIA400-SII, GT-X900]
c0084666_21524849.jpg


 南小樽から始まった一本勝負散策、前半はほとんど廃系破れ系ばかりに目が行っちゃいまして。


【板塀の顔】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/60s, F8.0, CENTURIA400-SII, GT-X900]
c0084666_21532323.jpg


 神社の朱色には惹かれるけども、撮るとなるとけっこうな難物。むしろ剥げかけのこいつならどんなもんだろうと。


【風の赤】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/60s, F4.0, CENTURIA400-SII, GT-X900]
c0084666_21534231.jpg


 このあたりで、風情というにはつらい降りになってきました。相棒にこのレンズを選んだのは、写りがいい・FM2nと相性がいい・ピントリングが太くて左手で握りやすい、に加えて、
 "前玉が引っ込んでるから雪粒が付きにくい"
 けっこう重要なポイントでした。


【筆凍る】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/125s, F3.5, CENTURIA400-SII, GT-X900]
c0084666_2154173.jpg


 せっかくマクロレンズなんだから、一枚くらいやっておかないと。変哲もない、みやげ物のTシャツです。



【いざなう】
  FM2n, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [1/250s, F4.0, CENTURIA400-SII, GT-X900]
c0084666_21542150.jpg


 骨董屋さんの店先。この店、以前いろいろ買い物したこともありまして、ふらふらと足が向きました。
 強さを増してきた風に、暖簾が揺れる瞬間を狙って。


フィルム一本のノルマを果たしたあとはちょこちょこD70で撮ったりするわけですが、それはまた改めまして...

ちょっとした語らいやら宴席のあれこれやらが、とてもとても楽しく...いい時間を過ごさせていただきました。重ね重ね、ありがとうございました。
出来ましたら次の機会も、またぜひよろしくお願いいたします...
by atCommA | 2006-12-24 21:59 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
2006年 12月 23日
金属系
本日は一日小樽方面にお出かけ...ですので、朝一番で今日の更新済ませちゃえということで、在庫から。
もののついでに撮ったメタリックなものどもを、撮影日ばらばらの脈絡なしで並べてみます。

【地階のシンメトリー】
  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/250s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_7543113.jpg


 札幌東急デパート地下、ふっと体が反応しちゃって脊髄反射撮り。


【つらがまえ】
  Auto Nikkor-S C 50mm F1.4  [55.00(93.5)mm, 1/100s, F16.0, manual, ISO200]
c0084666_7544634.jpg


 このレンズ、やはり面白いです。本日のフィルム一本勝負の相棒は、こいつに決定。


【北の街に鳴り響け】
  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/160s, F22.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_755295.jpg


 藻岩山頂展望台、幸せの鐘。存在からしてどうもむず痒くなるようなもんですからして、思いっきり真正面から撮ってやりましたどうだ自分ながら恥ずかしいだろううりうりうり。
 ...ちなみに雪が積もった状態で始めて徒歩で登りましたけど、やっぱり荷物は減らさないとしんどいです。アイゼンで足元確保してるとはいえ、雪の斜面を踏み登る負担はけっこうなものでして...

by atCommA | 2006-12-23 07:55 | 撮りメモ:Town | Comments(6)