<   2007年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2007年 02月 28日
それが当たり前、の風景 ~ II ~
さて中山峠を下りまして、

・右折して岩内でマリンブルーとホタテの浜焼き
・いっそ素直にまっすぐ洞爺湖に走って温泉とわかさいも

などなど考えたのではありますがしかし、

思わず左折してしまいました。
せっかく下ってまた上がる、美笛峠。結局は、高いところが好き。

駐車スペースの壁をよじ登って、遥か眼下に見える深い蒼色を撮ってみたりもしましたが...それはそれでたいへんに心地よく、目も洗われる眺めであったのですが...

写真としては、あまりにもありきたり。

じゃぁもういきなり、深い蒼色を見ていただこうと。R276、一気に走り下ります...下りるなら下りるで、とことん下ります...


【蒼の湖畔 I 】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/500s, F10.0, EV-1.0, ISO200]
c0084666_19514795.jpg


【蒼の湖畔 II 】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/400s, F10.0, EV-1.3, ISO200]
c0084666_1952125.jpg


 昨日に引き続きまして、ヨコタテ絵葉書風味二連発。"深い蒼色"、支笏湖です。山はたぶん、恵庭岳。

 このポイントは初めてで...276号線からここまで降りられるってのも知りませんでした、らっきぃ。邪魔者いっさいなしで、じっくり湖を眺められます。


【出迎えのモービル】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1000s, F7.1, EV-0.3, ISO200]
c0084666_19522199.jpg


 岸辺は、自然の彫刻の宝庫でした。そういえば氷濤まつりってやってたですけど、やっぱり天然モノは一味違うんではないかと...


【氷の牢獄 I 】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/80s, F7.1, EV-0.3, ISO200]
c0084666_19524042.jpg


【氷の牢獄 II 】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/800s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1953528.jpg


【氷の牢獄 III 】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/500s, F7.1, EV-0.7, ISO200]
c0084666_19532232.jpg


 この力強さ...をストレートに出したくて、モノクロです。


まずは様子見、くらいのつもりで身軽に単焦点二本だけ持って降りたんですが、そのまますっかりはまってしまいまして、腰据えてあれこれ。
このポイント、明日も続きます。
by atCommA | 2007-02-28 19:55 | 撮りメモ:Nature | Comments(8)
2007年 02月 27日
それが当たり前、の風景 ~ I ~
2/26。車でぐるっと一回り、して来ました。

まずは一発目、中山峠でございます。

【蝦夷に富士あり I 】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [86.00(129)mm, 1/1250s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20471153.jpg


【蝦夷に富士あり II 】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [80.00(120)mm, 1/2000s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20472917.jpg


【蝦夷に富士あり III 】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/3200s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20474734.jpg


 あげいもの かほりもたかし 羊蹄山。

 思いっきり絵葉書調です。単純にヨコタテってのも芸のない話ではありますが、縦の方が..."ちょっとした余計なモノ"が目立ちにくいということで。どーでもいいんですが。
 三枚目の、やや奇怪な気もするオブジェは、アスパラガス。このあたり(喜茂別町)が、アスパラガス本格生産開始の地だということのようで。

 ちなみに、あげいもは今回、我慢しました...体絞らなきゃキャンペーン中ですもんで...


【どしゃ】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [170.00(255)mm, 1/2500s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_2048437.jpg


【ぐしゃ】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/1600s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_204836100.jpg


【めしゃ】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [185.00(277)mm, 1/2500s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20482020.jpg


 駐車場の一角では、せっせと作業中。除雪車、全力全身でぶち当たっております。


【全員集合】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/1600s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20494098.jpg


 というわけで、全部足すとこうなります。えーとまぁ、いい天気でしたってことで。けっこうこんな色合いが、普通当たり前でございます。ちなみに、リサイズとアンシャープのみ。


あげいもに想いを残しつつ(...)中山峠から下りまして、さてどっちに行こうかな...
明日に続きます。
by atCommA | 2007-02-27 20:50 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
2007年 02月 26日
A Day with Blue.
2/25、って昨日ですね...ご近所ほっつき撮りです。
あろうことか、私の赤センサー、動かなくなっちゃったみたいで...青ばぁーっかり、目につきました。んーむ。

【青飽和。】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [18.00(27)mm, 1/2000s, F6.3, EV-0.7, ISO200]
c0084666_2010059.jpg


 のっけからこれですもんね...ひたすらに、青。ご丁寧に、名前もね...
 いや、名前はあとから気づいたんですよっ...


【胸元まで埋まる。】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [80.00(120)mm, 1/6400s, F3.5, EV-0.3, ISO200]
c0084666_20103176.jpg


 なんか訴えかけられた気がしたのですが。
 しかしひたすら、春を待つしかないのだよ...


【蛇模様。】
  D70, Micro-NIKKOR-P Auto 1:3.5 f=55mm  [55.00(77.5)mm, 1/1600s, F5.6, MANUAL, ISO200]
c0084666_20104736.jpg


 55mmってAPS-Cで使うと、それだけで破壊力あるレンジです...ってことに、ようやっと最近気づいたような。


【たどりつければ。】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [18.00(27)mm, 1/320s, F10.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_2011248.jpg


 〆は、近くて遠い青ということで。見えてはいる、んですけどもね...


今回もまた、イキモノ不在の街撮りになっちゃいました。いかんですなぁこういうことでは...
by atCommA | 2007-02-26 20:12 | 撮りメモ:Town | Comments(12)
2007年 02月 25日
前略 久世 駿平 様
連載終了から、早や六年
一度は訪れたいと思っておりました静内へ、やっと詣でることが出来ました...

【蒼天に憩う】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1250s, F8.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_23304835.jpg


 二十軒道路沿いの牧場にて。いやもう...雪が薄いったら...
 これだけの空間で育成される馬たち。幸せもんだよなぁ、と、手放しで思っちゃいます。


【遊戯】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/4000s, F4.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_23313924.jpg


 うん...綺麗な生き物だ...捉えきってあげられず、まこと申し訳ない...


【山に抱かれて】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/2000s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_23322022.jpg


 二頭前後して、のんびりと調教中。バックは日高山脈、でしょう、たぶん。


【点のリズム】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/4000s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_23323991.jpg


 上の柵のごしゃごしゃを整理したカットもあるんですけども、どうにもつまんなくて...あえてこちらで。

 馬はおもしろいですね、柵越しに見詰めあってると、なにやら通いあってくるような気になれます。また撮りに行きたいなと思わせるものがありました。


【深く静寂の緑 I 】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [18.00(27)mm, 1/1250s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_2332555.jpg


【深く静寂の緑 II 】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [18.00(27)mm, 1/640s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_2333758.jpg


 静内湖。ここから先は、落石の危険ありで通行止めでした。そういうことでもないとどこまでもまっすぐ走っちゃう癖がありますもんで、助かった助かった...
 不思議な静けさの水でした。吸い込まれないうちに、退散退散。


【風、遥か】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/800s, F8.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_2333207.jpg


 帰路に立ち寄ってみた岬です。太平洋だぁ、ってだけで感動できる私ですが、それにしても雪がない。ちらっとあるだけに、少なさが際立つというもんで。はしゃいで走り回っちまいましたです。


ところで、
私は静内までの往復で、そこそこじゅうぶんくたびれたんですけど...
初日の出に襟裳岬往復って、やっぱ尋常じゃないような気がいたしますがっ。
by atCommA | 2007-02-25 23:36 | 撮りメモ:Nature | Comments(12)
2007年 02月 24日
黄金の朝。
2/22 夜明け、ウトナイ湖を再訪。

【冷気みなぎる】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/6s, F7.1, EV0.0, ISO250]
c0084666_2313533.jpg


 零下10度くらいだったかな...数字としてはたいした寒さじゃないんですが、そこにカメラを構えてじっとして居続けるっていうのは、また別の辛さになります。両手両足、爪先が痛い痛い。
 ...と、私は思うんですけどもね...ヤツら、その中で寝てござる...


【ほのぼんやり】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/50s, F5.6, EV0.3, ISO200]
c0084666_23141572.jpg


 日の出直前。光が移り変わる狭間で、色がなにもなくなる瞬間...なんですけどもやっぱり、パステル調の豊かさってのはそれなりに、代えがたく。


【陽に融けて】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/2500s, F5.0, EV1.0, ISO200]
c0084666_23143691.jpg


 脳裏に浮かんでたイメージその一が、まぁ...こんな雰囲気でして。
 ピントを奥に逃がしたのはとっさのことでしたけども、結果的にはまぁ、おーらいだったか、と。


【薄靄に影落とし】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/1250s, F5.0, EV1.0, ISO200]
c0084666_23145784.jpg


 カモのほうが寝ぼすけなんですね。ちょいと意外でしたが。


【暁舞】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/2000s, F5.0, EV0.7, ISO200]
c0084666_23151437.jpg


 お約束のポーズ。やっぱり、この色の中で撮りたくて。


ウトナイ湖。

今回はたまたま(実は某写真集の影響もあったりしまして)、白鳥メインに追うことになりましたが...
本来、それどころじゃない場所のはずです。渡り鳥のメッカであり、渡り鳥の周辺に集まるあれこれのメッカであるのであって...

春夏秋冬、折にふれ折につけ、通ってみようと思っております。
by atCommA | 2007-02-24 23:17 | 撮りメモ:Nature | Comments(10)
2007年 02月 23日
油染みに歴史あり
2/20、久々の単焦点街歩きです。年季の店先を、少々。

【刻印 I 】
  D70, Auto Nikkor-S C 50mm F1.4  50.00(75)mm, 1/160s, F5.6, MANUAL, ISO200]
c0084666_2014760.jpg


【刻印 II 】
  D70, Auto Nikkor-S C 50mm F1.4  50.00(75)mm, 1/160s, F5.6, MANUAL, ISO200]
c0084666_20266.jpg


【刻印 III 】
  D70, Auto Nikkor-S C 50mm F1.4  50.00(75)mm, 1/80s, F2.8, MANUAL, ISO200]
c0084666_2022067.jpg


 こういう状況にはぴたりとはまる、オールドレンズ。二枚目はみごとに樽ですけど、私はその方面の収差はあまり気にならないタチなんで。
 三枚ってのはちょっとどうかと思ったんですが...頑張ってみたんですけど、これ以上絞りきれませんでした。たはは。


【煤語り I 】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/250s, F4.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_2065052.jpg


【煤語り II 】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/40s, F5.6, EV-1.0, ISO200]
c0084666_2025321.jpg


 こちらは別の焼き鳥屋さん。外壁が油と煤でコーティングされて、もはやなんだか別のモノに。
 レンズは35mmですけども、んー...多少すっきりしすぎますが、悪くはないかなと。


雪道をてってこてってこ...15km...歩いて、ネタこれだけ。なんかもう、根本的に自分の目が間違ってるような気がしてきました。

てことで、街撮りはやっぱりちょいと置いときまして...明日は宣言どおり、ウトナイ湖リベンジ篇をお届け、の予定です。
by atCommA | 2007-02-23 20:09 | 撮りメモ:Town | Comments(18)
2007年 02月 22日
たまにはロケハン。
2/19、月曜日。ウトナイ湖、初訪問。

渡り鳥の宝庫としては、一番身近なところではないかと。新千歳空港を越えるのはなにやらおおごとのような気がしてたんですが、なんのことはない、自宅から車で一時間ほどでした。
ネットでざっと下調べはしましたけども、こういうのはとにかく、現地体験しないとなにもわからんのが常でございます...

【氷原は目覚める】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/2s, F4.5, EV-1.0, ISO400]
c0084666_19592772.jpg


 着いたときにはまだ真っ暗...白むのを待ってファーストショットです。
 この時点でもう、カモ類の鳴き交わしが騒がしく、湖面を渡ってきます...

 ...って、"湖面を渡ってくる"ようじゃ遠すぎるんですけど...


【乱れ雲】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/13.0s, F4.5, EV-1.0, ISO400]
c0084666_19594844.jpg


 対岸近くの開氷面にたむろしておりました。のべつまくなしにぎゃぁぎゃぁと喧しいんですが、あるときふぅっと全員静かになって...
 次の瞬間、こうなります。ばさばさばさ~っと、一斉に離陸。いったい、どういう申し合わせになってるものやら。

 ブレは、この場合...織り込み済み、ということで...


【霞に憩う】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/200s, F6.3, EV0.3, ISO200]
c0084666_200730.jpg


 最近、この手の撮影が続いてるような。ん、あの方この方からの影響がものすごく如実です...


【朝陽さらさら】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [116.00(174)mm, 1/500s, F6.3, EV0.3, ISO200]
c0084666_2002883.jpg


 カモの群れがなにしろ遠すぎて、こういう組み方しか思いつけませんでした。


【朝風に吹かれて】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/2500s, F4.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_2005467.jpg


 ツグミくん。やっぱりそれなりの舞台に置くと、絵になります。


【みずあそび】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/2000s, F5.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_201172.jpg


 湖の反対端までてこてこ歩いて...あー、こっちにいたのか...
 ということで、ご挨拶カットです。


要するに、白鳥のいる場所を見積もり間違えたんですね。湖の左端にいると踏んだら、みごとに右端だったという...
ですので今回は、結果的にロケハンにならざるを得なかったんです。本番というかリベンジ必須なんですが、

実は本日、行ってきました(翻訳仕事の方もさぼってはおりませんです、為念)。
結果は、まぁそれなりでしょうか...成果は明後日くらいに見ていただける予定でございます...
by atCommA | 2007-02-22 20:05 | 撮りメモ:Nature | Comments(18)
2007年 02月 21日
雪に生きる
2/17撮影の続きです。円山から藻岩山に向かい、慈恵会登山口からわっせわっせと登ります。

【たっぷりしっかり、あさごはん I 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/400s, F5.6, EV0.0, ISO400]
c0084666_1729266.jpg


【たっぷりしっかり、あさごはん II 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/320s, F5.6, EV0.0, ISO400]
c0084666_17291492.jpg


【たっぷりしっかり、あさごはん III 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/320s, F5.0, EV0.0, ISO400]
c0084666_17292549.jpg



 いきなりのお出迎えでして...オニグルミで、朝のチャージ中。かりかりかりかり、響き渡ります。三頭ほどが、思い思いに齧っておりました。
 飯食ってると、とりあえず警戒解きますねこいつら。撮りたい放題寄りたい放題でした。

 I は真正面なのがウリで、表情としては II がお気に入りで、III はひたすら寄り寄り...
 実際 III ばっかでもしょうがないんで、I やII なんかのときは、サンヨン構えたまんまで雪の上をずるずると匍匐後退しております。なんとなく、贅沢ぅな話ではあります。



【ふんわりこもり】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/2000s, F9.0, EV-0.3, ISO400]
c0084666_17294096.jpg


 倒木の根っこの吹き寄せ。

 ...え? ISOがどうかしました?


【息づく文様】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/4000s, F6.3, EV0.0, ISO400]
c0084666_1730183.jpg


 35mmでも300mmでも撮りました。なんというか魅力的に見えまして、

 ...え? あいえすおーがなにか?


【語る背中】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/1600s, F5.0, EV0.3, ISO400]
c0084666_17301593.jpg


 下山のときにも、一頭だけですけども会えました。
 んじゃまたな、と、一声かけて...藻岩山終了。


【ひたと見据えて】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/640s, F5.0, EV0.3, ISO400]
c0084666_17302828.jpg


 おまけ。ものはついでと立ち寄った西岡公園で、ミヤマカケスが出てきてくれました。


 円山/藻岩山/西岡水源地と回って、それでも昼前には帰宅できるという...早起きはまこと三文の得でございます。
 それにしてもリスをこういう近さで撮れたのは、一昨年暮れのアメリカ以来のことで。なんだか最近、ミヤマカケスも小鳥たちも、よく寄ってくれてる気がします。
 まさかサンヨン効果ってこともないでしょうけど...ま、ありがたやありがたや。
by atCommA | 2007-02-21 18:13 | 撮りメモ:Nature | Comments(18)
2007年 02月 20日
目覚めの円山
2/17、夜明け。円山に登ってみました。

【明けの群青】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [25.00(37)mm, 1/25s, F4.0, EV-0.7, ISO400]
c0084666_19484484.jpg


 登山道、山頂手前から。ようやく、しじまから鳥の声が響き始めた頃です。下界にはまだ、街灯の光がちらちらと。


【ひび割れた夜明け】
  D70, AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  [18.00(27)mm, 1/200s, F5.0, EV-0.3, ISO400]
c0084666_1949047.jpg


 円山山頂から。もちろんひび割れてるわけではなくて、雪化粧の市街を見下ろしてるってだけなんですが...ま、イメージでございます。


【来光】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [125.00(187)mm, 1/500s, F8.0, EV-0.3, ISO400]
c0084666_19491285.jpg


 せっかくですので...定番ながら一枚。
 しかし実は、撮る必然が一番薄くて...しかも枚数だけはたっぷり、要するに惰性で撮ってるような有様でして。朝日ご本尊より、雲を撮る方が気合乗ってたりします。


【開闢】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/640s, F8.0, EV-0.3, ISO400]
c0084666_19492882.jpg


 ほどなく、ご本尊は雲隠れ。で、この重層...思わずサンヨン使っちゃいました。


【くにうみ】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [125.00(187)mm, 1/200s, F8.0, EV0.0, ISO400]
c0084666_19513397.jpg


 ちょっとベクトルを変えて。
 左のほうにすっと一本立ってるのは北海道百年記念塔、通称カッターナイフでございます。


【こがねの祝福】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [185.00(277)mm, 1/1000s, F8.0, EV-0.3, ISO400]
c0084666_19515721.jpg


 昇りたて朝日のエンジェル・ラダーってのもずいぶんと贅沢な話、と思ったんですが...
 惜しいところで下界まで届かず、中途半端。ま、あんまりムリいうもんじゃないです。


【岩照】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/1000s, F5.6, EV-0.7, ISO400]
c0084666_19521217.jpg


 下山は裏ルートから。途中ワンポイントだけですが、こういう景色が見えます。
 山の岩肌に朝日が照り返すっての、昔っから妙に憧れがあるんですけども...
 この場合どう考えても、岩じゃなくて雪ですね。


登ってる間、何人もの方が、山頂から駆け下ってこられました。日の出もまだだというのに、です。
団体さんというわけではなくてんでばらばらだったんですが、みなさんけっこうお年を召してらして、ステッキ一本の軽装で、そして例外なく、細身でいらっしゃいました。恐らくは、単に日課、なんでしょうね。
そう遠くない将来の自分の姿なんだろうかと思いつつも...あの方々の軽やかさは、実に印象深く...とりあえず、もうちょっと体絞ろうと決意してみたのでありました。

てことで、円山下山のその足で、藻岩山に向かいます。続きは明日。
by atCommA | 2007-02-20 19:52 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
2007年 02月 19日
そろそろ鳥の日。
"二の次三の次"ですから...四番目くらいなら、いいっしょ...
先週後半の鳥撮りから。止まりモノばっかりですけども。四枚目だけ円山、他は野幌森林公園です。

【一文字仮面、見参。】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/500s, F4.5, EV0.0, ISO500]
c0084666_20231757.jpg


 シロハラゴジュウカラ。このあたりが、旧型サンヨンの近接限界です。つかまぁ、すっぴんででかく撮ったってだけですね。


【天地有用】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/320s, F4.5, EV0.0, ISO500]
c0084666_20233112.jpg


 ほんとは、"頭を下に向けたままで木の幹を駆け下りる"ってのがゴジュウカラの特技なんですが...なかなかうまいこと当たらないもので。せめてぶら下がりで代用。


【次はどっちに飛ぶべぇか】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4+TC-201S  [600.00(900)mm, 1/320s, F4.0, MANUAL, ISO500]
c0084666_20234523.jpg


 ツグミくん。そういえば久々に見ました。
 感覚としては、頭上はるかかなたってところです。TC-201S、まるでダメってこともない、くらいでしょうか...ん~ん、微妙...


【刹那の瞳】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/640s, F4.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_2024010.jpg


 どうも、シジュウカラよりもコガラと相性がいいようで、こればっかり。まぁいいんですけど、かぁいいから。


【下界もなべてこともなし】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4+TC-201S  [600.00(900)mm, 1/250s, F4.0, MANUAL, ISO200]
c0084666_20241434.jpg


 〆は例のアイツ。昼間でもありますし、多少なりとも目を開けてくれたってだけでそれなりに嬉しかったり。


もはや一脚持ち歩きもめんどくさくなっちゃって...ぜんぶ手持ちです。フクロウくんのアクション待ちなんて場合だったら圧倒的に三脚ほしくなりますけど、それも面倒なんでいつも出たとこ撮り...
とりあえずこれも芸風ということで...
by atCommA | 2007-02-19 20:24 | 撮りメモ:Nature | Comments(12)