<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2014年 07月 31日
骨の森~2
c0084666_21431361.jpg


c0084666_21431311.jpg


c0084666_21431315.jpg


c0084666_21431307.jpg


c0084666_21431332.jpg


Nikon FM2n, Ai Nikkor 20mm F2.8S FUJICOLOR400, PHOTOCDより
2014/06/27、野付半島にて

ここに立ってぐるりを見渡すと、自分がどこにいるのかわからなくなります。
比喩でなく、水の向こうにまた陸地っていう特異な地形に、緑に骨ですからね、
普通に知覚が狂うんですよ。

ラストなんて彼岸の巡礼にしか見えませんが、その実態は、
フェリー乗り場に向かう小学生の一団だという。も、わけわからん。



by atCommA | 2014-07-31 22:41 | 撮りメモ:Nature | Comments(2)
2014年 07月 30日
骨の森~1
c0084666_22054425.jpg


c0084666_22054486.jpg


c0084666_22054481.jpg


Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D FUJICOLOR400, PHOTOCDより
2014/06/27、野付半島にて

野付半島、トドワラ

野付半島のネイチャーセンターから遊歩道が延びておりまして、それはほどなく風雪にさらされてからっからになった木道に変わり、そしてこの、骨の森に至ります。
私は、来るまでまったく知りませんでした。岸辺の緑との対照が、なんとも異様。



by atCommA | 2014-07-30 22:12 | 撮りメモ:Nature | Comments(2)
2014年 07月 29日
鹿でもいいからと誰かさんはゆった
c0084666_19394015.jpg


c0084666_19394059.jpg
Nikon FM2n, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D
FUJICOLOR400, PHOTOCDより

2014/06/27 野付半島にて

野付半島って、日本最大の砂嘴なんですってね。知りませんでした。

とはいえなにしろ細長~いので、彼らの生活圏はさほど広くないと思うんですが...
元気に繁殖してるようです。
野生動物撮るなんてえらいこと久々なもんで、けっこう押ささっちゃいました。



おまけ:頭隠して
by atCommA | 2014-07-29 21:39 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2014年 07月 28日
風の、蓮の、湖。
霧多布から風蓮方面ならば、一般的には根室、知床半島の根っこ経由です。

んが、なんも予定を立てていない旅行とはいいつつ、そこは大人の判断です。
今回の行程で、そこまでの余裕は、ない。

44号線から分岐して、243号線を野付に向かいます。
途中、右手に濃厚な湖の気配を感じつつ、
流れ込む風蓮川を渡りつつ、
「風蓮」っていう地名表示だけでおなかいっぱいになりつつ、
しかし、
湖自体はちっとも視界に入ってきてくれない。

ハンドルは私でした。
助手席のにょーぼが、
「あー残念、ここからそろそろ湖から離れて行っちゃう」
とのたまった、そのときでした。

右側に分岐があったんですね、目立たないちっちゃな。

今にしてみれば単なる私道だった気もするんですが、
わたくし迷わず、よーそろしてしまいました。

結果。

c0084666_22463702.jpg


c0084666_22463714.jpg


c0084666_22463759.jpg


c0084666_22463834.jpg
Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D Ai Nikkor 20mm F2.8S
FUJICOLOR400, PHOTOCDより

2014/06/27 風蓮湖にて



光も音もすべて、湖面に吸い込まれておりました。
もはや、思い残すことなし。





by atCommA | 2014-07-28 22:53 | 撮りメモ:Nature | Comments(4)
2014年 07月 27日
無我霧中~2
c0084666_18465528.jpg



c0084666_18515012.jpg


c0084666_18455637.jpg


c0084666_18455614.jpg


Nikon FM2n, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D
FUJICOLOR400, PHOTOCDより

2014/06/27 霧多布湿原、霧多布岬にて

平地も岬もひとしなみに、ただただ霧の中。
岬は晴れれば絶景らしいんですが、さすがに再突端まで歩く気にもなれんほどの霧でした。
まぁ絶景は、積丹半島で堪能してるからいいか、と。

湿原は、実はこの方がイメージには合います。
黄色いのはエゾカンゾウ、またの名をニッコウキスゲ。

by atCommA | 2014-07-27 22:44 | 撮りメモ:Nature | Comments(2)
2014年 07月 26日
無我霧中~1
c0084666_23285287.jpg


c0084666_23285293.jpg


c0084666_23285232.jpg

Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D FUJICOLOR400 PHOTOCDより
2014/06/27 厚岸半島 あやめヶ原付近にて

太平洋岸をぐるっと回って、はよかったんですが、
なにしろ霧が。
私がハンドル握ってましたが、いやもうなんも見えん。
この世にいるとは思えん風情でした。

たまらず停めて、休憩がてらに。
持っててよかった望遠ズーム。

by atCommA | 2014-07-26 23:41 | 撮りメモ:Nature | Comments(4)
2014年 07月 25日
目覚めの霧
c0084666_21111869.jpg



c0084666_21111887.jpg


c0084666_21111854.jpg
Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D FUJICOLOR400 PHOTOCDより
2014/06/27 厚岸港にて

前日は結局、あまりの霧にめげまして、早々と厚岸の民宿に投宿。
コンキリエで食った焼き牡蠣の旨さが忘れられません。

翌朝。あいかわらずの霧でございます。
しかし厚岸とあっては、是が非でも漁港を一目、見ておきたい。

宿で朝飯食ってからの出立だったのに、漁船の出陣に間に合いました。
とはいえ、霧がまもなく驟雨となりまして、すぐさま車に避難。
そのまま霧の中を、外海周りで東に向かうのでした。


by atCommA | 2014-07-25 21:20 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2014年 07月 24日
逃避行
c0084666_19261601.jpg
c0084666_19261637.jpg
c0084666_19261693.jpg
Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D FUJICOLOR400 PHOTOCDより
2014/06/26、太平洋岸を釧路に向かう途上にて

海に出る手前から、ずんずんとガスってきまして...
もはや海も空も、定かならず。

ごーいんに撮ってごーいんに組みましたが、
足跡がこっち向いてる時点で、無理すぎです。
そりゃ、私が海水なめた帰りの足跡だもんっ。


by atCommA | 2014-07-24 19:36 | 撮りメモ:Nature | Comments(4)
2014年 07月 23日
一期一会
c0084666_22242703.jpg
Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D FUJICOLOR400 PHOTOCDより
2014/06/26、十勝清水から東に走る途中の、どっか。

助手席で信号待ちしていましたら、ただならぬオーラを感じて、ぽしゃっと。
この道を走ることも、この交差点で止まることも、
もはや生涯、二度とないかもしれませぬ。
でもま、出会っちゃいましたからね。この存在感に。

して、好天は、ここまで。


by atCommA | 2014-07-23 22:33 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
2014年 07月 22日
光あれ
c0084666_21095789.jpg
c0084666_21095798.jpg

Nikon FM2n, Ai AF Nikkor 35mm F2D FUJICOLOR400 PHOTOCDより
2014/06/26、十勝清水付近にて

6/26-30、早めの夏休み。

道東エリアのドライブ旅行は、ウチのにょーぼ殿長年の宿願でありました。
前の晩遅くに帰札したんですが、ハイシーズン手前の平日ならなんとかなんべぇと、
宿もなんも決めずにとにかく出発。

昼時に高速降りて運転変わって、助手席から好みの色合いが目に入っちゃったら、
そりゃ、押します。

帰ってきたぜ、北の大地。


んまかった。
by atCommA | 2014-07-22 21:27 | 撮りメモ:Nature | Comments(8)