2017年 08月 14日
三浦半島、波しずか~Ⅶ
1
c0084666_20475030.jpg





2
c0084666_20475134.jpg





3
c0084666_20475222.jpg





4
c0084666_20475284.jpg





5
c0084666_20475305.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF18mmF2 R
2017/7/29 三浦市にて




上二枚。前回はお住まいでしたが、この一年半くらいの間に無住になったようです。以後、荒れる一方かと。
そして、三枚目。日本のしかも関東近県の海では考えられんほどの透明で美しい海、と前回思ったんですが、まぁ、季節(前回は三月でした)も時間帯も、さらには潮目も違いますでね。今回は濁っちゃってて潮も引き気味で、さほどのものではありませんでした。実は、剱崎よりも、この海が目当てではるばる歩いてきたんですけども。
ま、こればっかりはしゃーない。

ということで、今回はここまでです。このあと松輪漁港のバス停からおとなしく三浦海岸駅までバスに乗りました。もうちょっと行ったら干潟があるのもわかってたんですけどね、バスの時間との兼ね合いもあるし、さすがにサンダル履きじゃこれ以上は無謀かな、と。
次回、空気が澄んで歩きやすい季節に、今度こそ最初からそのつもりで、また。













# by atCommA | 2017-08-14 04:11 | Special | Comments(0)
2017年 08月 13日
亜熱帯的混沌~09
1
c0084666_09204470.jpg





2
c0084666_09204499.jpg





3
c0084666_09204548.jpg





4
c0084666_09204542.jpg





5
c0084666_09204530.jpg





6
c0084666_09204688.jpg





7
c0084666_09204602.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS
2017/8/4, 新北市瑞芳区にて




金瓜石

wikipediaの記述(↑)がじゅうぶんに詳しいので、興味のある方はそちらを。ざっくりいうと、1895年から1985年まで90年間にわたり、金および銅の鉱山として栄えた街です。
ここまでのアプローチからしてまぁたいした坂でして、ここもまた、我々だけではけして行かなかったと思われ。

(この時代の)鉱山それ自体がそもそも陰惨なものだし、特に日本統治下での第二次世界大戦中の英国人捕虜の扱いについては、非道の一言に尽きます。
いまはすっかり観光地化されてますが。

ラスト二枚は、坑道に空気を送り込むコンプレッサーです。この巨大な二基が常に稼働してたんですと。
wikipediaに曰わく、「日本鉱業は金瓜石の地下をくまなく掘り尽くし、ついには海面下200mの深部にまで達した。これは山の本来の標高600mを加算すると、地表から800mの深さとなる。地表から約20m間隔で蜘蛛の巣のように張り巡らされた水平坑道は40数層にもなり、それを無数の大小立坑、斜坑が繋いでいた」。
なるほど。











# by atCommA | 2017-08-13 17:30 | Special | Comments(0)
2017年 08月 13日
三浦半島、波しずか~Ⅵ
1
c0084666_20421203.jpg





2
c0084666_20421302.jpg





3
c0084666_20421486.jpg





4
c0084666_20421487.jpg





5
c0084666_20421514.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF18mmF2 R
2017/7/29 三浦市にて




おなじみ、剱埼。

そもそもは雑色でラーメンでも食うべいくらいなつもりだったのが、気がつきゃここにいるってのが、旅の醍醐味ってやつです。
江の島の岩屋もいいけど、やっぱスケールが段違いでございます。

...夕刊に、朝だの昼だのの写真を出すのは、べつに抵抗ないんです。
けれど、朝刊に夜っぽいのは、どうも抵抗があって。
てことで、台湾シリーズは一休み。












# by atCommA | 2017-08-13 05:24 | Special | Comments(0)
2017年 08月 12日
亜熱帯的混沌~08
1
c0084666_08572537.jpg





2
c0084666_08572545.jpg





3
c0084666_08572627.jpg





4
c0084666_08572697.jpg





5
c0084666_08572792.jpg





6
c0084666_08572762.jpg





7
c0084666_08572851.jpg





8
c0084666_08572826.jpg





9
c0084666_08572882.jpg





10
c0084666_08572912.jpg





11
c0084666_08582535.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS, XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
2017/8/4, 台北にて





忠烈祠の衛兵交替。

長いです。見事だしたいしたもんだと思うけれど、長いです。
敬礼とか銃剣の交差とか長靴を鳴らすとか手をちょっと翻すとか、一つ一つの所作にそれなりの意味はあるんでしょうけれど、なんぼなんでもものの初めからあんなにたくさんあれこれやってたとも思えないんですよね。いろんな歴史の積み重ねでこうなってるんでしょうが、様式美と形骸化の微妙な線上にある気がしました。
ムスメは、演技の参考になるっつって動画撮ってましたが、なるのかなぁ、これ。











【おまけ:宝物】
# by atCommA | 2017-08-12 17:56 | Special | Comments(0)
2017年 08月 12日
亜熱帯的混沌~07
1
c0084666_22161697.jpg





2
c0084666_22161610.jpg





3
c0084666_22161753.jpg





4
c0084666_22161727.jpg





5
c0084666_22161898.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS, XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
2017/8/4, 台北にて




旅行二日目の目的地その二、中正紀念堂。単純に、蒋介石記念堂です。

孫文の跡を継いで中華民国の祖となり、大陸で国共戦争に敗れて本拠を台湾に移し、ていう歴史のアウトラインくらいはさすがに、私でも知ってます。
けど、このスケールには正直、圧倒されますな。蒋介石が89歳で亡くなったので、地上から銅像フロアまでの階段は89段だそうです、劉さんが教えてくれました。

建物内部には当然ながら蒋介石の事績があれこれ紹介されていて、うわぁ奥さん美人だなぁとか、実際に使われた要人用のキャデラックなんて初めて見たぜい、くらいは思いましたが、撮るって話とは縁遠い展示で。結局は超広角で建築として撮る、しかやってません。

蒋介石の像、一目で当然、ワシントンのリンカーン像を連想します。あちらはホワイトハウスを睨みつけてるわけですが、蒋介石が見据えてるのは、遠く中国大陸だそうです。そう聞くとさすがに、若干ながら感情が、乗る。

ちなみにこの、ど広角真正面撮りは、旅行中しょっちゅうやってます。この中正紀念堂だって、ナナメもいろいろ試してみたんですが、結局正対したのが一番、説得力あったんだもん。














# by atCommA | 2017-08-12 05:23 | Special | Comments(0)
2017年 08月 11日
亜熱帯的混沌~06
1
c0084666_17544518.jpg





2
c0084666_17544302.jpg





3
c0084666_17544410.jpg





4
c0084666_17544673.jpg





5
c0084666_17544782.jpg





6
c0084666_17544412.jpg





7
c0084666_17544569.jpg





8
c0084666_17544820.jpg





9
c0084666_17544837.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS, XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
2017/8/4, 台北にて




この日、劉さん引き回しの初回は、龍山寺。

...って、なに? って方も多いと思いますし私もそのクチだったのでWikipediaにリンクを張っときますがこれがまた、
「(主に本省の)老人の憩いの場となっている」
なんて、身も蓋もないことが書いてあったり。

実際訪れてみると、門を潜らんうちに、堂内からPAなしの肉声で響き渡る声明に圧倒されます。
そしてお堂の周りには、経典を手にしたご老人たちがずらりと陣取って、声明に唱和してます。なにきっかけだか私にはまったくわからないけれど、一斉に立ったり座ったり。
あれはやっぱり、「憩いの場」ってよりは、拠り所ってやつなんじゃないかと思います。

建築物として印象に残ったのは、透かし彫りの異様な深さですね。とにかく、外から見えない奥の奥まで彫り込まれてる勢いで。ものすげぇ金と手間だってのは、実感しました。
好みかどうかはまた、別の話。












# by atCommA | 2017-08-11 17:35 | Special | Comments(0)
2017年 08月 11日
亜熱帯的混沌~05
1
c0084666_15255390.jpg





2
c0084666_14522899.jpg





3
c0084666_14522909.jpg





4
c0084666_14522905.jpg





5
c0084666_14523088.jpg





6
c0084666_14523042.jpg





7
c0084666_14523194.jpg





8
c0084666_14523103.jpg





9
c0084666_14540666.jpg





10
c0084666_14540691.jpg





11
c0084666_14540770.jpg





12
c0084666_14540751.jpg





13
c0084666_14540814.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS
2017/8/4, 台北にて




二日目。

劉さんは朝八時に迎えに来ます。ホテルの朝飯は七時からです。
ならば部屋でゆっくりしてりゃいいんですけども、この日はホテルを八時に出て、帰着予定が夜の九時半。おもっきしいちんちじゅう、劉さんに引き回されるわけです。
ありがたい反面、ちょっと自由時間も欲しいなぁとか思いまして、
朝飯前の散歩。
ていうかそもそも日の出を見てる時点で、心身ともに旅モード=びんぼ根性丸出しで可能な限り動きたいモードなわけです。

それにしても、なかなか朝が早い街です。飯屋もバイク屋も、開き始めてます。飯屋はともかく、バイク屋は...でもあるんでしょうね、出勤中のトラブルとか。ベトナムばりのカブ王国ですから。

撮り手お気に入りは、7枚目ですかね。朝日に映えるじっちゃんの背中。

10枚目のワンコは、これ以上寄らせてくれませんでした。どう見ても首輪してません。
ワンコ、異常に多いですこの街。大抵は首輪してますけども繋がれてはいないとか、こいつみたいに首輪もないとか、かなりフランクな飼われ方してるみたい。
でもおしなべてみんなおとなしくて、旅行中吠えられたことは一度もありませんでした。ていうか、みんな暑くてそれどころじゃなかったのかもしんない。発汗機能をもたない生き物には、この国の夏のアスファルトは厳しいでしょうさ。












# by atCommA | 2017-08-11 05:30 | Special | Comments(2)
2017年 08月 10日
亜熱帯的混沌~04
1
c0084666_14163380.jpg





2
c0084666_14163399.jpg





3
c0084666_14163478.jpg





4
c0084666_14163450.jpg





5
c0084666_14163546.jpg





6
c0084666_14163578.jpg





7
c0084666_14163635.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF27mm F2.8
2017/8/3, 台北にて




初日のダメ押し。
ビール買いにコンビニ行ったついでに。一枚目はお馴染み間違い探しですが、キリがないのでこれでやめてます。

コンビニといえば台北は、人口当たりのコンビニ軒数が世界一だそうです。たしかにものすごい密度でコンビニあって、たとえばトイレにも困らなかったりしますが、そのぶん自販機が極端に少ない。
そしてそのコンビニは、ほとんどがセブンイレブンとファミリーマートです。地元資本のは、その気で探したわけじゃないけれど、旅行中目についたのは一軒だけでした。











# by atCommA | 2017-08-10 17:43 | Special | Comments(0)
2017年 08月 10日
三浦半島、波しずか~Ⅴ
1
c0084666_20373127.jpg





2
c0084666_20373207.jpg





3
c0084666_20373224.jpg





4
c0084666_20373395.jpg





5
c0084666_20373343.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF18mmF2 R
2017/7/29 三浦市にて




一気に下って、間口漁港。さらに岩礁を巻いて進みます。
もはや全身、潮風でしょっぱいのか汗でしょっぱいのか、ようわからん。











# by atCommA | 2017-08-10 05:31 | Special | Comments(0)