2006年 10月 06日
芽生え
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/125s, F13.0, EV0.0
c0084666_17164060.jpg
Virginia州 James Townは、イギリスからの入植者が最初に成功させた植民地。
いわば、アメリカが生まれたところです。以上、某所よりコピペ。

...こちらはそのJames Townに最初に建てられた、ということは当然アメリカ最初の教会...の五代目だかの建て替え物件でして、土台は1650年あたりのものだとか。その煙突のあたりを見上げております。

そういう歴史を背負ってると思うと、枯れた味わいの煉瓦や漆喰とつややかな緑の芽生えの対比が、なにやら意味ありげな...

...というのはもちろん後付けの小理屈でして、要は造型興味で撮ってます。なんかこう、じわっと来ちゃったんですねー。


## ...にしても、BBモバイルポイント、通信遅すぎー...時間課金なんだから、もちっと回線太くしてくれぇ...
# by atCommA | 2006-10-06 17:18 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
2006年 10月 05日
鈍色を飛ぶ
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/2000s, F6.3, EV-0.3
c0084666_1611966.jpg

ノーフォークの港には低い雲が垂れ込めておりました。向こうに見えるのは海軍の施設で、こういう構成だとさすがに、若干なりとも雰囲気が重くなりますね。あっけらかんのアメリカだけでなく。
# by atCommA | 2006-10-05 16:11 | 撮りメモ:Town | Comments(2)
2006年 10月 04日
その朝はもう来ない
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/200s, F6.3, EV0.0
c0084666_17104312.jpg


ノースカロライナからワシントンへの旅行中に出くわした、廃業したレストランです。
朝の5:30開店、だったようですが...
はげちょろけてささくれた質感が痛々しく。


# ネット難民生活を送っております。札幌マンション、電話もなんもぜーんぶ解約して出たもんですから、つながる手段がなくて。
 当座は近隣のホットスポット...本日はそこいらのマクドナルドからのアップです。当分そんな調子なので、ろくすっぽ巡回もできず、超縮退運転ということでご勘弁ください...。
# by atCommA | 2006-10-04 17:11 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 10月 03日
パターンの愉しみ
【陰影】 リサイズとUSM9%のみ。  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/800s, F8.0, EV-0.3
c0084666_922895.jpg


【やじろべえ】 あえて、ちょっと斜め。  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/640s, F8.0, EV-0.3
c0084666_9223975.jpg


ながーいドライブの果てにたどり着いた、ノースカロライナ東端の海岸...
の、ビジターセンター。

有体にいってしまえばトイレの屋根と駐車場の街灯でして、うーんひどいもんです、完全になんとなく撮りでございます。なに撮ってんの、と、家族にずいぶんと呆れられました。
といいつつ、撮り手は実はけっこう気に入っていたりするんですが。

なにせい、この空気あってのことだと思うんですね。日本でこれは撮れないだろうなぁと...そういわずにやってみるつもりではありますけども、どうでしょうね...
# by atCommA | 2006-10-03 09:29 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2006年 10月 02日
夜討ち朝駆け
【夜討ちの赤】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/200s, F9.0, EV0.0
   "夜討ち"ってほどじゃないですけどね、日暮れどき。西日を一身に受けたボートハウスです。
c0084666_12544061.jpg


【朝駆けの蒼】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/5s, F6.3, EV0.0
   こちらは翌日正真正銘の朝、日の出の時間。
c0084666_1255129.jpg


無計画旅行の途中に立ち寄ったノースカロライナのはじっこ、Elizabeth Cityにて。
夜中に降り出した雨が"朝駆け"の直前まで続いてしまいまして、残念ながらきれいな朝日は見られませんでした。
狙って二枚を撮ったわけじゃないんですが、ただ単にせっかくなので並べて出しちゃいます...
# by atCommA | 2006-10-02 12:57 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 10月 01日
森のこびとたち
【白の誘惑】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/200s, F2.8, EV0.3
  24mmで撮ってみました、ってだけがミソかも。
c0084666_14123648.jpg

【オヤコダケ】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/40s, F4.0, EV-0.7
   そうはいっても他人に見えますが。
c0084666_14131037.jpg


この時期に森を歩いていると、いくつか目を引くキノコがありました。アパート村の芝生にもなにやらごしょごしょ顔出してるんでキノコ自体は珍しくもないんですが、やっぱり森の暗がりとなると一種独特の雰囲気があります。
ただねぇ、森の暗がりしかもキノコが自生する湿り気ともなると...藪蚊が藪蚊が。
日本で彼岸花を撮ってらっしゃる方々も同じ目にあっていると、マーガレットハウエルさんがニコデジでおっしゃってましたが...むべなるかな。
特に【オヤコダケ】の方はISO200の手持ちで無理やり撮ってますんで(ニコデジに貼ったものはISO800でしたが)、撮影終わって気づいたときにはあちこちぼっこぼこでございました。
なんによらず、苦労はつきものってことで。
# by atCommA | 2006-10-01 14:15 | 撮りメモ:Nature | Comments(8)
2006年 09月 30日
風巻く蒼
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/6s, F6.3, EV-0.3
c0084666_615050.jpg
North Carolina州の東北端、Elizabeth Cityの夜明け。
残念ながらこの直前まで雨が降っておりまして、期待の日の出は拝めませんでしたが...代わりの風情ということで。
空の風、水面の風、それぞれに蒼く。

# へへへ...全日空機内、空の上からの更新です。このサービス年内で終わっちゃうんで、どうしてもやってみたくて。
# by atCommA | 2006-09-30 06:03 | 撮りメモ:Nature | Comments(6)
2006年 09月 29日
また会う日まで
アメリカから最後の更新になります。

North Carolina州 Jordan Lake には、レクリエーションポイントが13箇所あります。
それぞれがボート発着場だったりキャンプサイトだったり水泳場だったりバーベキュー場だったりトレッキングコースだったり、それらいくつかの複合だったり。湖の東西南北に散らばってるわけで、浜の土質から地形から一つ一つ違っていて、いろんな表情に出会えます。

その中でもお気に入りのひとつが、Vista Point。機能はボート発着場とトレッキングコースのみのシンプルなサイトなので、とにかく静かで落ち着いています。しかも、桟橋からの眺望が超一級品。
...というわけで今年一月以来、数限りなく訪れたのでした。さぁて何枚撮ったもんだか、見当もつかんです。

【See You!】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/320s, F22.0, EV-0.7
c0084666_105925.jpg

Vista Pointの象徴たる桟橋。アメリカ生活で一番の思い入れといえば、断然この場所です。
この日は撮りというより挨拶回りでした。文句なしの青空での見送り、ありがたや...。


# というわけで撮り手本体は日本時間9月30日午後3時ごろ成田着でございますが、
写真の方はまだ当分の間...最低でも一週間ほどは、アメリカを引きずる予定です。紛らわしくてすみません...。
# by atCommA | 2006-09-29 10:16 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 09月 28日
「すべて偉大なものは単純である」
【破れの色 I】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/640s, F8.0, EV-0.3
c0084666_520551.jpg

【破れの色 II】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/1000s, F8.0, EV-0.7
c0084666_5203855.jpg


 ノースカロライナで見つけた廃牧場、三度目のセッション。
 気分の乗りに任せて切り取ったら2パターンできたってだけですが...
 見比べているうちに連想が連想を呼んで、とうとうタイトルの言葉を思い出してしまいました。


「すべて偉大なものは単純である」
...不世出の指揮者、フルトヴェングラーの言葉です(「音と言葉」所収)。

もちろん自分の写真のを偉大というつもりがあるわきゃぁありませんが(断りいれるのもばからしいですけど)、それはそれとして...
その"単純"さはいったいどんなものなんだろうと、考えてみるのは悪くはないかなと。


昔この言葉を知った頃は、
複雑玄妙を追及しきったその極北が結局は単純に通じて輪っかが閉じる、
なんてことを考えておりましたけども...そう割り切れたもんでもないような。

答が出るわけがない、だから一生もんで楽しめる。そんなんばかりで。
もう一組、

【侵食 I】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/500s, F8.0, EV-0.3
c0084666_5211522.jpg

【侵食 II】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/320s, F8.0, EV-0.3
c0084666_5215073.jpg


"単純"...

考え込んでも禅問答です。なにしろ、自分の眼を磨くしかありません。うひゃひゃ、ほんとに一生もんです。まぁのんびりやりますか。
# by atCommA | 2006-09-28 05:23 | Comments(0)