2006年 10月 02日
夜討ち朝駆け
【夜討ちの赤】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/200s, F9.0, EV0.0
   "夜討ち"ってほどじゃないですけどね、日暮れどき。西日を一身に受けたボートハウスです。
c0084666_12544061.jpg


【朝駆けの蒼】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/5s, F6.3, EV0.0
   こちらは翌日正真正銘の朝、日の出の時間。
c0084666_1255129.jpg


無計画旅行の途中に立ち寄ったノースカロライナのはじっこ、Elizabeth Cityにて。
夜中に降り出した雨が"朝駆け"の直前まで続いてしまいまして、残念ながらきれいな朝日は見られませんでした。
狙って二枚を撮ったわけじゃないんですが、ただ単にせっかくなので並べて出しちゃいます...
# by atCommA | 2006-10-02 12:57 | 撮りメモ:Town | Comments(6)
2006年 10月 01日
森のこびとたち
【白の誘惑】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/200s, F2.8, EV0.3
  24mmで撮ってみました、ってだけがミソかも。
c0084666_14123648.jpg

【オヤコダケ】  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  1/40s, F4.0, EV-0.7
   そうはいっても他人に見えますが。
c0084666_14131037.jpg


この時期に森を歩いていると、いくつか目を引くキノコがありました。アパート村の芝生にもなにやらごしょごしょ顔出してるんでキノコ自体は珍しくもないんですが、やっぱり森の暗がりとなると一種独特の雰囲気があります。
ただねぇ、森の暗がりしかもキノコが自生する湿り気ともなると...藪蚊が藪蚊が。
日本で彼岸花を撮ってらっしゃる方々も同じ目にあっていると、マーガレットハウエルさんがニコデジでおっしゃってましたが...むべなるかな。
特に【オヤコダケ】の方はISO200の手持ちで無理やり撮ってますんで(ニコデジに貼ったものはISO800でしたが)、撮影終わって気づいたときにはあちこちぼっこぼこでございました。
なんによらず、苦労はつきものってことで。
# by atCommA | 2006-10-01 14:15 | 撮りメモ:Nature | Comments(8)
2006年 09月 30日
風巻く蒼
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/6s, F6.3, EV-0.3
c0084666_615050.jpg
North Carolina州の東北端、Elizabeth Cityの夜明け。
残念ながらこの直前まで雨が降っておりまして、期待の日の出は拝めませんでしたが...代わりの風情ということで。
空の風、水面の風、それぞれに蒼く。

# へへへ...全日空機内、空の上からの更新です。このサービス年内で終わっちゃうんで、どうしてもやってみたくて。
# by atCommA | 2006-09-30 06:03 | 撮りメモ:Nature | Comments(6)
2006年 09月 29日
また会う日まで
アメリカから最後の更新になります。

North Carolina州 Jordan Lake には、レクリエーションポイントが13箇所あります。
それぞれがボート発着場だったりキャンプサイトだったり水泳場だったりバーベキュー場だったりトレッキングコースだったり、それらいくつかの複合だったり。湖の東西南北に散らばってるわけで、浜の土質から地形から一つ一つ違っていて、いろんな表情に出会えます。

その中でもお気に入りのひとつが、Vista Point。機能はボート発着場とトレッキングコースのみのシンプルなサイトなので、とにかく静かで落ち着いています。しかも、桟橋からの眺望が超一級品。
...というわけで今年一月以来、数限りなく訪れたのでした。さぁて何枚撮ったもんだか、見当もつかんです。

【See You!】  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/320s, F22.0, EV-0.7
c0084666_105925.jpg

Vista Pointの象徴たる桟橋。アメリカ生活で一番の思い入れといえば、断然この場所です。
この日は撮りというより挨拶回りでした。文句なしの青空での見送り、ありがたや...。


# というわけで撮り手本体は日本時間9月30日午後3時ごろ成田着でございますが、
写真の方はまだ当分の間...最低でも一週間ほどは、アメリカを引きずる予定です。紛らわしくてすみません...。
# by atCommA | 2006-09-29 10:16 | 撮りメモ:Town | Comments(4)
2006年 09月 28日
「すべて偉大なものは単純である」
【破れの色 I】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/640s, F8.0, EV-0.3
c0084666_520551.jpg

【破れの色 II】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/1000s, F8.0, EV-0.7
c0084666_5203855.jpg


 ノースカロライナで見つけた廃牧場、三度目のセッション。
 気分の乗りに任せて切り取ったら2パターンできたってだけですが...
 見比べているうちに連想が連想を呼んで、とうとうタイトルの言葉を思い出してしまいました。


「すべて偉大なものは単純である」
...不世出の指揮者、フルトヴェングラーの言葉です(「音と言葉」所収)。

もちろん自分の写真のを偉大というつもりがあるわきゃぁありませんが(断りいれるのもばからしいですけど)、それはそれとして...
その"単純"さはいったいどんなものなんだろうと、考えてみるのは悪くはないかなと。


昔この言葉を知った頃は、
複雑玄妙を追及しきったその極北が結局は単純に通じて輪っかが閉じる、
なんてことを考えておりましたけども...そう割り切れたもんでもないような。

答が出るわけがない、だから一生もんで楽しめる。そんなんばかりで。
もう一組、

【侵食 I】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/500s, F8.0, EV-0.3
c0084666_5211522.jpg

【侵食 II】  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/320s, F8.0, EV-0.3
c0084666_5215073.jpg


"単純"...

考え込んでも禅問答です。なにしろ、自分の眼を磨くしかありません。うひゃひゃ、ほんとに一生もんです。まぁのんびりやりますか。
# by atCommA | 2006-09-28 05:23 | Comments(0)
2006年 09月 27日
象徴
【ご挨拶 I】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/200s, F7.1, EV0.0
c0084666_1233694.jpg

【ご挨拶 II】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/250s, F9.0, EV-0.3
c0084666_12333319.jpg

ノースカロライナ州の鳥、Northern Cardinal。渡米前から、これだけは撮ろうと誓っていた鳥です。
まぁなんてことはなく、普通に人家のバードフィーダーに来たりしておりまして、存在自体にはすっかり慣れてしまいましたけども...はじめて見たときの感動は忘れがたいし、慣れたとはいえ見かければやっぱりぴくっと全身が反応する、そういう派手さではあります。

一年近く住んだアパートを引き払う前日、近所をうろつきながらの撮影。ノートリミングです。
活きのいいヤツに会えて、よかったよかった。
# by atCommA | 2006-09-27 12:32 | 撮りメモ:Nature | Comments(6)
2006年 09月 26日
El condor pasa  =コンドルは飛んでいく=
Turkey Vulture, 和名ヒメコンドル。れっきとしたハゲワシの仲間です。

アメリカ東南部でもっとも普通に見られる猛禽類...日本でいえばちょうどトビ、ですね。うようよ群れなして旋回しながら、餌が転がっていないか探しています。基本的に狩はしません、このあたりもトビそっくり。

そんな調子なんでちっともありがたみはないわけですが、見てくれはちょいと魅力的ですし、なにしろ身近に飛ばれるとやっぱり気になるのが人情というもので。

Jordan Lakeでの最後の日々、ずいぶんと狙ってしまいました。
空一色バックというのが、どうにも気に入らず...なんとか脱却を図ろうとしてみて結局果たせずこの程度、ということでございます。一応、すべてノートリミングですが。
もはやタイトルすらつけず、芸もなく撮影順に連番で、一挙に放出してしまいます...

No.1  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/2500s, F8.0, EV-0.3
c0084666_11582860.jpg

No.2  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/250s, F8.0, EV-0.3
c0084666_11584745.jpg

No.3  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/2500s, F8.0, EV-0.3
c0084666_115916.jpg

No.4  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/320s, F8.0, EV0.0
c0084666_1159269.jpg

No.5  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/500s, F8.0, EV-0.3
c0084666_11594177.jpg

No.6  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/400s, F8.0, EV-0.3
c0084666_120366.jpg

No.7  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/500s, F8.0, EV-0.3
c0084666_1211886.jpg

No.8  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/320s, F8.0, EV-0.3
c0084666_1222034.jpg



...いやしかし、よく遊んでくれたです。心配も要らないような連中ですが、まぁ元気でやっていってくれいっ。
# by atCommA | 2006-09-26 12:05 | 撮りメモ:Nature | Comments(8)
2006年 09月 25日
逞しく根ざすものたち
  AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)  1/200s, F13.0, EV-0.3
c0084666_10572584.jpg

Jordan Lake、南端のダム堤防に自生しているヒルガオの仲間(だと思います)。
始終強風にあおられてはいても、丈を抑えてがっつり根を張り、しっかり花を咲かせております。花壇モノじゃぁ、こうはいかないんではないかと。
# by atCommA | 2006-09-25 11:00 | 撮りメモ:Nature | Comments(2)
2006年 09月 24日
はじめの一筆
  SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  1/10s, F5.6, EV-0.3
c0084666_10344467.jpg

いつもの湖、Jordan Lake。
このポイントは野生動物観察用に特設されてて、日の出の一時間前から入れます。当然何度か行きましたが(すでに過去形...)、期待のほどには目撃成果が上がらず。運よくなにか見られたとしても、このあたりの時間帯じゃぁ撮影は不可能ですけどもね。

というわけで、Observation Deckへの別れの一枚。少々シンプル過ぎたでしょうか...
# by atCommA | 2006-09-24 10:41 | 撮りメモ:Nature | Comments(12)