タグ:撮りメモ:Town ( 2318 ) タグの人気記事
2007年 05月 22日
生ビール中ジョッキ 3.7 杯分。
昨日(5/21)。
札幌の市電沿いに大通りからススキノまで、ぐるっと歩いてみました。

線路総延長、約8.5km。たいした距離じゃないんですが、機材持ちすぎてちとくたびれました。しかもほとんどの機材は持ち腐れ。

収穫は、
行啓通の某蕎麦屋さんがたいしたことないとか、
中島公園前ハルピンの揚げ焼きそばはすげぇボリュームでえらい旨さだとか...
いやその...

全ての停留場で駅名と電車の入ったカットを撮る」っていう縛りを課しまして、それはまぁ達成しました。"歩き続ける動機付け"程度の意味だったんですけど、ほんとにその程度にしかならなくて、写真としては単なる記録モノばっかり。

ので、縛りとは無関係に、途中でいくつか引っ掛かったカットで...
ちょっと遊んでみました。


【初夏の横断歩道】
  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/2500s, F6.3, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1794893.jpg


 中央区役所停留場付近。
 陽が眩しい札幌の街、青信号を元気に渡って。


【交錯】
  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/1000s, F5.6, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1710487.jpg


 電車事業所前停留場付近。
 線路が、車道が、電線が、架線が、人が、電車が...
 色が。


【なにかが道をやってくる】
  TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/1600s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_17102018.jpg


 東本願寺前停留場付近。
 軌条やら架線の影やらが指し示す彼方から、しずしずと...。
 オリジナルよりも電車は識別しやすくなってるってのが、ご愛嬌。

ってなわけで。

おまけ:みえみえですが種明かし。
by atCommA | 2007-05-22 17:59 | 撮りメモ:Town | Comments(28)
2007年 05月 16日
Awakening
5/12、藻岩山中腹から。

【 04:10 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/40s, F4.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_18222589.jpg


【 04:18 】
  D70, TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/125s, F4.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1816334.jpg


【 04:21 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/250s, F4.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_18161531.jpg


【 04:31 】
  D70, TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/160s, F9.0, EV1.3, ISO200]
c0084666_1816318.jpg


【 04:39 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/1000s, F4.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_18335418.jpg


【 04:40 】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/640s, F4.5, EV0.3, ISO200]
c0084666_18424029.jpg



一枚目を撮るのが目的だったんです、百年記念塔がある風景って好きで。
なので日が出てからは、撮り手としては正直おまけ...
でもだからって、やめられませんって。
がらがっちゃがっちゃととっかえひっかえ。うーん、ボディもう一台あってもいいのかなぁ...

※ご心配いただきましたネットワークトラブルの件、ご多分にもれず、NTT東日本フレッツ系列の障害でした。
ウチの場合実は、昨夜マックから帰ってきたらすんなり復旧してましたです。ぺこり。
by atCommA | 2007-05-16 19:58 | 撮りメモ:Town | Comments(18)
2007年 05月 13日
北のみやこは初夏の装い ~ II ~
昨日の続きで、5/9 札幌での撮影です。

【駘蕩】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/320s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1802767.jpg


 緑に包まれて、なんとものどかな。
 これにてこの日の24mm修行はめでたく終了となりました...いやもう、なんかくたびれちゃって。


【颯爽】
  D70, TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1  [90.00(135)mm, 1/2500s, F3.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1804038.jpg


 ほんとは、もちっと背丈のちびっちゃい人が通ってくれるのを待ってたんですけどもね。そうそう注文どおりにゃいきませぬ。


【迎光】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/800s, F5.6, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1805127.jpg


 特になんの当てもなくぶらついてて、脊椎反射でぱしっと、なんてんだと...
 今んとこ、このレンズがやっぱり一番しっくりきます。


明日からしばらく、街撮りから遠ざかりまする。
by atCommA | 2007-05-13 18:01 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
2007年 05月 12日
北のみやこは初夏の装い ~ I ~
先日の晩、mnさんとこで他力本願寺住職さんから、
24mmと35mmを比較するとどうだろうか35mmは狭すぎないだろうか(大意)
という話が出てましたが...

奇しくも同じ日の昼。
最近稼働率の落ちてる24mmを意地でも使ってやるべく、つけっぱ状態で、私は札幌の街をぶらついていたのでした。


【降り注ぐ】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/1250s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_13421990.jpg


ちなみに 24mm VS 35mm の件は以前okoさんとも話に出たことがありまして、
小樽札幌には24mmだとちと広い、35mmあたりが使いやすかろう
ってのが、一応の共通見解だったりします。もちろん、すっごくざっくりした話ですよ。

たとえば道幅一つとっても、単純に内地の1.5倍がとこは広くなります、両端に雪山スペース必要ですからね。
一事が万事その調子でワンサイズ大きいわけで、広い大きいといえば聞こえはいいけれど、逆にみれば間延びしやすい。


【あ、あれいいな】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/250s, F9.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_13423136.jpg


ただ、24mmだ35mmだといっても、DXフォーマットでは1.5倍されます。35mm(52mm)が楽だってのは、135フォーマットでのいわゆる標準レンズを使ってることになります。標準が使いこなせれば無敵だって説もあるにはあるんですがそれにしても、
24mm(36mm)ったって、DXではさほど広い画角じゃありません。135でいう、広角側標準です。
そのくらいは、まちっと積極的に使って慣れておきたいなぁってのは、もう道具使いとしての欲求でして。

もひとつ、最近自分の街撮り目線がずいぶんと錆びて(文字通りねっ)まして、なにやらやたらに自転車の残骸とか...もちろんそれもいいんですけど、
以前アメリカで撮ってたような、すぱぁんっと割り切れた風情の街撮り写真もたまにはね、と。


【光をはらんで】
  D70, Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  [24.00(36)mm, 1/800s, F8.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1342447.jpg


アメリカもまた、広角が似合いの街づくりでしたもんで、こういう画角はけっこう懐かしいです。なんも考えず感覚的に気持ちいいところってことで、この構図になりました。


さて、24mm。やっぱり広い。でも今日の三枚、35mmじゃ私には厳しい...どちらも使ってこそ、ですな。精進精進。

明日もこの日の撮影の続きです、レンズは変わっちゃいますけども。
by atCommA | 2007-05-12 14:29 | 撮りメモ:Town | Comments(12)
2007年 05月 09日
正面から向き合ってみよう。
一本勝負のとき、D70でぽちぽち撮ってたやつらです。でありますからして、いつも以上にてんでんばらばらな画でございます。

【ハナダイロ II】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/800s, F9.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_18522031.jpg


 D70でも撮ってましたよー...てわけじゃなくて、露出や色出しの(この撮影の)リファレンス的に。構図的には実は、銀塩バージョンより好みだったりします。

【鈍色を飾る】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [135.00(202)mm, 1/1000s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1848398.jpg


 壁の色、空の色...もしかしたら手宮チックなんでないかなぁと思いまして。

【狭いんだよぅ。】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/640s, F2.8, EV0.3, ISO200]
c0084666_18481269.jpg


 「進入禁止」標識群の奥にいた、わんこ。私にじゃれつきたいんだけど、いかんせん...いや吠えかかりたいのかもしれませんが、なんにせよ。

【堤防の太公望】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [145.00(217)mm, 1/2000s, F5.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_18482183.jpg


 この赤い人、灯台といいコンビで、この日はずいぶんと出演してくださったのでした。むぅ、いい色。
 さてここまでは、ばらばらといいつつも構図だけは正対で揃えてきたんですが...

【異界の門】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/500s, F2.8, EV-0.7, ISO200]
c0084666_18484578.jpg


 最強級喫茶店、Free-Lance入り口。現像の上がりを、このお店で3倍コーヒーいただき待ちました。
 ここはやばいです、真剣にやばいです。東京中野に昔あった"クラシック"を彷彿させる...あそこまで凄まじい年季ではありませんが...
 ジャズの店で助かりました。クラシック系だったら楽器持ち込んで住み込んじゃいます、私。


以上、こどもの日のセッション、ようやくすべて消化しました。明日はどうしよっかな...さすがに桜、かな?
by atCommA | 2007-05-09 20:14 | 撮りメモ:Town | Comments(20)
2007年 05月 08日
うみのまち ~ II ~
銭函から一駅で朝里駅到着、集合まであと一時間あまり。そらぁ当然、練習継続でございます。

【それ、魅力。】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/2000s, F2.8, EV0.0, ISO200]
c0084666_19322918.jpg


 朝里駅前の例のお店。
 そらぁ誘惑には耐えましたともさ、こもれびさん美味しくいただくために。

【そのうちなんとかなるだろさー】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1250s, F7.1, EV-0.3, ISO200]
c0084666_19324323.jpg


 こんなのがはためいてるのをじーっと見つめてますとね。
 なんか非常にこう、楽観的な気分になったりします。
 とはいえ...

【行き場なし】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/2500s, F2.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1933350.jpg


 こんなこともあったり。
 やっぱり撮ってしまいました。ぶち切れたスポークの一本一本に、無念さが満ちてるようで。
 それでも...

【がっしりと】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/1000s, F6.3, EV-0.3, ISO200]
c0084666_19331865.jpg


 どんなとこにでも種は落ち、どんなとこからでも芽は出るもんですねぇ。
 ぼろぼろの壁がかえって風除けにもなって、いっそ頼もしそうな。

【たおやかに】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [200.00(300)mm, 1/3200s, F4.0, EV-0.3, ISO200]
c0084666_19334135.jpg


 網はたぶん、鳥避けなんでしょうね。
 潮風はらんで、優しげに花を守る風情。たゆとう春の日本海でございます。


さて練習を終えて、集合場所のこもれびさんに向かうべく坂を上り始めたところで...
番外篇に続きます。
by atCommA | 2007-05-08 20:24 | 撮りメモ:Town | Comments(10)
2007年 05月 07日
うみのまち ~ I ~
一本勝負は昼集合でしたんで、午前中はちょいと練習を。
そこそこ天気がよかったんでなにしろ海を見たくて、まずは銭函駅に向かったのでした。

【初夏に抜ける】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/640s, F9.0, EV0.0, ISO200]
c0084666_18245411.jpg


 朝の札幌駅前。単なるお目覚め撃ちですし、このあとと全然そぐわないんではありますが、あんまり気持ちよかったもんで。このレンズも久々ですしね。


【福来たれ I 】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/320s, F2.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1844257.jpg


 がらりっと世界を変えまして、銭函駅構内。写真通しても、福が伝わるといいんですが。


【潮風さらし】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/4000s, F3.2, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1845887.jpg


 線路際を朝里方面にあるいてみました。港というより、漁の一時作業所的なエリアに近いかもしれません。


【あのころ】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/2000s, F3.2, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1851456.jpg


 アングルには余裕があって、手前のネットの入れ方はかなり自由度高く...いやもう迷いましたさ。


【張りつめて】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/200s, F7.1, EV-1.3, ISO200]
c0084666_1853182.jpg


 出漁待ちのボート。この緊張感がたまらんです。


【福来たれ II 】
  D70, Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D  [185.00(277)mm, 1/400s, F2.8, EV-0.3, ISO200]
c0084666_1854991.jpg


 一回りしてきて駅に戻って、飽かずにまた撮っちゃいました。春の陽って、いいもんですね。


んで、明日は朝里に。
by atCommA | 2007-05-07 18:34 | 撮りメモ:Town | Comments(18)
2007年 05月 06日
手宮の春は重量級
昨年末の第一回から半年近くを経まして...
フィルム一本勝負第二回、堂々の開催となりました。参加者はいつものお仲間、ainosatoさんariariさんbonoさんDENZIさんhirosさん本部長さん。みなさんお疲れさまでした&いつにも増しての楽しい盛り上がりをありがとうございましたぁ。

今回の決戦場は小樽市手宮地区。
...えーと、どこですかそれは。手宮線ってのはわかります、まぁ...要するにそのあたりでしょ、
って程度の意識で、ふらふらと向かった私。
一応の構想はありまして、あんまり使ってあげてない50mm F1.4にフル回転してもらおうと。
1.4開放でとろとろに蕩かして、小樽のやぁらかいやぁらかい春をー、なんて思ってたんですが...

...開始と同時に路線変更でしたわ。そーいう場所ではなかった。ちっとは調べていかないとダメですなぁ。
けっこう陽射しがあったので、ND替わりにPL付けたのが助けになりました。これがなかったら、からっきし攻め口浮かばなかったかも。

というわけで、まずはレギュレーションどおり、コンタクトを。

c0084666_2135309.jpg


 クリックしても大きさ変わりませんです...
 しっかし生存率高いです。一本勝負やると明らかに高いです。
 生見せの緊張感ってのはたいしたもんだ...と同時に、普段のちゃらんぽらんさが浮き彫りって話ですわね。


んじゃ、ピックアップ。すいませんけっこうたくさんでございます。

【ハナダイロ】
c0084666_2136219.jpg


 勝負開始、歩き始めて路地曲がったらいきなりこれ。この瞬間、やぁらかい春なんてどっかに吹っ飛んじまいましたよ...


【影は踊る】
c0084666_21361576.jpg


 この手の扉にはとりあえず正対しちゃうのが私のクセです。斜めから開放で狙ったのもあるんですが(INDEXの3,4)、質感がいまいち狙いにはまってないのでボツ。


【神の左手】
c0084666_21362624.jpg


 穴を主役に据えるかどうかでしばしお悩み...せっかくだからやっちゃえ、と。INDEX10はそのへんの迷いが吹っ切れずでした。穴にピントの芯を決めたついでに、流れに逆らわず横位置へ。


【進入禁止】
c0084666_21364575.jpg


 不思議とやたらにかぶった被写体。なんでしょうかね、思わず立ち止まらせられました。うしろの木枠は犬小屋でして...これは別途、D70バージョンを出そうかと思ってます。


【幻惑の坂】
c0084666_21365779.jpg


 たまらん。たまりません。小樽手宮。
 人待ちに応えてくれた通行人さんにも、大感謝。


【寂しい一等地】
c0084666_21371083.jpg


 撮り手的には今回の一押しです。狙い通りに一発で決まってくれました...こういうときには、INDEX出してるとちょっと胸を張れたりもしますね。でへへ。
 書いてしまいますがちなみに狙いは...売地の看板の見え具合でした。


【終焉】
c0084666_21373641.jpg


 やはり踏み込みの加減には悩みます...


【市井の人】
c0084666_21374955.jpg


 しっとりと落ち着いた暮らしぶり。ある意味、今回の唯一のカットかもしれません。


【守る礎】
c0084666_2138888.jpg


 運河から海方面へ。天気がいいとどうしてもね...水場に向かって行っちゃうんですよ...


【見つめてごらん】
c0084666_21383991.jpg


 宴会で、「同じのが四枚っていうのはなにか...」と直球いただいたカットです。どわぁ。
 絞り具合とタテヨコでもって、ににんがしぃの四枚、だったんですが...結局セレクトは最初の一枚。まぁねぇしかし、それぞれなりに成立してたんで、これはこれでよかったかなぁと...


【風の向くまま】
c0084666_21391315.jpg


 カモメに撮らされたカットです。まだ構図詰めてる途中なのに、カモメ見たとたんについ人差し指が...。
 けれど構図組みきってカモメを待って撮った二枚目INDEX34はしかし、まとまりすぎててひとっつも面白くないのでありました。奥が深い。


【ずっと空を見ている】
c0084666_21392351.jpg


 引退して岸に繋がれて、でもそれでもいまでもなお、ずっとじっと、空を見続けているんです...

 船って美味しいですねぇ...これがラストカットで勝負終わりなんですけど、このあと続けて予備の24枚、撮りきっちゃいました。えぇ、船ばっかで。


全体通しての感想はですねぇ、まぁなんですねあれですね、
花撮り下手くそでも生きてはいけるかな
これでございます。

今回の機材はすべて、Nikon FM2nにAuto Nikkor-S C 50mm F1.4。当blog開設以来右上に載っけてる、あの写真そのものです。今回はPLフィルタつきで、フィルムはFUJIのSUPERIA100。
小樽写真販売さんの素晴らしい技術による同時プリントを、EPSON GT-X900にて取り込みました。
絞りとシャッターの設定値は、今回まったく記録してません。リズム崩しちゃいそうだったので止めました。装備は上記のとおりなので、結果からだいたい類推いただけるかと...

しっかし、高密度長時間でしたねぇ。撮る時間より呑んでる方が長いっての、気づいてませんでしたがまったくそのとおり。
実に実に実に楽しゅうございました、是非是非また...

ってそうなんですよ次回はもうすでに決まってたりします、しかも修羅道としかいいようのないレギュレーション変更が...あぁ言いたい言ってしまいたいっっっ

...家人には話しました。大受けしてましたわ。
波乱含みの期待いっぱいのところで、ひとまずこれにて。
by atCommA | 2007-05-06 22:09 | 撮りメモ:Town | Comments(16)
2007年 05月 03日
真っ直ぐに行こう、真っ直ぐに。
4/29、藻岩山にて。

【ドラゴン・ロード】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1000s, F8.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1915526.jpg


 上の方はまだ雪が残ってるんですねぇ...ぐいと首をもたげた龍のタテガミのような、ってこじつけのタイトルでございます。


【急降下】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/1000s, F8.0, EV-0.7, ISO200]
c0084666_1930375.jpg


 街並みへの切れ込み具合が、なんか素敵で。
 これ撮っちゃったら次は当然...


【空中散歩】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/1000s, F5.6, EV0.3, ISO200]
c0084666_19153110.jpg


 ...これですわな。一枚目の残雪エリアにえっちら登って撮ってます。
 バックに札幌テレビ塔が入ってるってのが、まぁ味噌っちゃぁ味噌...あぁ言っちゃった。


ほんとは、花を撮りに行ったんですよ。
なので時間のほとんどは地面にしゃがみ込んでたんですが、ふと腰を伸ばすと頭上にゴンドラが、ってな具合で...
で、こっちの方がなんぼかマシだという。まぁ花については近日中にぐだぐだやるつもりです、また改めて。
by atCommA | 2007-05-03 20:59 | 撮りメモ:Town | Comments(14)
2007年 04月 28日
美唄我路地区、番外篇
「諸行無常」ariariさんからいただいたコメントに触発されまして、ちとつらつらと。

【破れた柱】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/3200s, F2.5, EV-1.0, ISO200]
c0084666_14262676.jpg


廃系、中でも廃屋系に向かうとき、
「辛さ」が感情として迫ってきてしまうと、もうすくんじゃって、手も足も出ません。昨年末に夕張を回ったときも、その辛さがあまりに厳しくて、一度もシャッター押せずに帰ってきました。

今回、我路の集落で「辛さ」がなかったのかといえば...

ほとんど予備知識なしで訪れたんで、感情移入がリミット以上に深まらなかったことが大きいんでしょう、すくみ上がるような辛さは感じずに済みました。

もうひとつ、柔らかく陽射しが回ってきた、てこともあります。陽射しが辛さをくるみこんでくれたんですね、オブラートみたいに。
この陽射しは、「諸行無常」をモノクロにしなかった理由の一つでもあります。カラーの方が、あのぬくもりは表現しやすかったんで(特に【斜陽】)。


【吹き抜ける】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/200s, F5.6, EV-0.7, ISO200]
c0084666_14264062.jpg


「辛さ」はクリアしたとして、もっと根っこの問題があります。
  「撮ってもいいものか」
  「<私が>撮ってもいいものか」
っていう二つ。

そもそもなぜ撮るかといえば、
廃系のモノたちが抱え込んでいる歴史なり記憶なりに惹かれて、てところでしょう。
けれど以前の所有者、たとえばその廃屋に以前住んでらした方からすれば、その歴史も記憶も、ほじくり返されたくないものかもしれません。

それをわざわざ撮ることに、それだけの意味があるのか。
あるいは私自身が、その種の撮影に意味づけができるほど、モノの見える人間なのか。

これはもう...yes、というより、yesといえるだけのオノレであろうとしている、としかいえません。倫理・資質の両面で、間違っても視線が上滑りにならないよう、日々精進...のみ、じゃないかと。


【虚ろな目】
  D70, Ai AF Nikkor 35mm F2D  [35.00(52)mm, 1/5000s, F2.5, EV-1.0, ISO200]
c0084666_14265896.jpg


そんなこんなの問題は丸抱えのままで、
とりあえず廃系へのアプローチを考えた場合、典型的なのは...

1. ルポルタージュ風
2. ノスタルジー寄り
3. 抽象オブジェ扱い

ってところでしょうか。かなりステレオタイプではありますけども。

で、たぶんこれ、
1番から3番に向かうほど、撮るにせよ見るにせよ、問題の度合いが少なくなるんじゃないかと思うんです。抽象化が進むほどモノの出自からは遠くなっていくわけで、歴史にしろ記憶にしろ、生々しさは減るでしょう。

前回の「諸行無常」は、1番と2番の中間的なところを狙ってます。美唄我路地区の今を伝える組写真としての路線は、たしかに意識してました。

一方で今日の三枚は、かなり3番に近いアプローチで...ことさら美唄である必要もない、ような扱いをしてます。モノクロにしたのもその一手ですし、場所を特定しにくいように素材や処理を選んでます。

どのアプローチで行くのか、自分をどの立場に置くのか、それもこれもケースバイケースですが...出来得ればそこらあたりからして、見誤らないでいたいものであるなぁと、
そんなことも含めてやっぱり、日々精進、ってことで。


 気がつけば話の発端からはずいぶんと脱線しまして、勝手な独り言をくだくだと...
 ほんとのところは、三枚目の【虚ろな目】を作ってみたら意外と気に入ったんで、まともにネタにしたくなったってだけだったりします。ここんとこちょっと語り衝動が強くなってまして、いやいやどうも失礼いたしました。
 本篇、宮島沼最終ラウンドに続きます...
by atCommA | 2007-04-28 14:47 | 撮りメモ:Town | Comments(8)