2018年 07月 08日
山に抱かれて汽車は往く~16
1
c0084666_21554873.jpg





2
c0084666_21554867.jpg





3
c0084666_21554899.jpg





4
c0084666_21554966.jpg





5
c0084666_21554981.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR, XF14mmF2.8 R
2018/05/26, 群馬県桐生市にて




大間々駅の時計、入り口あたりに「壊れてるから信じちゃだめよ」って貼り紙があったんですが、なんのことはないちゃんと合ってました。ちなみに帰宅して、この旅のきっかけになったローカル線特集のテレビ見直したら、その番組内でもやっぱり、合ってました。なにを信じればいいのやら。
ともあれ、この日初めて小豆色の一両編成に乗ったら(知らんぷりしてるわけじゃないですよもともとこういう表現しか知らないんです)、ちゃんとボックスシートで嬉しかったという。
以上、わたらせ渓谷鐡道の旅、全篇終了でございます。










by atCommA | 2018-07-08 04:27 | Special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 越後村上は塩引きで~Ⅷ 越後村上は塩引きで~Ⅶ >>