2006年 09月 20日
12-400mm。
まずは、Jordan Lakeの浜辺から二枚ほど...


【風が遊ぶ】  Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D  1/1250s, F8.0, EV0.0
c0084666_9541610.jpg

ブイにも当然それぞれ意味役割がありましょうけれど...不案内にてさっぱりです。ただ風に揺れるオブジェとしてのみ。
80-400mm、珍しく220mmにて。


【夏の忘れ物】  Ai AF Nikkor 24mm F2.8D  1/640s, F8.0, EV0.0
c0084666_9551099.jpg

まもなく波にさらわれて、そのまま自然に帰っていくのでしょう。
すっと選んだ24mmが、頭に浮かんだ絵柄にぴったりでした。


そんな調子でがちゃこがちゃこレンズ交換しながら撮ってるわけですが、さて。
"200mmが珍しい"ってのはいったいどの程度珍しくて、"すっと選べた24mm"ってのはだいぶ使い込んだんでしょうかどうなんでしょうか。

というわけで今回は、
どの焦点距離をよく使ってるんだろう という話です。

とりあえず、12-400mmの範囲を5つに分けて、使われ具合をまとめた表を(データ処理などについては、あとで補足します)。
c0084666_9554672.jpg

10-20%を水色、20-40%をピンク、40%以上を赤 に塗ってみました。5つともピンクならばぴったり平均して使っているってことなんですが、さすがにそんなことはなくて。

たとえば、太線で囲った8月のデータを見てみると...
  ・2004年8月:D70移行前からの望遠病そのまんま
  ・2005年8月:90mm マクロで虫ばかり撮っていた
  ・2006年8月:12mmで風景を撮り、24mmで街を撮り、90mmで虫を撮り、400mmでサギを撮り
...なんてのがあからさまに浮かび上がってきたりします。季節が同じでもやることは違っているようで...もっとも、場所もそれぞれ東京札幌アメリカと違うわけですが。

表だけでもいろいろ見えてはくるんですが、やはりここは定番のグラフ化を。ちょいとイベントも書き足してみました。
c0084666_9561088.jpg


集計前に漠然と考えていたよりは、周期性の少ない結果でした。冬は鳥撮りで望遠ばかり、夏は虫撮りで90mmばかり...つまりグラフでいえば青とオレンジが入れ替わる状態かと思っていましたが、必ずしもそうでもないようです。
そういうことよりやはり、生活の変化やら機材の追加/離脱やらが如実に反映されてて、当人としてはなかなか腑に落ちて面白かったりします。
この一年ばかり"普通の望遠"レンジの稼働率が極端に低いですけども、それ以外ではまぁ最近は、そこそこバランスよく使っているという結果でしょうか。

とはいえ、あれこれ持ち歩いてるから使うのか、使い道があるから持ち歩いてるのか、卵とニワトリなんですよね考えてみれば。

ですので、"縦で撮る。"の話と同じく、この結果がすなわちどうこう、撮り方やら行動やらに結びつくって話ではないです。
そもそも、全レンジをまんべんなく使わなきゃならんってことはまったくないんですし。

ただ、卵にせよニワトリにせよ現状がこうだということは、とりあえず画角だけを考えてみても...
どのレンズも捨てられないし、
つまり結局荷物は減らせないだろうなってことが、
よぉくわかりましたってオチでした。

おそまつっ。





***********************************************************

以下、補足です。

A.
現在のレンズ構成をざっと記しますと、

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mmF3.5-4.5G(IF)
Ai AF Nikkor 24mm F2.8D
Ai AF Nikkor 35mm F2D
・Series E 50mm F1.8
・Auto Nikkor-S C 50mm F1.4
TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1
AF28-300mm Ultra Zoom XR F/3.5-6.3 LD Aspherical [IF] MACRO (Model A06)
Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D

これにテレコンというところです。こんだけ...そう、こんだけです。

B.
データは"縦で撮る。"で使ったのと同じ、手元に残っているjpegファイルのExif情報からです。非CPUレンズは焦点距離が0と出ますけども、幸いにして(?)50mmしか持ってませんので、読み替えて。2005年3月については一枚しか残っておりませんので、集計から除外しています。

C.
焦点距離の5レンジ、どこで切るかに異論もありましょうけれど、とりあえず熟慮の末ということでご勘弁ください。
はじめは12-400mmの間を16に分割していたんですが、あまりに煩雑なので5つにまとめたという経緯もありまして。
by atCommA | 2006-09-20 11:50 | 光画部的戯言 | Comments(2)
Commented by sima7sima7 at 2006-09-20 22:27
CommAさん こんばんは
非常に興味のあるレンズ使用分析・・拝見しながら自分バージョンのグラフを考えてます(混乱)

道具は使われてこそ道具、、道具だけでは何も得られませんね(自分的に反省です)
Commented by atCommA at 2006-09-21 11:14
>シマシマ7さん
 面倒なデータ話にお付き合いくださってありがとうございます。つらつらぼけぇと眺めていただいて、なにがし感慨持っていただければそれでじゅうぶんというネタですので、どうぞお気楽に(^^)
 ウチでもタムロンの28-300mm(A06)は、ほとんど完全に留守番です。仙人様の写真みると使ってあげなきゃと思うんですが、どうも手が伸びず...なんて状態でもあります(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 六分半のドラマ。 鋼と木と水と空と >>