2007年 02月 24日
黄金の朝。
2/22 夜明け、ウトナイ湖を再訪。

【冷気みなぎる】
  D70, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM  [12.00(18)mm, 1/6s, F7.1, EV0.0, ISO250]
c0084666_2313533.jpg


 零下10度くらいだったかな...数字としてはたいした寒さじゃないんですが、そこにカメラを構えてじっとして居続けるっていうのは、また別の辛さになります。両手両足、爪先が痛い痛い。
 ...と、私は思うんですけどもね...ヤツら、その中で寝てござる...


【ほのぼんやり】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/50s, F5.6, EV0.3, ISO200]
c0084666_23141572.jpg


 日の出直前。光が移り変わる狭間で、色がなにもなくなる瞬間...なんですけどもやっぱり、パステル調の豊かさってのはそれなりに、代えがたく。


【陽に融けて】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/2500s, F5.0, EV1.0, ISO200]
c0084666_23143691.jpg


 脳裏に浮かんでたイメージその一が、まぁ...こんな雰囲気でして。
 ピントを奥に逃がしたのはとっさのことでしたけども、結果的にはまぁ、おーらいだったか、と。


【薄靄に影落とし】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/1250s, F5.0, EV1.0, ISO200]
c0084666_23145784.jpg


 カモのほうが寝ぼすけなんですね。ちょいと意外でしたが。


【暁舞】
  D70, Ai AF Nikkor ED 300mm F4  [300.00(450)mm, 1/2000s, F5.0, EV0.7, ISO200]
c0084666_23151437.jpg


 お約束のポーズ。やっぱり、この色の中で撮りたくて。


ウトナイ湖。

今回はたまたま(実は某写真集の影響もあったりしまして)、白鳥メインに追うことになりましたが...
本来、それどころじゃない場所のはずです。渡り鳥のメッカであり、渡り鳥の周辺に集まるあれこれのメッカであるのであって...

春夏秋冬、折にふれ折につけ、通ってみようと思っております。
by atCommA | 2007-02-24 23:17 | 撮りメモ:Nature | Comments(10)
Commented by fusion海苔で~すっ! at 2007-02-24 23:46 x
おぉ~ コレも又々見事な数々を ♪

如何して、「自然!」はこうも神々しい色を作り出すのでしょうか!!!
あっ、それともatCommAさんのカメラ側の設定の成せる技かな???

「昭和な画!」も、「ネイチャー・フォト!」も。。。
御期待しておりますので ♪
Commented by koumonomio at 2007-02-25 01:10
atCommAさん こんばんは
【暁舞】 これは素晴らしい場面ですね~^^g 
それをタイミングよく見事に撮影する技量、恐れ入りましたm(__)m


Commented by mn3m at 2007-02-25 21:27
CommAさん こんばんは
感動的ですね~。マイナス10度は私には未体験ゾーンですが,その甲斐があったという感じがします。
5枚揃えてきたところがスゴイ。 
自然の偉大さをしみじみと感じております。それをがっちり受け止めているCommAさんの感性にも。
最初と最後がインパクトが強いのが良い構成になっている一因のように感じました。
Commented by マーガレットハウエル at 2007-02-25 21:37 x
CommAさん、こんばんは。
この美しさ、たまんないですね。
静まりかえった雰囲気もいいですし、朝日で黄金色になった雰囲気もいい。
そんな中での白鳥、もう、美しすぎです。
暖かいお風呂で体を温めてやってくださいネ。
Commented by atCommA at 2007-02-25 23:18
>fusion海苔さん
 いやもう、自然の偉大さです...
 あえて無粋な話をいたしますと(^^;、なんていうのかなぁ、黄金色で飽和してるような状態で。こうなっちゃうと、たとえばホワイトバランスいじったところで、印象は実はほとんど変わらないんですわ。ですので、カメラの設定っていうのはこの場合、ほぼ無意味になっちゃってます。
 昭和とネイチャー、荷が重いです(^^; ぼちぼちマイペースでやってみます、ありがとうございます(m__m)
Commented by atCommA at 2007-02-25 23:18
>小林さん
 誰かが必ずやるんですよね、このパタパタは。欲しい位置のヤツが欲しいタイミングでやってくれるかどうか、だけが問題で...そこはもう、多少なりとも粘るしかないって話で(^^;
Commented by atCommA at 2007-02-25 23:20
>mnさん
 ありがとうございます...セレクトも構成も悩みまくってまして、アップ時間が妙に遅くなったのはその所為なんです。
 実は今夜も同じことで遅くなっております、おまけにタイトルが出てきやしないし、あーう...(^^;
Commented by space_craft at 2007-02-25 23:23
CommAさん こんばんは
もう私には決して届かない高みへ・・・
そんな感じの作品たち。
一枚目、四、五枚目。どれが好きかと問われたら、三枚も
選んでしまいます〜
説明はできませんが神々しさを感じ、CommAさんらしい
空気感を感じます。
私も今年中には山に登って「作品」と呼べるものを撮ろうと
思ってます。
Commented by atCommA at 2007-02-25 23:24
>マーガレットハウエルさん
 舞台装置として素晴らしいってのは、ロケハンでわかりましたんで...あとは役者さんと私次第(^^; 役者さんはいろいろやってくれてたんですが、撮り手がタコな所為で、取りこぼしばっかです(^^;
 あぁしかし、夜明けの時間帯、ついに一羽も飛んでくれなかったんです。それだけは心残りですね...よし、また行こっと(^^)
Commented by atCommA at 2007-02-25 23:29
>D_Dさん
 いやいやそんな、とんでもない。神々しさも空気感も、当然ながら、この場自体のものですよ...
 私が発揮したのは、早起きと寒さ我慢の根性だけっす(^^;

 D_Dさん、ちゃんと日常の中で、いいの撮ってらっしゃるじゃないですか。その目線こそ、うらやましいです。いやほんとに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 前略 久世 駿平 様 油染みに歴史あり >>