カテゴリ:Special( 1013 )
2019年 06月 13日
早春福島紀行~53
1
c0084666_17314245.jpg





2
c0084666_17314263.jpg





3
c0084666_17314270.jpg





4
c0084666_17314234.jpg





5
c0084666_17314257.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



結局のところ、喜多方の蔵ってのはまずもって酒蔵なんだな、と認識を改めた次第。
ということで、シリーズ最終。50回を超えたのは初めてです。ふぅ、終わった終わった。




by atCommA | 2019-06-13 04:37 | Special | Comments(0)
2019年 06月 12日
早春福島紀行~52
1
c0084666_17240204.jpg





2
c0084666_17240302.jpg





3
c0084666_17240378.jpg





4
c0084666_17240375.jpg





5
c0084666_17240427.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



朝も通った道ですが、さすがに見え方が変わってます。もはや業態がなんであるかは思慮の外で、ひたすら風情を拾うのみ。




by atCommA | 2019-06-12 17:21 | Special | Comments(0)
2019年 06月 12日
早春福島紀行~51
1
c0084666_17185489.jpg





2
c0084666_17185433.jpg





3
c0084666_17185480.jpg





4
c0084666_17185415.jpg





5
c0084666_17185572.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



二枚目に煙突が見えてますが、まぁたぶん酒蔵です。なんでも、広くもないこの市内に12蔵ほどあるらしい。
そしてさらにやっぱり、二輪車屋がとても多く目につきます。それだけ需要があるってことでしょうね。
といいつつ、ラストの存在感に涙。




by atCommA | 2019-06-12 04:32 | Special | Comments(0)
2019年 06月 11日
早春福島紀行~50
1
c0084666_16592568.jpg





2
c0084666_16592562.jpg





3
c0084666_16592515.jpg





4
c0084666_16592645.jpg





5
c0084666_16592647.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



たしかに蔵は多くて、どれも個性的で楽しめましたが、さりとて蔵だけではないですね。一軒一軒、いちいち渋い。
さてこれで、街を一周しました。そろそろ撤収の時間、駅に向かいます。って、まだ拾いますけども。




by atCommA | 2019-06-11 16:50 | Special | Comments(0)
2019年 06月 11日
早春福島紀行~49
1
c0084666_15522243.jpg





2
c0084666_15522217.jpg





3
c0084666_15522219.jpg





4
c0084666_15522313.jpg





5
c0084666_15522317.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



そして、大和川酒蔵の周りにはどういうわけだか、ご覧のとおりの渋い物件がわさわさと。これだから裏道歩くのやめられませんて。




by atCommA | 2019-06-11 04:05 | Special | Comments(0)
2019年 06月 10日
早春福島紀行~48
1
c0084666_15145170.jpg





2
c0084666_15145233.jpg





3
c0084666_15495938.jpg






4
c0084666_15145282.jpg





5
c0084666_15145261.jpg





6
c0084666_15145350.jpg





7
c0084666_15145309.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



1790年創業、大和川酒蔵。説明付きのツアーは辞退して、勝手にうろつきました。展示内容はよくある範疇のものでしたけども、ひんやりした土床の感触はなかなかよくて。
見学コースの最後に試飲コーナーがあって購入可能なのは、まぁどこでもやってる販売戦略でして、乗るのも一興と、自分土産に一本購入。




by atCommA | 2019-06-10 17:41 | Special | Comments(0)
2019年 06月 10日
早春福島紀行~47
1
c0084666_14590359.jpg





2
c0084666_14590435.jpg





3
c0084666_14590470.jpg





4
c0084666_14590468.jpg





5
c0084666_14590591.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



メインストリートを折り返すのも芸がないので、裏道をたどって駅に戻る...
「通り抜け禁止」ってことは物理的には通り抜けられるんだろうなぁ、いやいやこんな生活感の中に踏み込むような真似はいたしませんよ、と拾い歩きつつ、
えらく風情のある酒蔵に行きあたってしまいました。




by atCommA | 2019-06-10 05:36 | Special | Comments(0)
2019年 06月 09日
早春福島紀行~46
1
c0084666_14554698.jpg





2
c0084666_14554742.jpg





3
c0084666_14554787.jpg





4
c0084666_14554884.jpg





5
c0084666_14554868.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



吉の川酒造店の裏手を覗いてみました。国道側より、よっぽどいろんな表情が見えます。




by atCommA | 2019-06-09 17:04 | Special | Comments(0)
2019年 06月 09日
早春福島紀行~45
1
c0084666_14485704.jpg





2
c0084666_14485810.jpg





3
c0084666_14485870.jpg





4
c0084666_14485887.jpg





5
c0084666_14485943.jpg





6
c0084666_14485933.jpg





7
c0084666_14485908.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



ニッカウィスキーの褪せ具合を堪能して、さて。昼にはまだだいぶ早いんですが、ここで二食目。蔵を改装したラーメン屋さんです。外から見るばかりじゃつまんないんで、どんなものかと入ってみました。
漆喰の壁にどっしりした梁ってのはやっぱり、落ち着きがあっていいもんです。





【おまけ:ごちそうさまでした】
by atCommA | 2019-06-09 04:39 | Special | Comments(0)
2019年 06月 08日
早春福島紀行~44
1
c0084666_14441175.jpg





2
c0084666_14441235.jpg





3
c0084666_14441277.jpg





4
c0084666_14441259.jpg





5
c0084666_14441210.jpg





6
c0084666_14441203.jpg





7
c0084666_14441391.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF23mmF2 R WR
2019/03/16, 喜多方市にて



旧甲斐家蔵住宅。とにかくでっかくて重厚でかっこよくて綺麗。案内のおばさまにお話うかがいながら見学させていただきました。
なんといっても二枚目の螺旋階段...これ、職人が手斧一本ではつったってんですけど、いやもう撮りようがなくて。これじゃただの証拠写真ですが、これが限界でした。
襖絵の雲海が外光を映してほんとにきらきらしてたのが、すげぇ印象的でしたなぁ。




by atCommA | 2019-06-08 16:13 | Special | Comments(0)