<   2018年 10月 ( 62 )   > この月の画像一覧
2018年 10月 31日
東豊島、徘徊~Ⅱ
1
c0084666_08464236.jpg





2
c0084666_08464205.jpg





3
c0084666_08464278.jpg





4
c0084666_08464257.jpg





5
c0084666_08464313.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF18mmF2 R
2018/10/03, 豊島区にて




曇りの日にこういう街でClassic Chromeなんて使ったら、そりゃこうなります。街じゅう、年季で煮しめたような。












by atCommA | 2018-10-31 17:31 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 31日
名によって赤く~Ⅵ
1
c0084666_17554085.jpg





2
c0084666_17554196.jpg





3
c0084666_17554157.jpg





4
c0084666_17554185.jpg





5
c0084666_17554254.jpg





6
c0084666_17554256.jpg





7
c0084666_17554200.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




集落最大の建造物、大坂屋。えらい貫禄です。
いうまでもなく元旅館ですが、いまでもゲストハウスとしては営業しているようです。
屋根の迫力が圧倒的なんですが、気抜き櫓的な構造物は、なんでしょうねぇ。ここで養蚕やったとも思えないんだけれど。











by atCommA | 2018-10-31 05:36 | Special | Comments(0)
2018年 10月 30日
東豊島、徘徊~Ⅰ
1
c0084666_17153489.jpg





2
c0084666_17153416.jpg





3
c0084666_17153414.jpg





4
c0084666_17153505.jpg





5
c0084666_17153515.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Classic Chrome), XF18mmF2 R
2018/10/03, 豊島区にて





mnさんの真似して、雑司ヶ谷を歩いてみました。後半は大塚にまたがっちゃうので、タイトルはいい加減に東豊島と。
ちょいちょい拾いものはあるんですが、まずはこちら、雑二(雑司ヶ谷二丁目の略)ストアー。
二十年近く前に火事があったそうで、ほとんどの店がそれで廃業したようです。このときは、営業していたのは八百屋さん一軒のみでした。










by atCommA | 2018-10-30 17:31 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 30日
名によって赤く~Ⅴ
1
c0084666_17462669.jpg





2
c0084666_17462691.jpg





3
c0084666_17462627.jpg





4
c0084666_17462704.jpg





5
c0084666_17462722.jpg





6
c0084666_17462772.jpg





7
c0084666_17462814.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




ほらね、ガードレールまで赤く...
てのはどうでもよくて、五枚目が集落で唯一いまでも旅館として営業している、江戸屋旅館。右が主屋で左は蔵(?)ですが、フォントがなんとも素敵です。
そして、今でもちゃんとある、七面山表参道登山口。その昔は、一泊して元気を取り戻した参拝客がみんな、ここから登って行ったんでしょうね。











おまけ:ごちそうさまでした
by atCommA | 2018-10-30 07:31 | Special | Comments(0)
2018年 10月 29日
三茶夜話~69
1
c0084666_16122296.jpg





2
c0084666_16122285.jpg





3
c0084666_16122324.jpg





4
c0084666_16131162.jpg





5
c0084666_16122361.jpg





6
c0084666_16122325.jpg





7
c0084666_16122467.jpg





FUJIFILM X-E3(ACROS+R), XF35mm F1.4 R
2018/10/06, 三軒茶屋にて




ACROSの特徴である輝度に応じた粒状感、夜話の撮影だとしっかり実感できます。撮影時はISOオートにしていて、値は逐一確認はしてませんけど、アガリを見るとにまにましちゃいます。











by atCommA | 2018-10-29 17:33 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 29日
名によって赤く~Ⅳ
1
c0084666_17242211.jpg





2
c0084666_17242233.jpg





3
c0084666_17242249.jpg





4
c0084666_17242246.jpg





5
c0084666_17242328.jpg





6
c0084666_17242333.jpg





7
c0084666_17242349.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




例によって手前勝手なシリーズタイトルつけてますが、名によってってことはないにしろ、実際わりと赤みが強いんです、この集落。
それにしても坂が急です。家並はほとんど張り付いてます。










by atCommA | 2018-10-29 06:30 | Special | Comments(0)
2018年 10月 28日
三茶夜話~68
1
c0084666_15455307.jpg





2
c0084666_15455355.jpg





3
c0084666_15455393.jpg





4
c0084666_15455417.jpg





5
c0084666_15455415.jpg





6
c0084666_15455465.jpg





7
c0084666_15455583.jpg





FUJIFILM X-E3(ACROS+R), XF35mm F1.4 R
2018/10/06, 三軒茶屋にて




四枚目、好みの組み合わせが通るのを待ちかまえてるのが、けっこう楽しい時間です。










by atCommA | 2018-10-28 08:55 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 28日
名によって赤く~Ⅲ
1
c0084666_16050872.jpg





2
c0084666_16050863.jpg





3
c0084666_16050944.jpg





4
c0084666_16050992.jpg





5
c0084666_16050908.jpg





6
c0084666_16050976.jpg





7
c0084666_16051056.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




赤沢宿の檀那寺、妙福寺近辺。いわば、集落のへそに当たります。急峻な石畳の中途にあって、ことさらに静謐。










by atCommA | 2018-10-28 05:01 | Special | Comments(0)
2018年 10月 27日
A Day in the Life 66
c0084666_14553294.jpg





FUJIFILM X-Pro2(ACROS+R), XF18mmF2 R
2018/10/01, 千代田区にて




構図はトリミングで調整してます。その場で追い込めればいいんでしょうけど、一瞬のこととて、とてもとても。











by atCommA | 2018-10-27 16:46 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 27日
名によって赤く~Ⅱ
1
c0084666_15275061.jpg





2
c0084666_15275032.jpg





3
c0084666_15275107.jpg





4
c0084666_15275141.jpg





5
c0084666_15275155.jpg





6
c0084666_15275294.jpg





7
c0084666_15275234.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




最盛期である明治期には、総戸数40戸程度の集落に9軒の旅館があったんだそうです。繁忙期にはそれでも足りなくて、集落総出で参拝客に対応したとか。
身延から七面へ、車が通る道が整備されたので客足が遠のき、いまでも営業している宿屋は一軒だけ。とはいえさすがに、重伝建指定地区。ご覧のとおり宿屋札から石畳、周り土間に講中札と、往時の面影満載でございます。










by atCommA | 2018-10-27 08:02 | Special | Comments(0)