2018年 10月 28日
名によって赤く~Ⅲ
1
c0084666_16050872.jpg





2
c0084666_16050863.jpg





3
c0084666_16050944.jpg





4
c0084666_16050992.jpg





5
c0084666_16050908.jpg





6
c0084666_16050976.jpg





7
c0084666_16051056.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




赤沢宿の檀那寺、妙福寺近辺。いわば、集落のへそに当たります。急峻な石畳の中途にあって、ことさらに静謐。










# by atCommA | 2018-10-28 05:01 | Special | Comments(0)
2018年 10月 27日
A Day in the Life 66
c0084666_14553294.jpg





FUJIFILM X-Pro2(ACROS+R), XF18mmF2 R
2018/10/01, 千代田区にて




構図はトリミングで調整してます。その場で追い込めればいいんでしょうけど、一瞬のこととて、とてもとても。











# by atCommA | 2018-10-27 16:46 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 27日
名によって赤く~Ⅱ
1
c0084666_15275061.jpg





2
c0084666_15275032.jpg





3
c0084666_15275107.jpg





4
c0084666_15275141.jpg





5
c0084666_15275155.jpg





6
c0084666_15275294.jpg





7
c0084666_15275234.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて




最盛期である明治期には、総戸数40戸程度の集落に9軒の旅館があったんだそうです。繁忙期にはそれでも足りなくて、集落総出で参拝客に対応したとか。
身延から七面へ、車が通る道が整備されたので客足が遠のき、いまでも営業している宿屋は一軒だけ。とはいえさすがに、重伝建指定地区。ご覧のとおり宿屋札から石畳、周り土間に講中札と、往時の面影満載でございます。










# by atCommA | 2018-10-27 08:02 | Special | Comments(0)
2018年 10月 26日
A Day in the Life 65
1
c0084666_10441342.jpg





2
c0084666_10441352.jpg





3
c0084666_10441376.jpg





4
c0084666_10451117.jpg





5
c0084666_10451209.jpg





FUJIFILM X-Pro2(ACROS+R), XF18mmF2 R
2018/10/01, 千代田区にて




OVFが有効なシーンなんですが、ノーファインダーです。AFをゾーンにしとくと、たいていそれで間に合っちゃいます。











# by atCommA | 2018-10-26 17:58 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 26日
名によって赤く~Ⅰ
1
c0084666_14453070.jpg





2
c0084666_14453003.jpg





3
c0084666_14453196.jpg





4
c0084666_14453104.jpg





5
c0084666_14453172.jpg





6
c0084666_14453100.jpg





7
c0084666_14453281.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R
2018/09/18, 山梨県南巨摩郡早川町赤沢にて





重伝建巡りもそろそろ落ち着くでしょうだって近場はほぼほぼ行き尽くしたもん、の、とりあえずのラスト。山梨の赤沢集落。
重伝建118地区のうち唯一の、講中宿になります。身延山に上って、この集落に降りてここで一泊して、翌日に七面山へ参拝するってのが、基本パターンだったそうで。
赤沢については、文化遺産オンラインのページが簡にして要を得てると思います。

現在のアクセスとしては、甲府南ICを降りて身延経由で国道37号に入り、赤沢宿のでかい看板を左に折れる、まではいいとして。分岐したら一車線幅の山道をくねくね上ると到着なんですが、ほんの15分ほどが倍に感じられる狭さが面倒です。実際私、行きは二度ほど退避帯に入りました。
公民館前の駐車場(単なる空き地です)に車置かせてもらって、さて散策。まずはとにかく、よきところまで登ります。ずーっと登れば身延山ですが、もちろんそんなところまで行きゃしません、なんとなく集落を見下ろせれば満足という。
ラストカット、向かいの山がたぶん七面山なんですが、切れ込みの深さがなかなかです。沢が半ば崩落してるような。山奥感漂います。











# by atCommA | 2018-10-26 06:13 | Special | Comments(0)
2018年 10月 25日
文殊x2
c0084666_10405820.jpg





FUJIFILM X-Pro2(ACROS+R), XF18mmF2 R
2018/10/01, 千代田区にて




だいぶ強引ですが、一応二つ組みってことで。










# by atCommA | 2018-10-25 16:40 | 撮りメモ:Town | Comments(0)
2018年 10月 25日
赤城錦秋~Ⅴ
1
c0084666_15063459.jpg





2
c0084666_15063578.jpg





3
c0084666_15063555.jpg





4
c0084666_15071078.jpg





5
c0084666_15063665.jpg





6
c0084666_15063645.jpg





7
c0084666_15063654.jpg





FUJIFILM X-E3(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS
2018/10/21, 群馬県沼田市~前橋市にて




赤城山系最高峰(それにしても黒檜山頂近辺は沼田市って、ほんとめんどくさい)にはまぁなんとなく到達しまして、絶景ポイントったって見晴らしがいいだけで決め手に欠けるよなぁとか偉そうに思いつつ、下山。
この下山がたいへんにやっかいでした。巨岩の股割り連続なんです、あ~今思い出してもしんどかった。眼下の大沼の撮影にかこつけてばんたび休憩入れつつ、やっとこ下りましたさ。
で、今回は遠めに見ただけですがやっぱり私は小沼が好きなので(ちなみに読みは、おの、この、です。おおぬまこぬま、じゃありません)、次の機会にはそちら攻めかな。てところで、赤城山終了です。












# by atCommA | 2018-10-25 06:08 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 10月 24日
赤城錦秋~Ⅳ
1
c0084666_14590168.jpg





2
c0084666_14590299.jpg





3
c0084666_14590212.jpg





4
c0084666_14590280.jpg





5
c0084666_14590348.jpg





FUJIFILM X-E3(Velvia), XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR, XF10-24mmF4 R OIS
2018/10/21, 群馬県前橋市~桐生市にて




駒ヶ岳から若干下がって、あらためて黒檜山に登る形になります。標高差200m。たぶん、前橋と桐生の市境を歩いてます。
三枚目とか五枚目で、小沼がいかに妙な位置にあるか、おわかりいただけるでしょうか。やたらに高いところにあるんです。ちょっと調べたら、やっぱり流入河川はなくて、水源は雨水のみ。そうでしょうなあ。










# by atCommA | 2018-10-24 16:04 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 10月 24日
赤城錦秋~Ⅲ
1
c0084666_14155678.jpg





2
c0084666_14155782.jpg





3
c0084666_14155762.jpg





4
c0084666_14155746.jpg





5
c0084666_14155764.jpg





6
c0084666_14155846.jpg





7
c0084666_14155879.jpg





8
c0084666_14155807.jpg





9
c0084666_14155962.jpg





FUJIFILM X-E3(Velvia), XF10-24mmF4 R OIS, XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
2018/10/21, 群馬県前橋市~桐生市にて




二枚目が覚満淵、四枚目が大沼でして、三枚目には実は、ちっちゃくちっちゃく小沼も見えてて、大沼小沼覚満淵の三者揃い踏みなんです。写真的にはご覧のとおり、ほとんど破綻してますが、まぁ記録として。
そして駒ヶ岳山頂は、前橋をはみ出して桐生市なんですってさ。面倒な。











# by atCommA | 2018-10-24 06:56 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)