タグ:撮りメモ:Nature ( 500 ) タグの人気記事
2018年 08月 12日
ちきうはまるかった
1
c0084666_11051521.jpg





2
c0084666_11051686.jpg





3
c0084666_11051610.jpg





4
c0084666_11051696.jpg





5
c0084666_11051641.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF16mm F1.4 R WR, XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR, 7artisans 7.5mm F2.8 Fish-eye
2018/07/19, 銚子にて




お魚レンズ手にしたときから、一度はやらねばと...丸くないのも撮ってるから勘弁してください。

















by atCommA | 2018-08-12 05:43 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 08月 09日
白くて静かな夏
1
c0084666_16412283.jpg





2
c0084666_16412215.jpg





3
c0084666_16412238.jpg





4
c0084666_16412383.jpg





5
c0084666_16412358.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF14mmF2.8 R, XF50mmF2 R WR
2018/07/16, 渡良瀬遊水地にて




古河の街がよいというので、訪問。例によってレンタサイクルで、まずは街を通り過ぎて渡良瀬遊水地へ。
なかなか広くて気分がよさそうだ、ってだけで行ってみました。成り立ちにはいろいろと黒歴史があるようです、が、
ま、それはそれとして。

にしても、この暑さの中でじっと座って釣りって...















by atCommA | 2018-08-09 04:41 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 07月 31日
帝都至近の千枚棚田~Ⅱ
1
c0084666_13063490.jpg





2
c0084666_13065871.jpg





3
c0084666_13065811.jpg





4
c0084666_13065842.jpg





5
c0084666_13065953.jpg





6
c0084666_13065928.jpg





7
c0084666_13063421.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF10-24mmF4 R OIS, XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
2018/07/29, 千葉県鴨川市にて




東京から一番近い棚田なんだそうです。木更津から一時間でみられるってのは、たしかにありがたい。車でしか行けませんが。
半ばロケハンのつもりで来たんですけど、田んぼによっては早稲なのか、すでにだいぶん色づいてました。
全体が黄金に染まるのもほどなく、でしょうか。やー、見てみたいですね。

撮影順だと似たものばっかりになるので、今回はいろいろと組み替えてます。久々でそれなりに楽しい作業でした。














おまけ:この日の空
by atCommA | 2018-07-31 04:30 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 07月 30日
帝都至近の千枚棚田~Ⅰ
1
c0084666_12444803.jpg





2
c0084666_12442646.jpg





3
c0084666_12444860.jpg





4
c0084666_12442602.jpg





5
c0084666_12444807.jpg





6
c0084666_12442607.jpg





7
c0084666_14434842.jpg






FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF10-24mmF4 R OIS, XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
2018/07/29, 千葉県鴨川市にて




季節モノ割込み。今の在庫状況で順番待ちしてると、下手すっと、稲穂が黄金色になる時期まで引っ張っちゃうかもなので。

台風が過ぎて、まだ強めの風にそよぐところが見れるかなと、日曜の朝早くから動いて...
風はそこそこ狙い通りでしたが、光がね。塊の雲の切れ目から時々陽が射すって状況で、見える範囲のごく一部だけ光ってたり、という。
これはこれで面白いかと、ちょこちょこ拾ってみました。二回シリーズです。

畦道は関係者以外立ち入り禁止、駐車場のある棚田の上部から見下ろすのが基本になります。でも見下ろしたらその底にも行きたくなるもんで、七枚目はその下から見上げる形で。次回、下からのがもうちょっと増えます。




















by atCommA | 2018-07-30 17:31 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 07月 18日
風花火
c0084666_09184991.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Provia), XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
2018/07/08, 府中市にて




多摩川の堤で風にそよいでいた、合歓の木。
テレ端, ISO100, F22, SS1/10。100カット以上押した中からセレクトしました。












by atCommA | 2018-07-18 05:08 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 07月 01日
いちばん早く、夏が来た~Ⅱ
1
c0084666_00122244.jpg





2
c0084666_00122221.jpg





3
c0084666_00122346.jpg





4
c0084666_00122349.jpg





5
c0084666_00122322.jpg







FUJIFILM X-Pro2(Velvia),7artisans 7.5mm F2.8 Fish-eye
2018/06/29, 横須賀市長井 荒崎にて





うーわ、やっちまった。まさか自分ちで、魚眼だけで組めたことにしちゃう日が来るとは。

他のレンズでもいろいろやってたんですけども、やっぱりおもしろいんです魚眼が。初心者が舞い上がってるだけでしょうけど。
しかしこのロケーションについてはですね、プレートテクトニクスを実感せざるを得ない地層の縞々が、とにかくそそったのです。
一応それなりに頑張ったご褒美として、二枚目なんてのは待って待って待ったあげく、ざっぷ~ん、波かぶりましたよ。もろに。

抜けもコントラストもよくない、特に逆光性能はかなり厳しいレンズですが、
だぁって、いちまんきゅうせんはっぴゃくえん、ですもの。
これだけ遊べれば、恩の字ですさ。
かくして、いち早い夏の二幕目。










by atCommA | 2018-07-01 00:03 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 07月 01日
いちばん早く、夏が来た~Ⅲ
1
c0084666_17430172.jpg





2
c0084666_17430141.jpg





3
c0084666_17430201.jpg





4
c0084666_17430257.jpg





5
c0084666_17430289.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Velvia),XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
2018/06/29, 逗子市にて




海開き当日とはいえ、金曜日。それになんてったってまさか、この日に梅雨が明けるとはだ~れも予想だにしてないわけで、
あちこちまだ、普請中でした。とんてんかんとんてんかんやってたり、真新しい白木が香ってたり、いかにも準備ミーティング中だったり。

ラストは海開き関係ないすね、すんません。あの人たち、一年中だから。











by atCommA | 2018-07-01 00:03 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 06月 30日
いちばん早く、夏が来た~Ⅰ
1
c0084666_21310623.jpg





2
c0084666_21310609.jpg





3
c0084666_21310656.jpg





4
c0084666_21310644.jpg





5
c0084666_21310720.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Velvia), XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR, 7artisans 7.5mm F2.8 Fish-eye
2018/06/29, 横須賀市にて





私はねぇ、朝から天気がいいから、体力調整のために海を見に行っただけ、なんですが...
明けちゃったそうです、梅雨。六月中の梅雨明けは初めてで、もちろん統計撮り始めてから一番早い梅雨明け。

そんなこと言われちゃったら、季節もんとして出さざるを得ないじゃないですか。
困るんだよなぁ、仕込んでるネタにもそれなりの順序性というものがあってですねぇ...あと半月は梅雨だと思うから、のたのたやってたのにさ。










by atCommA | 2018-06-30 04:52 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 06月 14日
麦秋2018~Ⅳ
1
c0084666_15251098.jpg





2
c0084666_15251018.jpg





3
c0084666_15251058.jpg





4
c0084666_15251198.jpg





5
c0084666_15251125.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF14mmF2.8 R
2018/05/16, 栃木県下野市にて




シリーズ最終。難しいです麦秋はやっぱり。
ていうか、ちょんと来てぴゃっと撮れるもんでもないでしょうなこういうのは。今回はレンタサイクルで回りまして、交通手段としてはベストだと思うんですが、半日ちょろっとじゃカバー範囲が足りません。もっとロケハン繰り返さないと。パッチワークは今回も補足できずでした。








by atCommA | 2018-06-14 06:09 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)
2018年 06月 13日
麦秋2018~Ⅲ
1
c0084666_15045673.jpg





2
c0084666_15045695.jpg





3
c0084666_15045681.jpg





4
c0084666_15045719.jpg





5
c0084666_15045790.jpg





6
c0084666_15045768.jpg





7
c0084666_15045800.jpg





FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF14mmF2.8 R,XF23mmF2 R WR
2018/05/16, 栃木県下野市にて




三枚目。生まれて初めて見ました、アマサギです。おもっきしトリミングしてます。

コサギチュウサギダイサギの三種はいわゆる白鷺でよく見かけるし、図体がでかくて可愛げのないアオサギも普通にいるし(ちなみに北米大陸にはアオサギしかいないことを渡米後に知ってがっくりしたという)、少し頻度は下がるけどゴイサギおよびその幼鳥形態であるホシゴイも、まぁまぁ見ます。
でもアマサギは初めてでした。だって渡り鳥なんだもん。九州あたりだと越冬もするそうですけど。
牛や耕作機の周りに群れて、飛び出す虫をねらう習性があるという、そのまんま。耕運機の前後にまとわりついて、どう見ても邪魔っけ。まぁ、分かったうえでほとんど無視して作業してらっしゃいましたが。
なんとかアマサギと判別つくのが撮れるまでずいぶん粘らせていただいて、最後は耕運機の真正面からおじさんにご挨拶して笑顔いただいて終了。

さてそしてラスト三枚は、ご覧のとおり前方後円墳でございます。このあたり古代から川の合わさり目の平地で稲作に適していて、かなり富と権力が集中した(移動してきた)ってことのようです。埴輪やらの出土品を研究保管展示する施設も整ってて、しっかり歴史ロマンしてきました。当初目的を逸脱しつつありますが。











by atCommA | 2018-06-13 05:50 | 撮りメモ:Nature | Comments(0)